閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年10月17日

吉木りさ激怒「てめえ1回だまれ」「人のせいにすんじゃねーよ」

  • 2782789

怒る吉木りささん

怒る吉木りささん

出典: 朝日新聞


 「人のせいにすんじゃねーよ」「てめえチェリーだろ」「このポンコツ!」……。
 
 東京・銀座のビル7階のパーティールームに、グラビアアイドルの吉木りささん(27)の一方的な怒声が飛んでいます。相当な剣幕と声の大きさ、言葉遣いは汚いです。

 テレビ東京の金曜深夜(土曜午前1時53分~)の番組「吉木りさに怒られたい」のロケ現場。カメラに向かって吉木さんが、数分間怒りまくる番組です。8月に5週放送したところ好評で、10月10日から続編が始まりました。

 金曜深夜に怒られることに、どんな需要があるのでしょうか。テレビ東京の高橋弘樹(33)プロデューサー(以下、高橋P)に聞きました。

新聞のテレビ欄ではこんな感じ

新聞のテレビ欄ではこんな感じ

「てめえ1回だまれ」4分間、全力で罵倒

撮影はこんな感じ

撮影はこんな感じ

 番組は画面に吉木さんが1人アップで映されます。例えばテロップに「こんにちは」と出ると吉木さんが「こんにちは」と返し、テレビの前の自分と話しているような設定。会話形式で進みます。
 
 この日のロケは会社の先輩女性と入社1年目の後輩が初めて飲みに行くという設定でした。「仕事慣れた?」などと最初は穏やかだった吉木さんですが、後輩が「○○先輩って使えないですよね」とか「みんな言ってますよ。しかも○○先輩の彼女ってブスらしいですし」といった場が凍るような発言をすると……、「てめえ1回だまれ」と急にキレ出します。そして約4分間、思い切り説教してくれます。怖いです。

きっかけはAD時代の罵倒

吉木さんとセリフの確認をする「怒られ役」の高橋P

吉木さんとセリフの確認をする「怒られ役」の高橋P

 台本は高橋Pが書き、吉木さんへの演技指導などの演出も自らが担当します。題材は「身の回りのちょっとダサイ人や事柄」とのこと。

 これまで取りあげたのは、「部下をすぐ『さとり世代』と言ってディスる男」、「すぐに『要するに』と言うポンコツ要約男子」、「チラ見し過ぎ男子」など。題材は自分自身や、自分の半径5メートル以内で目撃したことだそう。「でも自分自身のポンコツなところを想像して書くことが多いです。『30歳を過ぎてラーメンの汁を飲み干すポンコツ男子』は、自分がモデルです。だから、見ていて自分が一番傷つきます」

 そもそもこの番組を考えたきっかけは若手AD時代の経験だとか。先輩や上司にとにかく毎日怒られ続けたという高橋P。会社に行くのがイヤになったこともありました。「また、その怒る上司が背丈も大きくて迫力があってメチャクチャ怖かった。でも、目の前で怒っている人が美女だったら、楽しいだろうな」と妄想を膨らませ、労働意欲を保ちました。

普通に可愛いぞ! 懐かしのバラドルたち 松本明子・山瀬まみ……
前へ
山瀬まみさん=1988年8月
次へ
出典:朝日新聞
1/27
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

中国の故宮、大胆すぎる「萌え化」 皇帝が...
中国の故宮、大胆すぎる「萌え化」 皇帝が...
直感で映画レンタル 「NOTジャケ借」ツタヤ支店長の提案、全国拡大
直感で映画レンタル 「NOTジャケ借」ツタヤ支店長の提案、全国拡大
「石原さとみの香り」を現実化! 4D映画、...
「石原さとみの香り」を現実化! 4D映画、...
とと姉ちゃん出演俳優、大野拓朗を形づくった本とは?
とと姉ちゃん出演俳優、大野拓朗を形づくった本とは?
PR
「この部活動は長すぎる!」 ブラック練習、変えさせた父親の執念
「この部活動は長すぎる!」 ブラック練習、変えさせた父親の執念
相武紗季の父親が本をプレゼントし続けた理由とは?
相武紗季の父親が本をプレゼントし続けた理由とは?
PR
「ひとりの聖夜は冷えますから」 丸亀製麺...
「ひとりの聖夜は冷えますから」 丸亀製麺...
JASRACは、なぜ嫌われるのか?
JASRACは、なぜ嫌われるのか?
Q&A
北九州の成人式がヤバイ 「ど派手衣装」レンタル店が語った「本音」
北九州の成人式がヤバイ 「ど派手衣装」レンタル店が語った「本音」
最低のクリスマス、本当に寂しい理由は…「涙...
最低のクリスマス、本当に寂しい理由は…「涙...
紅白、会場外に謎のプラカード軍団 「観覧同行させて」海外からも
紅白、会場外に謎のプラカード軍団 「観覧同行させて」海外からも
亡き猫からの贈りもの 家族の再会綴った正月の投稿、ネットで話題に
亡き猫からの贈りもの 家族の再会綴った正月の投稿、ネットで話題に

人気

もっと見る