MENU CLOSE

ネットの話題

17670

五稜郭のサクラがボヤ、穴にたばこの吸い殻 あえてツイートした思い

「犯人捜しをしたいわけではない」

(左から)ボヤが発生した当時のサクラ、穴に捨てられていたゴミ、穴をふさいだサクラ
(左から)ボヤが発生した当時のサクラ、穴に捨てられていたゴミ、穴をふさいだサクラ 出典: 函館市住宅都市施設公社公園管理部のツイッター

目次

北海道函館市の観光名所、五稜郭公園のサクラ。たくさんの人に愛されているサクラの老木から、煙が上がる痛々しい写真がツイッターで話題になりました。公園担当者がツイートに込めた思いを聞きました。

「絶対にやめてください!」

話題になったのは、函館市内の公園を管理する「函館市住宅都市施設公社・公園管理部」のツイートです。

10月22日に投稿されたのは3枚の写真。1枚目では、サクラの木の穴から煙が上がっている様子。2枚目では地面に集められたゴミ。3枚目では、サクラの穴が緑色のもので覆われています。

写真にはこんな文章がつけられました。

「五稜郭公園でボヤがありました。
サクラの幹にある穴へ火のついたタバコを捨てた事が原因です。
消火後、穴の中を確認したところタバコのフィルターなど多くのゴミが入ってました。
穴はしっかり埋めましたが。。。
五稜郭公園のサクラは函館市の観光資源であり財産です。
絶対にやめてください!」

このツイートは1.7万回以上リツイートされ、「これは放火だよ」「桜が悲鳴をあげている」「ひどい」「五稜郭の桜、本当にきれいなのに・・・」「木が元気になりますように」と200件以上のコメントがつき、反響を呼びました。

今年に入って3回目

話題になったツイートをした、五稜郭公園担当者に話を聞きました。

写真のサクラがあったのは、五稜郭の堀の外周。誰でも入れる道のすぐ脇に植わっている老木でした。

ボヤが発生したのは、9月22日。夕方ごろ公園を散策していた人から、サクラから煙が出ていると管理者に連絡があり、急行。水をかけて火を消しました。

煙が出ていた木のうろ(穴)の中をかき出すと、たばこの吸い殻や空き箱、あめの包装紙など、大量のゴミが出てきました。


「今年に入ってからすでにボヤ騒ぎは3回目でした」。いずれも周辺にあったサクラでした。

ボヤが発生した当時のサクラ
ボヤが発生した当時のサクラ 出典: 函館市住宅都市施設公社公園管理部のツイッター

限りある「財産」

五稜郭公園はサクラが有名で、園内には古いもので樹齢100年ほどになる木があるなど、サクラの老木1600本が植わっています。

開花時期の2週間は、見事なサクラを見るため、年間の観光客数の3分の1にあたる大勢の人が訪れるそうです。

それでも、華やかなサクラの裏には、問題もありました。

「公園は文化財に指定されており、簡単に新しい木に植え替えたりできません。もし枯れてしまえば、園内のサクラの本数が減ることになる。今ある木を大切に維持していかなくてはいけないんです」


限りあるサクラは「財産」そのものでした。地元の人や企業が協力して、肥料を与えていました。その矢先のぼやでした。

「とても残念でした。でもそれ以上に、『なんでこんなことをするのかな』『どうすれば防げるかな』という思いがありました」


ボヤが上がったうろ(穴)は、人工樹皮を取り寄せて、ふさぎました。木にとって害がないもので、木が自分の力で回復するときに妨げになりません。でも、回復には長い年月を要します。

人工樹皮を施した段階で、五稜郭公園の担当者は、このボヤについて、どんなことが起き、どんな措置をしているのか、ツイッターで発信することにしました。

華やかだけでない

ツイッターでは「防犯カメラをつければいい」「警察に通報した方がいい」「公園内を禁煙にすればいい」などの考えが寄せられました。


実際には防犯カメラは設置すること自体に様々なハードルがあるなど、「どれも、最後の手段だと思っています」。

何より、強い思いがありました。「犯人捜しをしたいわけではありません。シンプルに、やめてほしいんです」。


再発防止に向けて、五稜郭公園の担当者が考えたのは、「やりにくくする」ように、社会の目を向け、やりにくい空気を作ることでした。

多くの関心が集まれば、防犯カメラよりも効果があるかもしれません。

そのための投稿でした。

公園の美しい景色が多い投稿の中で、ボヤの投稿は異色でした。それでも、「公園は、華やかなことばかりじゃない。こういうこともあると知ってほしかった」。

投稿する前は、マナーがある愛煙家の人などに肩身が狭い思いをさせるかもしれない、という懸念もあったそうです。

今のところ、問題のサクラがある一帯は、喫煙が可能です。灰皿などは設置されておらず、多くの愛煙家は携帯灰皿を持参していると強調します。

五稜郭公園のサクラ
五稜郭公園のサクラ 出典: PIXTA

大切にする人が増えてほしい

ボヤが起きたサクラは、いまのところ、元気だといいます。でも、木が自分の力で修復するのには相当な時間がかかります。「いつ樹勢(生育状況)が落ちるか、わかりません。最悪、枯死してしまいます。注視していくことが必要です」

被害にあったほかのサクラも、人工樹皮で覆うか検討していますが、園内約1600本のサクラに施すのは難しいです。

かといって、園内中に注意書きの看板を立てるなどのことは考えていません。

マナーを守って公園を楽しむ人がほとんどの中、公園が注意書きの看板ばかりになってしまうことを想像すると、「不快な気持ちになってしまう人がいるかもしれない」という葛藤があるそうです。


ツイートには、予想を超える反響が集まりました。それを一つの希望にしています。

「これをきっかけに、五稜郭だけでなく、函館市内、ひいては全国で、身近な公園に関心を向けて、自然を大切にする人が増えてほしいです。そして、何より、もう二度とこういうことが起きないように願っています」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます