閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年07月17日

【世界のおやつ】あの国民的「棒」が中東に?中国ではやっぱり「種」

  • 7223

仕事を休憩してお茶を飲む、イランのスーパー店員のみなさん

仕事を休憩してお茶を飲む、イランのスーパー店員のみなさん

 ところ変われば品変わる。世界のあちこちに住む朝⽇新聞の特派員が、「おやつ」をテーマに写真を撮ってきました。今回とりあげるのは、なんだか日本を思い起こさせる駄菓子たち。中東イランにあったのはどう見てもポン菓子、はたまた日本でこよなく愛されているあのスナック菓子をほうふつとさせるような……。一方、中国には「シエンペイ」という名前をした、お茶うけにぴったりの菓子が。新潟の企業と技術提携するその中身とは?(朝日新聞国際報道部)

ボールペンに詰めて撃たないで

 案内役は東京・国際報道部の神田大介です。昔懐かしいポン菓子は、米粒に圧力と熱を加えてふくらませたもの。よく似た駄菓子がイランにありました。杉崎慎弥記者に伝えてもらいます。

イランの駄菓子「ベレンジャック」

イランの駄菓子「ベレンジャック」

 杉崎記者「ベレンジャックという名前で、ペルシャ語で米のお菓子という意味です。
 昔からあり、子どもたちが空腹をいやしていたとか。映画館でもよく食べられるようで、仕事の合間にもお手軽につまめます」

 杉崎記者「米のお菓子といいながらも、実は甘い麦、米、麦、米、大豆、緑豆の菓子の5層構造になっています。特に緑豆は、ボールペンなどの筒にいれて鉄砲のように使えるので、小学校では持ち込みが禁止されていたようです。
 現在もイランの庶民的なスーパーでは売られていますが、徐々にポテトチップやポップコーンに人気の座を奪われつつあるとのこと。値段は3万リアル(実勢レートで約40円)です」

 日本でもポン菓子はスナック菓子に押されて姿を消しかけましたが、油も添加物も使わないことから自然食品としての見直しが進んでいます。きっとイランでも末永く愛されていくことでしょう。

イランなのに「インドの菓子」

 さて、わたくし神田は前テヘラン支局長でして、イランには3年7カ月住みました。実はスナック菓子大国なんじゃないかという印象を持っています。「マズマズ」という地元メーカーがポテトチップなどをつくっているほか、人気が高かったのが「ポファック」。

イランのスナック菓子「ポファック」

イランのスナック菓子「ポファック」

 フカッ、フカッとした食感といい、甘じょっぱい味の色の付いた粉がふってあるところといい、「うまい棒」そっくりでした。

 サイズはだいぶ小さく、指が一回り大きくなったくらい。袋詰めにして売られています。

イランのスナック菓子「エステケ・ヘンディ」

イランのスナック菓子「エステケ・ヘンディ」

 ほかにも、「エステケ・ヘンディ」と呼ばれるスナック菓子をあちこちで見かけました。直訳すると「インドのスナック菓子」という意味なんですが、なぜインドなのかはよくわかりません。

 むしろ、われわれ日本人の目からすると、「サッポロポテト」プラス「ピッカラ」といった感じですね。

 なおイランはピスタチオ、アーモンドなどナッツ類も豊富なんですが、残念なことに法律で飲酒が禁じられています。スナック菓子もナッツも、ビールのつまみにぴったりなんですけどね……。

「上海のミルキー」

 続いては中国・上海より、古くから親しまれているキャンディです。宮嶋加菜子記者。

中国の「大白兔(ダーバイトウー)」

中国の「大白兔(ダーバイトウー)」

 宮嶋記者「上海のスーパーやコンビニ、駅や飛行機の売店で必ず目にするお菓子と言えば『大白兔(ダーバイトウー)』です。
 白いウサギが描かれた紙の中には、ミルク味の柔らかいキャンディーが包まれています。
 ちょっとレトロな包装紙、キャンディーの風味……まさに『上海のミルキー』です」

上海の菓子店内

上海の菓子店内

 宮嶋記者「上海人の友人に聞いてみると、大白兔はどの家にも必ずある子どものおやつとのこと。
 家族が集まる旧正月(春節)には、大袋の大白兔を買ってきて、おじいちゃんも孫も一緒に味わうんだそうです」

 店内の感じからすると、量り売りなんでしょう。こういう売り方も日本ではすっかり見かけなくなりました。そういえばかつては、青果店なんかでは店頭に小銭を入れたざるをぶら下げてあって、おつりは手渡しされていましたねえ。ふいに思い出しましたが、あれいま考えると、税務的にはどうなってたんでしょうか。

中国のおやつと言えばタネ

 さて、同じく中国で、こんどは首都の北京から冨名腰隆記者。

旺旺集団の「仙貝」

旺旺集団の「仙貝」

 冨名腰記者「中国は日本のお隣の国ですので、日本の影響を受けたお菓子もチラホラ。
 台湾を母体に中国大陸にも展開する『旺旺集団(ワンワングループ)』は新潟県の岩塚製菓と技術提携する会社で、代表的なのは『仙貝』というお菓子。発音は『シエンペイ』。そう、せんべいから来ています。
 このお菓子、岩塚の『味しらべ』やライバル会社の『ハッピー○ーン』によく似ています」

旺旺集団の「雪餅」

旺旺集団の「雪餅」

 冨名腰記者「ほかにも旺旺の製品には、私も子供時代からお世話になった『雪の○』にそっくりな『雪餅』なんてのも。オリジナルは岩塚ではないので、これはオマージュ? 深入りはやめておきます」

中国の「ひまわりの種」

中国の「ひまわりの種」

 「中国の間食と言えば『種』が有名です。スイカ、カボチャ、ヘチマ・・・食べられない種はないというくらい何でも口にしますが、最も目にするのはひまわりの種でしょうか。
 安徽省の「洽洽(チアチア)食品」というメーカーが有名で、スーパー・コンビニでよく目にします。味付けも五香、菊花、山椒など様々です。外の殻を歯で割って、中の柔らかい部分を食べます」

「種」は子どもも大好き

「種」は子どもも大好き

 冨名腰記者「種を食べる習慣は明の時代からあるようですが、現在まで変わらないのは、おしゃべりを楽しみながら食べるものであること。
 人気レストランが満席で外で待っている時など、かなりの確率で種が出てきます。みんな時間つぶしとばかりに、かじって、しゃべって順番を待ちます」

 ひまわりの種はスペインの人も大好きで、よく食べているのをみました。

 問題は、種のカラ。たいていはポイポイと放り投げながら食べるので、床が汚くなるんですよね。あまり日本ではやらない理由はそのへんでしょうか。


リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く


世界のスナック菓子、ほの見える日本との共通点
前へ
イランの「ベレンジャック」
次へ
1/12
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る