MENU CLOSE

連載

5982

#1 #小山コータローの妄想旅行記

花粉もサメも気にしない…そんな国あったらいいな「妄想旅行記」

「コブラ巻きつきし者、追い鮫リラクゼーション」

小山コータローの妄想旅行記「キョナンガ共和国編」
小山コータローの妄想旅行記「キョナンガ共和国編」
海外旅行をしたことがない漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が、「せめて妄想だけでも」と架空の国の旅行記を4コマ漫画とコラムで綴ります。訪れる場所は、いつもどこかヘンテコ。でもそれは、私たちが日本に慣れすぎているからかもしれません……。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかく。全身の力が抜けるのを感じたら、そこは小山ワールドです。
小山コータローの妄想旅行記

小山コータローの妄想旅行記「キョナンガ共和国編」

小山コータローさんの妄想旅行記「キョナンガ共和国編」
小山コータローさんの妄想旅行記「キョナンガ共和国編」
こんにちは。海外旅行大好き小山コータローです。
 
花粉症の季節、とってもつらいですよね。

僕も花粉症で目は痒いし、鼻水は出るし、くしゃみは止まらないしで、顔のパーツが大半が使い物になりません。僕の顔が福笑いだったら、みなさんには耳だけで遊んでほしいです。それに、したくもない受粉をしてしまって花にも申し訳ないです。
 
そんなわけで、今回は花粉の無い国として有名な「キョナンガ共和国」に行ってきました。
 
花粉症から逃れるために多くの日本人が訪れているので、花粉の時期になるとキョナンガ共和国内の日本人の数が1億人に上ります。このことから、この時期のキョナンガ共和国は「ニホン」と呼ばれているのはあまりにも有名です。
 
その間、日本は人口が極端に減少するため「キョナンガ共和国」と呼ばれています。
 
キョナンガ共和国へは、羽田空港から20分ほどで着くことができます。機内食を何にするか聞かれますが、基本的には出てくる前に到着してしまいますね。僕はもう8年間毎年いっていますが、一度も出てきたことがありません。客室乗務員も、聞いた後メモを取ってる様子もないので、おそらく用意してないんじゃないでしょうか。
到着すると、キョナンガ空港マスコットキャラクターの「ビッグボーイ」がお出迎えしてくれます。身長が25mあるので顔はよく見えませんが、軽快なステップで、歓迎ムードなんだろうなと理解できました。踏みつぶされないようにだけ気をつけてください。
 
空港を出て、外で深呼吸……もう花粉のストレスが一切ありません。ストレスがあるとすれば、野生のコブラが足に巻き付いていることくらいで、鼻水が出ることもくしゃみが出ることもありません。かまれると、くしゃみ鼻水ではすまないので絶対にかまれないようにしてください。
コブラを引きずりながら、まず訪れたのはパワースポットである「キョナンガマウンテン」です。神聖な空気に心が研ぎ澄まされますが、入場料の6キョナンドル(日本円で8,000円)に引いてしまってそれどころではありませんでした。
 
パワーをもらったら、キョナ横インに泊まりました。部屋から見えるのはどこまでも続く水平線と、サメから逃げ惑う日本人観光客でした。

足に巻き付いたコブラをなでながら見るその光景は、一生忘れることが無いと思います。
 
キョナンガには、古来より「コブラ巻きつきし者、追い鮫リラクゼーション」ということわざがあります。

「コブラが足に巻きついたっていいじゃないか、ほらあそこを見なさい。サメに追われている観光客がいるよ。面白いね。心が休まるね。」そんな、白髪垂れ目翁の問いかけが聞こえてきます。

キョナンガの国民性が現れているようで、僕はとても好きなことわざです。

僕の足に毒牙が食い込んでいる昨今、こんなゆとりある心を忘れてはいけないと思います。

ぜひ皆さんも僕のように、他人の有給休暇を使ってキョナンガ共和国、行ってみてくださいね。

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。Twitterアカウントは@MG_kotaro

   ◇

 海外旅行に行ったことがない漫画家・小山コータローさんが「妄想」で架空の国に行く連載「#小山コータローの妄想旅行記」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。
小山コータローの妄想旅行記

連載 #小山コータローの妄想旅行記

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます