MENU CLOSE

連載

973

#22 特派員フォトリレー

【特派員イチオシ旅】中東オマーン、イルカ併走のオアシス トルコは

オマーンで姿を見せたイルカ=高野裕介撮影
オマーンで姿を見せたイルカ=高野裕介撮影

目次

 世界のあちこちに住み、出張取材の機会も多い朝⽇新聞の特派員が、おすすめの旅行先を写真でご紹介します。今回は中東から。ペルシャ湾にあるオマーンという日本になじみの薄い国からは、その中でもとりわけなじみのない飛び地について。そしてトルコのカッパドキアでは、洞窟に泊まることができます。(朝日新聞国際報道部)

空港にタクシーがいない…

 まずはオマーンから、高野裕介記者。

オマーンにはホルムズ海峡沿いに飛び地があります
オマーンにはホルムズ海峡沿いに飛び地があります
 「オマーンのムサンダム地方を紹介します。ここはオマーンの飛び地で半島になっていて、首都マスカットがある本土とはアラブ首長国連邦を挟んでいます。何かと新聞で話題となるホルムズ海峡に面しています。

 私はマスカットから飛行機で行きましたが、季節によっては高速船も出ているようです。そして、アラブ首長国連邦の商都ドバイからは観光ツアーもあるようなので、そちらの方が手軽かもしれませんね」
ムサンダム地方を進むボート
ムサンダム地方を進むボート
 「とにかく静かな町でした。私が訪れたのがイスラム教の断食月(ラマダン)だということもあったかもしれません。空港にはタクシーもおらず、地元の人にお願いしてホテルまで乗せていってもらいました」

雄大な「中東のフィヨルド」

ムサンダム地方では北欧のフィヨルドのような地形が見られる
ムサンダム地方では北欧のフィヨルドのような地形が見られる
 「ここで楽しみたいのはなんと言っても景色です。海岸線が入り組んでいて、『中東のフィヨルド』とも呼ばれています。海のすぐそばに、断崖絶壁の岩山。『あ~、人間ちっぽけだな』とお決まりの台詞が出てしまうパターンです。

 私の中では、モーリタニアや西サハラのサハラ砂漠に続くお気に入りスポットです」
イルカが姿を現した
イルカが姿を現した
 「ボートに乗っていると、イルカが併走してきました。途中で船を止めてもらって泳ぎましたが、フィヨルドの近くでは水が透き通っていてとても気持ちが良い。小さな魚もたくさん泳いでいます。

 なにより気温と湿度が高い(夏でした)ので、まさにオアシスでした。運が良ければイルカが寄ってくるかもしれませんね」

手、ふらなくていいから!

 「私は地元の人にお願いして小さなボートを出してもらったのですが、とにかく揺れます。かなり怖いです。

 しかも、反対側からホルムズ海峡を越えてきたイランのボートがまさに飛ぶようにしてこちらに向かってきます。ずいぶんの若い人たちが運転していて、いちいちこちらに手を振ったりしてくるので、余計に怖いです」
クムザールの浜辺に並ぶ小舟
クムザールの浜辺に並ぶ小舟
 「ちなみに、私がムサンダムの空港に着陸する際、イランから来たボートが20隻ほどの船団で岸に向かってきていました。

 彼らは家畜や食料など運んできて、帰りに電化製品などを積み込んで帰るとか。港は立ち入り禁止になっていますが、少しだけ見させてもらいました(警察同行でもちろん写真は撮れません)。テレビなどの商品が山積みになっていました。

 それでも、昔よりずいぶんと減ったそうです」
クムザール村
クムザール村
 「そして、ここには半島の先にクムザールという村があります。道路は通っておらず、船でしか行けません。ラマダン中でしかも暑いので、通りにはほとんど人はいませんでした。

 ここに住む人たちは独特の言語を話すそうですが、町にも出て行くのでアラビア語も通じるとのことでした。試しに、漁師らしい若者に、当時勉強していたアラビア語で話しかけてみましたが、『英語はわからない』と言われてショックを受けたのはよい思い出です……」

洞窟がホテルに

 トルコからは、キノコの形をした岩山の景観で有名なカッパドキアから、其山史晃記者。

トルコの中部にあるカッパドキア
トルコの中部にあるカッパドキア
 「カッパドキアの住民はかつて、洞窟のなかでさらに穴を掘り、住居にしていました。

 いまはホテルにリフォームされた洞窟がいくつもあり、私も泊まってみました」
カッパドキアにて。この岩山にはたくさんの洞窟があり、人が住める
カッパドキアにて。この岩山にはたくさんの洞窟があり、人が住める
 「電気、水道、無線インターネット、ベッド完備。外気に比べて温度も低く、快適でした。

 朝食は奇岩が並ぶ景色を見ながらとりました」
カッパドキアで売り出し中の洞窟
カッパドキアで売り出し中の洞窟

 「SATLIK」と書いてある洞窟は、売り出し中の部屋だそうです。

 トルコはいま通貨の暴落が話題になっています。買うなら今、なのかも?

【特派員フォトリレー・連載一覧】
(昼ごはん編1)ヤギ肉・湖の魚…、お国柄見える「サラメシ」たち
(昼ごはん編2)海越えたシリアの「弁当」 ウズベキスタンの食は
(昼ごはん編3)ど迫力のローストポーク! 肉肉肉な国と言えば…
(タバコ箱編1)体への害、警告「どぎつい」国々 2500円の国も
(タバコ箱編2)警告画像「ヘビー級」の国々 もはやホラー…
(タバコ箱編3)体への害、警告「抑えめ」な国々 北朝鮮製の箱も
(街の乗り物編1)路面電車、各地で活躍 なんと2階建ての車両も!
(街の乗り物編2)ロープウェーも市民の足 各地で日本の旧型車両活躍
(街の乗り物編3)2階建てのロンドンバス、デコトラ風味の異色バスも
(街の乗り物編4)タイだけじゃなかった!世界で活躍するトゥクトゥク
(街の乗り物編5)ロバも牛も馬も…最後の頼りは動物 船や自転車も
(おやつ編1)マーチしないコアラ、「国宝級」のチョコがある国は
(おやつ編2)あの国民的「棒」が中東に?中国ではやっぱり「種」
(おやつ編3)アメリカのグミがやばすぎる お尻ふき味に靴下味…

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 特派員フォトリレー

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます