閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年05月07日

NHKフォロー外しから考える「中立おばけ」 信念があれば怖くない?

  • 6726

フォロー外しを発表したNHKのツイッター

フォロー外しを発表したNHKのツイッター

出典: https://twitter.com/nhk_pr

 NHKは4月、全公式ツイッターで、原則、外部アカウントのフォローをやめた。公式発表では「公平公正という公共放送の基本姿勢を堅持するため」といい、関係者は「過激な発言をフォローしていたら『支持しているのか?』という問い合わせもあり、中立性を保つために致し方なかった」と打ち明けた。記者の職場で議論するうちに、何だか寒気が走った。「『中立』を意識しすぎると、萎縮しちゃう感じがしない?」「そもそも真ん中だって誰にわかるの?」。まるで、姿が見えない「おばけ」に振り回されているみたいだ。(朝日新聞文化くらし報道部・後藤洋平 高重治香)


NHK元「中の人」が感じた疑問

 まず会いに行ったのは浅生鴨(あそう・かも)さん。2009年にNHK広報局のツイッター(@NHK_PR)担当を始め、14年に退局した後は小説の執筆などをしている。

 大勢の人をフォローしたのは、NHKと視聴者のつながりを「放送を流して対価として受信料をいただく」という関係から一歩進めたかったからだという。「公共放送は人間にはいろいろな意見があることを前提にしている」ので、多様な意見の人をフォローすることに抵抗は感じなかった。

 浅生さんの考える中立は、「ある程度の人が『一理あるよね』と言える明確なルールを作り、ブレないこと」。NHKのアカウントのフォローにも、説明のつくルールがあればよかった、と。ツイッターは感情をやりとりするメディア。「中立」のために突然一方的にフォロー外しを宣言したのは、「握っていた手をぱっと離す」ようで冷たく感じた。

 何につけ怒られることを避け、間違わないことに固執するいまの日本の雰囲気も、冒険をしにくい一因ではないか、と言った。

「ツイッターは感情をやりとりするツール」と語る作家の浅生鴨さん

「ツイッターは感情をやりとりするツール」と語る作家の浅生鴨さん

スイスが守ってきた「中立」とは?

 浅生さんは「中立と聞くとスイスを思い出す」そうだ。東京・広尾にある永世中立国・スイスの大使館を訪ねると、文化・広報部長のミゲル・ペレス=ラ プラントさんが、「ジャーナリズムと国の中立は別の話じゃない?」と苦笑しながら対応してくれた。

 国際的に中立(ニュートラル)を認められてから200年。国際情勢に合わせて政策は柔軟に変えているが、八方美人と指さされることはない。「交戦国間の対立を利用しない」など中立のルールを守り続け、信頼を積み重ねたからだという。

 響いたのは「中立とは必ずしも『間にある』ことではなく、どの側にもつかないということ。対立の外にいることができること」との立場だ。

 何度も強調されたのは、「中立は外交の手段であり目的ではありません」。

スイス大使館文化・広報部長のミゲル・ペレス=ラ プラントさん

スイス大使館文化・広報部長のミゲル・ペレス=ラ プラントさん

無印の「真ん中」は?

 身近な「ニュートラル」といえば、「無印良品」の商品デザインが頭に浮かぶ。いまや世界的ブランドは「真ん中」をどう考えているのか。良品計画の本社を訪ねた。

 家具も衣料品も、誰もが手を伸ばしやすいことを狙って作るのかと思いきや、広報・IR担当の大栗麻理子課長は「違います。社内にマーケティング部もありません」。

 よりどころを聞くと、「IDEA PARK」という、消費者と交流するサイトや、店舗に寄せられた意見が商品の開発や改良につながるという。

 「永遠の『定番』を探して、まだ答えは見つかりません。消費者がいま何に困って、何を望んでいるかを形にしてきました」。

 個々の要望に向き合うことを重ねた結果、外からは「真ん中」に見えるのかもしれない。

シャツのサイズを見直したことを告げるポスター。定番品でも改良を重ねているという=良品計画提供

シャツのサイズを見直したことを告げるポスター。定番品でも改良を重ねているという=良品計画提供

「中立は目的じゃない」

 あらためて朝日の公式ツイッターの管理役である藤谷健・ソーシャルメディアエディターに聞くと、英国の公共放送BBCの姿勢にならっているという。

 「ルールは端的に一つ。『BBCの公平性、公正性、中立性に疑念を抱かせるようなことはしてはいけない』と」。だからツイッター記者に「社の姿勢が疑われるようなことだけはナシね!」と求める。

 あるべき「中立性」や「真ん中」の輪郭がハッキリしたわけではないけれど、話の点と点を結んで見えてきた――中立は目的じゃない。人とつながり、対話をし、信頼を積み重ねる道筋そのもの。手間はかかるが、信念を持って道を進めば、「中立おばけ」なんか怖くないのだ。

 「中立ってなんだ」は5月7日発行の朝日新聞夕刊紙面(東京本社版)「ココハツ」と連動して配信しました。


バカッター防ぐ「合言葉」 完成度が高すぎて拡散中 大学生発案
前へ
次へ
1/10
前へ
次へ

あわせて読みたい

発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
発売前の本、webで無料公開 新潮社が2週間限定で 担当編集者に聞く
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「ママになっても私は私」
ブスの極み乙女… 子育て自虐エッセイ作者「ママになっても私は私」
「落ちていたごみ」に最高点 94歳の美術家が伝えたかったこと
「落ちていたごみ」に最高点 94歳の美術家が伝えたかったこと
ブラック企業が激変!『魔王が社長になったなら』 体験を元に漫画化
ブラック企業が激変!『魔王が社長になったなら』 体験を元に漫画化
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
「みそ汁サーバー」なぜ家庭用に? ネットで拡散、マルコメに聞く
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
納豆「1万回」混ぜたら予想外の結果に…記念...
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
Q&A
麻央さんが救ってくれた、私の心 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
麻央さんが救ってくれた、私の心 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
見た目問題、この子が大人になったら…親と当事者、それぞれの思い
見た目問題、この子が大人になったら…親と当事者、それぞれの思い
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
有楽町発世界へ!スタジオアルタ新劇場公演。演出家と出演女優が語る
PR

人気

もっと見る