MENU CLOSE

エンタメ

73914

禁断のビニ本、発祥の店はいま・・・月130万冊発行した時代も

かつて、きわどい描写の女性ヌード写真集として一時代を築いた「ビニール本(ぼん)(ビニ本)」。そんなビニ本発祥の店が神保町にあります。

芳賀書店がビニ本ブーム時に開いた神田古書センター店の中=1979年ごろ、同店提供
芳賀書店がビニ本ブーム時に開いた神田古書センター店の中=1979年ごろ、同店提供

目次

 かつて、きわどい描写の女性ヌード写真集として一時代を築いた「ビニール本(ぼん)(ビニ本)」。インターネット全盛の現代、その存在は忘れ去られつつあります。そんなビニ本発祥の店が神保町にあります。全盛期には、自社ビルの建設費もあっという間に稼いだそうです。「ビニ本」の歴史を振り返ります。

1979年、爆発的ブームに

 「ビニ本」は、ポリ袋に入れられたアダルト本の総称です。その中でも普通の書店には並ばない、きわどい描写の女性ヌード写真集を指します。立ち読み防止のためポリ袋に入れられました。発祥は神保町といわれています。一部の古書店に1970年代半ばから出回り、1979年に爆発的ブームになりました。

 1980年9月19日号の週刊朝日によると、当時、出版社が30~40社あり、新作は月120冊ほど、発行部数は月計130万~140万冊と推定しています。

【写真特集】わいせつとは何か? チャタレー事件から、ろくでなし子裁判まで

【写真特集】わいせつとは何か?
街角のポルノ雑誌自動販売機=1985年10月
街角のポルノ雑誌自動販売機=1985年10月

過激さ増し、取り締まりに

 ブームとともに、「ビニ本」は過激さを増していきました。うっすら見えるだけだったヘアは、下着の素材が薄くなるにつれてはっきり見えるように。局部を隠す素材が、ぬらしたティッシュ、セロハンへと過激さを極めたところで、警察の取り締まりが入ります。そして、1980年代半ばにはビニ本の新作はほぼなくなります。かわって生まれたのが、発行元、印刷所が不明の地下出版物である「裏本(うらぼん)」で、新宿・歌舞伎町で売られるようになりました。

1992年当時の新宿・歌舞伎町
1992年当時の新宿・歌舞伎町

発祥の店「芳賀書店」

 神保町にある「芳賀(はが)書店」は、最初にポリ袋に入れて売り始めた書店とされています。販売を決めたのは現会長の芳賀英明さんです。芳賀書店は1936(昭和11)年、巣鴨で創業。空襲で被災し、戦後の48年に神保町で再出発しました。出版部門も抱え、1967年には劇作家寺山修司の評論集「書を捨てよ、町へ出よう」を出したこともありました。

 芳賀さんが働き始めたころ、売り上げは低迷していました。脱却の糸口として目を付けたのがビニ本でした。狙いは的中。取次会社を経た本の場合、書店の利益は価格の1割でしたが、出版社が直接納めるビニ本は4割が利益になりました。1億円に満たなかった年商はすぐに3億円になり、80年代半ばには最高の24億円に。80年完成の8階建て本店ビルの建設費5億円をあっという間にまかないました。

建設中の芳賀書店本店。周りにビルは少なかった=1980年ごろ、同店提供
建設中の芳賀書店本店。周りにビルは少なかった=1980年ごろ、同店提供

今は活動停止状態

 「ビニ本」ブームが去った後、家庭用のビデオが普及。さらにインターネットの登場で、アダルト業界は一変しました。現在の芳賀書店の売り上げの中心はアダルトDVD。書籍の売り上げは2割程度です。芳賀書店の年商は最盛期の7分の1に減りました。出版部門は活動停止状態です。

 それでも現社長で妻の紀子さんは前向きです。

 「地方からもお客さんが来てくれています。ビニ本全盛期からのお客さんも多い。もう一度時代の流れをつかまないとね」

これまでに出版した書籍を手にする芳賀英明さんと妻の紀子さん=千代田区神田神保町2丁目の芳賀書店本店
これまでに出版した書籍を手にする芳賀英明さんと妻の紀子さん=千代田区神田神保町2丁目の芳賀書店本店
【写真特集】わいせつとは何か? チャタレー事件から、ろくでなし子裁判まで

【写真特集】わいせつとは何か?

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます