MENU CLOSE

連載

22857

#5 特派員フォトリレー

【世界のタバコ箱】警告画像「ヘビー級」の国々 もはやホラー…

見ているだけで、気分が悪くなりそう…そんな画像をタバコのケースに載せる国もあります
見ているだけで、気分が悪くなりそう…そんな画像をタバコのケースに載せる国もあります

目次

 ところ変われば品変わる。世界のあちこちに住む朝⽇新聞の特派員が、同じテーマで写真を撮ってきました。毎年5月31日は世界禁煙デーで、日本ではこの日から6月6日までを禁煙週間としています。ということで、今回のテーマは「タバコのケース」。多くの国のタバコがケースにどぎつい画像を載せ、健康への害に警鐘を鳴らしています。そんな中でもとりわけグロテスクな画像を載せている国々をご紹介します。ただ、それぞれの国では普通に店頭で売られている商品。覚悟を決めて、読み進めてください。(朝⽇新聞国際報道部)

【世界のタバコ箱連載一覧】
【31日配信】体への害、警告「どぎつい」国々 2500円の国も
【6月1日配信】警告画像「ヘビー級」の国々 もはやホラー…
【6月2日配信】体への害、警告「抑えめ」な国々 北朝鮮製の箱も

同じ「グロ画」並ぶタバコ店

 案内役は東京・国際報道部の神田大介です。なお、日本のタバコには警告文が書かれているだけで、画像はありません。

日本のタバコケース
日本のタバコケース

 まずは東南アジアのミャンマーから、染田屋竜太記者。

ミャンマーのタバコ売店
ミャンマーのタバコ売店
 染田屋記者「タバコを吸わないもので知らなかったのですが、ミャンマーのタバコの柄はほぼ1種類で、がんになった人の顔の写真のみです。
 タバコ店に行ってずらりと並ぶがんの写真にひいてしまいました」
ミャンマーのタバコ、パッケージはほぼ同じ
ミャンマーのタバコ、パッケージはほぼ同じ

 確かに、「ラッキーストライク」「ケント」「キャメル」「メビウス」など、日本でもおなじみのタバコ銘柄が並んでいますが、色合いが違うだけで画像はぜんぶ同じようです。

 パッケージはぜんぶ真っ黒。何ともまがまがしい雰囲気を醸し出しています。

ミャンマーのタバコ「DUYA」
ミャンマーのタバコ「DUYA」
 染田屋記者「地元で売っている『DUYA』というタバコは、値段は300チャット(約24円)。かなり昔から好まれているようです。
 ちなみに文章は、『タバコを吸うと口腔がんになるおそれがある』と書かれています」

 オーストラリアのタバコが1箱2500円だったのに比べると、ずいぶん安いですね。100分の1。

 しかし、もはや原形をとどめていない男性の口元。タバコを吸うたびにこの画像を見るわけですか……。

 続いてはパキスタンから乗京真知記者。

パキスタンのタバコ
パキスタンのタバコ
 乗京記者「唇がさけたようなグロテスクな写真に、ウルドゥー語と英語で『喫煙は口腔がんを引き起こす-保健省』とのメッセージがついています。
 1箱140ルピー(約130円)ほど。紅茶1杯が30ルピーほどで飲める国なので、贅沢品の部類です。
 パキスタンはイスラム教国で、5月中旬から始まる断食月の間は喫煙も禁忌となり、愛煙家にとっては空腹と睡眠不足と喫煙欲の三重苦となります。
 タバコは街角のキヨスク的な売店でガムや飲み物と同じように売っています。役所では喫煙室をおいたり屋外に喫煙所を設置したりと、分煙が進んでいます」

 すごく顔に寄っていることもあり、一見わかりにくいですが、黒いのは口ひげ。その下にある唇の端がひどく裂けているという画像です。ミャンマー同様、別銘柄のタバコに、同じ画像が載っているようですね。

店頭にも画像付き看板

 次はインドから、奈良部健記者。

タバコを売るインドの売店
タバコを売るインドの売店
 奈良部記者「キオスク的な雑貨屋さんでタバコも売っています。英語で『喫煙は咽頭がんを引き起こす』とストレートに書いてあります。
 なお、喫煙は各自治体で規制していますが、あまり守られていません」
インドのタバコ
インドのタバコ

 人間の首元なんでしょうが……。腫瘍とおぼしきものが膨れ上がっている様子は、未知の生命体に寄生されたかのよう。

 よく見ると、売店にも「タバコは殺す」と書かれた画像付きの看板がぶら下がっていますね。

 続いては中央アジア、カザフスタンから中川仁樹記者。

カザフスタンのタバコ
カザフスタンのタバコ
 中川記者「目や内蔵のアップの写真が箱に印刷されており、『目が見えなくなる』『がんになる』などの警告が書かれています」
カザフスタンのタバコ
カザフスタンのタバコ

 中川記者、どうやら夜間に撮影した模様。血走った目がこちらをにらむパッケージは、まるで悪夢のような不気味さを感じます。

 次はデンマークから、下司佳代子記者。

血を吐く女性、真っ黒な肺

デンマークの免税店で売っていたタバコ
デンマークの免税店で売っていたタバコ
 下司記者「デンマークの免税店に並んでいたタバコの包装が衝撃的でした。棺桶、死体、吐血、肺がん病変そのもの、死んじゃったお父さんに寄り添っているとみられる子ども……」
デンマークの免税店で売っていたタバコ
デンマークの免税店で売っていたタバコ
 下司記者「これを見て買いたいと思う人はいるのかなと思いましたが、見慣れている店員さんには『たくさん入っていておススメよ』と言われました」
デンマークの免税店で売っていたタバコ
デンマークの免税店で売っていたタバコ

 免税店は香水やブランド品、高級酒などを扱う華やかな場所。このパッケージはさぞかし周囲から浮いているのではないかと想像しますが、店員さんの言葉を聞く限り、たぶん人って慣れてしまうんでしょうね。

もはやホラー映画級

 最後はブラジルから、岡田玄記者にお願いします。これまでに比べてもさらにきついので、腹をくくって下さい。

ブラジルのタバコ
ブラジルのタバコ
 岡田記者「タバコの箱には『毒物』『死』『毒の煙』『この製品の犠牲者』『壊死』『インポテンツ』などと書かれています。インポテンツの説明では『保健省からのアドバイス:この製品の使用は、勃起力の減退や、勃起を困難にしたり妨害したりします』と書かれています」
ブラジルのタバコ
ブラジルのタバコ
 岡田記者「ブラジルでは、路上喫煙は認められていますが、自宅を除き、天井や屋根があるところでの喫煙は禁止されています。レストランやオフィスなどはもちろん禁煙。バルは晴れた日には歩道にテーブルを出しますが、簡単な屋根があれば禁煙席。
 というわけで、飲食店は100%禁煙なので、おいしく食べられるだけでなく、服や髪の毛にもにおいがつかず、とても快適です」
ブラジルのタバコ
ブラジルのタバコ
 岡田記者「路上で吸う人ももちろんいますが、広々としているせいか、こちらもほとんど気になりません」
ブラジルのタバコケース
ブラジルのタバコケース

 ……これはしんどい。ちょっと正視できませんね。パッケージを見て買うのを思いとどまる人も少なくなさそうです。

 天井や屋根のあるところでは完全禁煙というのは、とてもわかりやすいですね。タバコの害を深刻にとらえているんでしょう。

比較のため、最後にもう一回、日本のたばこの写真を
比較のため、最後にもう一回、日本のたばこの写真を

 次回は逆に、表現が控えめな国々をご紹介します。

【特派員フォトリレー・連載一覧】
(昼ごはん編1)ヤギ肉・湖の魚…、お国柄見える「サラメシ」たち
(昼ごはん編2)海越えたシリアの「弁当」 ウズベキスタンの食は
(昼ごはん編3)ど迫力のローストポーク! 肉肉肉な国と言えば…

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 特派員フォトリレー

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます