閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年04月30日

「LGBTさん、さようなら」 同性婚の牧村朝子さんが宣言、その真意

  • 95313

フランス人女性との結婚を公表し、レズビアンとして文筆活動もしてきた牧村朝子さん=杉本康弘撮影

フランス人女性との結婚を公表し、レズビアンとして文筆活動もしてきた牧村朝子さん=杉本康弘撮影

 「拝啓 LGBTという概念さんへ」。タレントの牧村朝子さん(28)は、雑誌「現代思想」(青土社)の2015年10月号に、こんな「手紙」を寄せた。LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字。今は「性的少数者」とほぼ同じ意味で使われることが多い。牧村さんは、フランス人女性との結婚を公表し、レズビアンとして文筆活動もしてきた。でも手紙では、もう「『LGBT当事者』を名乗らない」と宣言した。真意を聞いた。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)


「ここに住まないLGBTのことは?」

 「私は、LGBTとして生きたいわけじゃないんです」。牧村さんは、一言ずつ慎重に言葉を選ぶ。

 米国で見た「LGBT村」の話をしてくれた。LGBT当事者が集まって暮らす街。そこに住む人々は「ここは見本市だ」と誇ったという。

 LGBTでもこんなに立派な家に住み、仲間たちと楽しく幸せに暮らしている。私たちのようなLGBTになろうという「見本」。牧村さんは「どうして生き方を狭めるんだろう? ここに住まないLGBTのことは考えないんだろうか?」と疑問を投げる。

「オールジェンダー」の表示があるトイレ

「オールジェンダー」の表示があるトイレ

出典:ロイター

「LGBTと非LGBT」に二分

 LGBTという言葉は1990年代に米国で生まれた。別々に活動していたLとGとBとTが、連帯してたたかおうと、自分たちを「LGBT」と名付けた。

 牧村さんは、「LGBTさん」に宛てた手紙の冒頭で「華々しい成功を、心よりおよろこび申し上げます」とつづった。LGBTの約20年の歴史の中で、彼らを取り巻く環境は少しずつ改善した。欧米を中心に同性婚を認める国が増え、国連もLGBTの人権保護に取り組む。

 日本でも、ここ数年でLGBTという言葉が急速に広まった。LGBT向けと冠したSNSや結婚式など、立場が弱い彼らの役に立とうというサービスも生まれている。

 LGBTの連帯がこうした「華々しい成功」を挙げた一方で、あたかも人々が「LGBTと非LGBT」に二分されていくように感じると、牧村さんは言う。「『男らしさ』『女らしさ』という性で悩むのはLGBTじゃなくても同じなのに。性のことは、みんなが当事者なのに」。

性的少数者の象徴「虹色の旗」をデザインしたギルバート・ベーカーさん=2015年6月26日

性的少数者の象徴「虹色の旗」をデザインしたギルバート・ベーカーさん=2015年6月26日

出典: 朝日新聞

「だからこそ。さようなら」

 「世界には男と女しかいない」という二分法に苦しめられ、その柵を壊そうと闘ってきた人々がLGBT。でも今度は「LGBTであるか否か」で新たな柵が生まれているように見える、という。

 牧村さんは、手紙の中でこう書いた。

 「もうどこにも閉じ込めないで。……LGBTらしいあり方を求められたくなんかないし、『LGBT当事者としての意見』だなんて持ってはいないのです。私は、私でしかありません」。

 そして、「LGBTさん」に呼びかけて、手紙を締めくくった。

 「私は、あなたの子です。男を愛せる”正しい女”にならなければと、彼女への想いを殺すことを努力と呼んでいた私に、手を差し伸べ、自由に生きろと育ててくれた、あなたのおかげで私があるのです。だからこそ。さようなら」

もう「『LGBT当事者』を名乗らない」と宣言したタレントの牧村朝子さん。「『LGBTであるか否か』で新たな柵が生まれているように見える」と話す=杉本康弘撮影

もう「『LGBT当事者』を名乗らない」と宣言したタレントの牧村朝子さん。「『LGBTであるか否か』で新たな柵が生まれているように見える」と話す=杉本康弘撮影

出典: 朝日新聞

「LGBTの連帯は通過点」

 最後に、手紙の反響を聞いた。「ゲイだけど別に2丁目で生きていかなくてもいいんだと勇気をもらった」といった評価が多かった一方で、異を唱える声もあったという。

 「まだ日本では同性婚が認められていないし、LGBTであることを苦に自殺する人もいる。LGBTの連帯を手放すのは早いんじゃないか」という指摘だ。

 牧村さんは「LGBTと名乗りたい人は名乗っていいと思う。でもLGBTの連帯は通過点で、LGBTとして生きるのが最終目標ではないよねと指摘する人は、必要だと思う」と、語った。

 「LGBTのいま」は4月30日発行の朝日新聞夕刊紙面(東京本社版)「ココハツ」と連動して配信しました。


同性愛を告白した著名人 女優・歌手・元首相… 偏見恐れず公に
前へ
ジョディ・フォスター氏。米ゴールデングローブ賞の授賞式で同性愛者であることを公にした=1995年4月27日
次へ
前へ
次へ

あわせて読みたい

日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
Q&A
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
PR
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
PR
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
Q&A

人気

もっと見る