閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年06月05日

ラマダン中のテロ、なぜ増える? 日本人も知っておきたいその理由

  • 51966

ロンドンで起きたテロ事件で、現場になったロンドン橋の近くから逃げ出す人たち=2017年6月4日

ロンドンで起きたテロ事件で、現場になったロンドン橋の近くから逃げ出す人たち=2017年6月4日

出典: ロイター

 ヨーロッパや中東でイスラム過激派によるテロが相次いでいます。ロンドンで6月3日夜に起き、7人が死亡したテロもその一つです。イスラム社会はいま、年に1回の断食月、ラマダンの真っ最中です。期間中に「努力」をすると、天国に行ける可能性が高まると言われるラマダン。「聖なる月」になぜテロが増えるのかには理由がありました。


目立つISの犯行

 イスラム教徒はラマダンの1カ月間、日の出から日没までのあいだ、一切の飲食を絶ちます。

 毎日の神への礼拝、聖地メッカの巡礼などに並び、イスラム教でもとりわけ重要な行事の一つとされています。

 今年、2017年のラマダンは5月27日(地域によっては28日)に始まりました。

日没後、食事をとる女性たち。場所はアメリカ・ニューヨーク=2017年6月1日

日没後、食事をとる女性たち。場所はアメリカ・ニューヨーク=2017年6月1日

出典: ロイター

 その前後に起きた主なテロだけでも、これだけあります。

5月22日 イギリス・マンチェスター 死者22人
5月24日 インドネシア・ジャカルタ 死者3人
5月26日 エジプト・ミニヤ 死者29人
5月27日 アフガニスタン・ホースト 死者14人
5月29日 イラク・バグダッド 死者13人
5月30日 イラク・バグダッド 死者10人
5月30日 イラク・ヒート 死者12人
5月31日 アフガニスタン・カブール 死者90人
6月3日 アフガニスタン・カブール 死者20人
6月3日 イギリス・ロンドン 死者7人

イラクの首都バグダッドで、自動車爆弾を使ったテロの現場付近で見つかった車両の残骸=2017年5月30日

イラクの首都バグダッドで、自動車爆弾を使ったテロの現場付近で見つかった車両の残骸=2017年5月30日

出典: ロイター

 このうち、アフガニスタンで起きた事件を除き、すべてのケースで「イスラム国」(IS)が犯行声明を出すか、捜査などによってIS系の犯行だと疑われています。

 1年前の2016年7月にバングラデシュの首都ダッカで起きた、日本人7人を含む、少なくとも20人がレストランで殺害された事件も、起きたのはラマダン中でした。

 犯行グループは「ISバングラデシュ」を名乗っていました。

ラマダン前にユーチューブでアピール

 ISは今年5月、ラマダンが始まる前、支持者に「総力戦」を呼びかける動画をユーチューブに公開。

 「異教徒を、家で、市場で、道路で、広場で攻撃せよ」「ラマダンの偉大な報酬を手に入れよ」などと呼びかける内容でした。

 ISは毎年、ラマダンの前になると同じようなメッセージを流しています。

「イスラム国」(IS)はネットを駆使している

「イスラム国」(IS)はネットを駆使している

出典: ロイター

ラマダンの間の「努力」で天国に行ける?

 表向きの理由は、ラマダンが「聖なる月」だからです。

 ラマダンの間に努力をすると、ふだんよりも天国に行ける可能性が高まるとされています。

 ジハードという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 日本では「聖戦」と訳されることが多いようですが、実は「努力」「がんばる」といったような意味合いです。

「イスラム国」(IS)の旗を掲げる戦闘員。ISが首都だと言い張るシリア北部ラッカで=2014年6月29日

「イスラム国」(IS)の旗を掲げる戦闘員。ISが首都だと言い張るシリア北部ラッカで=2014年6月29日

出典: ロイター

 ふつうのイスラム教徒は、より誠実なふるまいをしたり、貧しい人に自分のものを分け与えたりすることを、努力だと考えます。

 これに対し、異教徒を殺すことこそが努力だと信じているのが、イスラム過激派です。

ラマダンは「書き入れ時」

 ただ、他にも理由はあるようです。実はISにとって、ラマダンは「書き入れ時」。

 イスラムの教えの一つに、喜捨(ザカート)というのがあります。寄付のことです。

 生活に必要な分を除き、持っている財産の2.5%は寄付をすることになっています。

エジプト中部ミニヤ県で武装集団に襲われて亡くなったキリスト教徒を弔う人たち=2017年5月26日

エジプト中部ミニヤ県で武装集団に襲われて亡くなったキリスト教徒を弔う人たち=2017年5月26日

出典: ロイター

 しかも、ラマダン中の寄付は功徳が高いと言われています。
 
 寄付をする相手は誰でもいいので、親族や知人にあげる人が多いようです。

 赤新月社(日本でいう赤十字社)や慈善団体に寄付をする人もいます。

アフガニスタンの首都カブールで起きたテロ事件の現場付近で、両手を広げる男性=2017年5月31日

アフガニスタンの首都カブールで起きたテロ事件の現場付近で、両手を広げる男性=2017年5月31日

出典: ロイター

寄付集めの「広告塔」

 ところが、過激派の考えに共鳴し、寄付をする人も少なからずいるのが実情です。

 また、各国は過激派組織への送金を監視していますが、ラマダンの時期はたくさんのお金が一斉に動くため、目が行き届きにくくなります。

 ゆえに「書き入れ時」なのです。

インドネシアの首都ジャカルタで起きたテロ事件で、犠牲になった警察官の母親=2017年5月25日

インドネシアの首都ジャカルタで起きたテロ事件で、犠牲になった警察官の母親=2017年5月25日

出典: ロイター

 イスラム過激派といっても、ISのほか、2001年にアメリカで同時多発テロを起こしたアルカイダや、シリアで活動する「シャーム解放委員会」(旧ヌスラ戦線)など、たくさんの組織があります。

 信者からの寄付は重要な資金源。

 寄付を多く集めようと思えば、目立たなければなりません。

 とりわけ反応の大きい欧米でのテロ、欧米人を狙ったテロは、彼らにとって重要な「広告塔」になってしまっています。

イギリスのマンチェスターで起きたテロの犠牲者を追悼する行事に参加した人たち。イスラム教徒らしき人の姿も見える=2017年5月23日

イギリスのマンチェスターで起きたテロの犠牲者を追悼する行事に参加した人たち。イスラム教徒らしき人の姿も見える=2017年5月23日

出典: ロイター

 いま、ISは本拠とする中東のイラクやシリアでの戦闘で、追い詰められています。

 「領土」の拡大は難しく、各地でのテロを中心とする作戦に切り替えた可能性も指摘されています。

 卑劣なテロには、今後も警戒が必要です。


宇宙から撮影された「最も悲しい写真」 爆発やロケット弾も…
前へ
2014年7月24日、宇宙飛行士アレクサンダー・ガーストさんが「今までで最も悲しい写真」としてツイッターに投稿した宇宙から見たガザ地区の写真。ツイッターには「爆発やロケット弾も見える」と記した。
次へ
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性

人気

もっと見る