MENU CLOSE

連載

9444

#26 特派員フォトリレー

【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

日本とも、意外なところで関係がありました

この巨大なかたまりがパキスタン・ケウラの岩塩です
この巨大なかたまりがパキスタン・ケウラの岩塩です

目次

 世界のあちこちに住み、出張取材も多い朝⽇新聞の特派員が、おすすめの旅行先を写真でご紹介します。今回はパキスタンから。目にするニュースではテロや戦闘のイメージが強いかもしれませんが、日本の2倍の面積がある大きな国なので、治安の安定している地域もあります。そんななかから、岩塩の鉱山を乗京真知記者がご紹介します。実は日本人とも縁が深いんです。(朝日新聞国際報道部)

山の中に岩塩ごろごろ

 「かつてのテロのイメージが残るパキスタンですが、治安が上向いている今、政府は観光誘致に力を入れています。なかでも治安が落ち着いている中部パンジャブ州には、世界最大級の岩塩鉱山『ケウラ』があります。

 首都イスラマバードから車で2時間ほどの距離にあり、日本では高値が付くピンク色の『ヒマラヤ岩塩』が山のように積んであります」
パキスタンのパンジャブ州で、山と積まれた「ヒマラヤ岩塩」
パキスタンのパンジャブ州で、山と積まれた「ヒマラヤ岩塩」
 「そもそも、なぜパキスタンで岩塩がとれるのでしょうか。

 太古の昔、ユーラシア大陸にインド亜大陸が南からぶつかりました。両大陸に挟まれていた海底は盛り上がり、ヒマラヤの山々ができました」
 「ちょうどこの『挟まれていた海底』にあたる場所が、いまのパキスタンです。

 海水は長い年月をかけて凝縮し、岩塩となったのでした」

坑道を進むと現れたのは…

ケウラ岩塩鉱山を訪れた子どもたち
ケウラ岩塩鉱山を訪れた子どもたち
 「岩塩鉱山は、曜日を問わず大勢の子どもたちでごった返しています。日本で言う社会科見学です」
ケウラ岩塩鉱山の坑道
ケウラ岩塩鉱山の坑道
 「暗い坑道は停電が多いこともあり、足元が真っ暗です。

 こわごわ30分ほど進むと、鍾乳洞のようにポッカリと開けた場所がありました」
ケウラ岩塩鉱山の中にある礼拝施設
ケウラ岩塩鉱山の中にある礼拝施設
 「そこには岩塩でつくった礼拝施設があり、子どもたちがお祈りを捧げていました。

 パキスタンに住む人のほとんどがイスラム教徒です」

お金で買えない「おみやげ」

 「ケウラは世界有数の岩塩埋蔵量を誇っています。鉱山から運び出された岩塩は、海外にも輸出されています。

 庭石でも運ぶように頑丈なトラックの荷台に積み上げられ、港から船で国外へ運ばれるそうです。

 日本では『ピンクソルト』や『ヒマラヤ岩塩』の呼び名で重宝され、天ぷらや肉料理、刺し身や日本酒などの脇に添えられます」
岩塩を運ぶトラック
岩塩を運ぶトラック
 「岩塩は、お土産品としても売られています。細かく砕いて、こぶし大に袋詰めしたものは100~200円程度です。

 砕かずに岩のまま残し、石細工のようにノミで削って、ランプや置物にする職人もいます。こちらも1つ100~200円ほど。地元民の貴重な現金収入となっていて、都市部では飲食店のオブジェとしておかれていたりします。

 日本へのお土産として買い求める場合は、塩が溶けてしまわないよう、蒸し暑い場所を避けて保管することが必要です」
岩塩からつくったランプを売るおみやげ屋さん
岩塩からつくったランプを売るおみやげ屋さん
 「かくいう記者も、お土産を求めて岩塩置き場を訪ねたことがあります。

 建築資材のように野積みしてある岩塩に圧倒され、ぽかんと口を開けて眺めていると、作業員のお兄さんが近寄ってきて『いくつでも持ってけよ』」
笑顔で岩塩を見せる地元の人たち
笑顔で岩塩を見せる地元の人たち
 「パキスタンでは八百屋さんや雑貨屋さんでも、売り上げのことは気にせずに『お代はいらない』と言われることがよくあります。代わりに『俺と写真を』と寄ってきて、記念撮影に余念がありません。それは外国人を歓待する気持ちであったり、幸せをお裾分けする心の表明だったりします。

 テロとは縁遠い市民の素朴さと、人なつっこさがあふれるパキスタン。最大のお土産は鉱山の中ではなく、そんな人々との交流の中に眠っているかもしれません」
【特派員フォトリレー・連載一覧】
(昼ごはん編1)ヤギ肉・湖の魚…、お国柄見える「サラメシ」たち
(昼ごはん編2)海越えたシリアの「弁当」 ウズベキスタンの食は
(昼ごはん編3)ど迫力のローストポーク! 肉肉肉な国と言えば…
(タバコ箱編1)体への害、警告「どぎつい」国々 2500円の国も
(タバコ箱編2)警告画像「ヘビー級」の国々 もはやホラー…
(タバコ箱編3)体への害、警告「抑えめ」な国々 北朝鮮製の箱も
(街の乗り物編1)路面電車、各地で活躍 なんと2階建ての車両も!
(街の乗り物編2)ロープウェーも市民の足 各地で日本の旧型車両活躍
(街の乗り物編3)2階建てのロンドンバス、デコトラ風味の異色バスも
(街の乗り物編4)タイだけじゃなかった!世界で活躍するトゥクトゥク
(街の乗り物編5)ロバも牛も馬も…最後の頼りは動物 船や自転車も
(おやつ編1)マーチしないコアラ、「国宝級」のチョコがある国は
(おやつ編2)あの国民的「棒」が中東に?中国ではやっぱり「種」
(おやつ編3)アメリカのグミがやばすぎる お尻ふき味に靴下味…

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 特派員フォトリレー

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます