MENU CLOSE

連載

25847

#8 教えて!マニアさん

数式なし!物理好きの女性が描く量子力学漫画「なんとな~く電子Ⅰ」

「特に量子力学とかシュレディンガーの猫とか、興味があっても本当に何も知らない初心者向けの本ってなかなかないんです」

ししゃもさんが描く「なんとな~く電子Ⅰ」
ししゃもさんが描く「なんとな~く電子Ⅰ」

目次

さまざまな学術ジャンルをモチーフにした創作作品などを販売するイベント「博物ふぇすてぃばる!」が今年も開催されました。深海生物や天文学などの商品が並ぶなかで、「量子力学」をかがげるブースは異彩を放っています。訪ねてみると、商品を制作しているのは、学問の面白さに「失ってから気付いた」という女性。「もっと早くから出合いたかった」と、数式を使わない解説漫画を販売しています。
【関連記事】
打製石器、古墳クッション、素粒子グッズ売ります 独特すぎイベント
「嫌われ者だから」菌に魅せられた写真家「カビ映え」で始める世直し
「10年後に朽ちるものを…」博物館の「中の人」描いた漫画がエモい

「博物ふぇすてぃばる!」とは

「博物ふぇすてぃばる!」の開催は今年で6回目。7月20日(土)から2日間、科学技術館(東京都千代田区)で開催されました。

会場では、雑貨やアクセサリーなどをつくる作家・クリエイターや、普段から専門で研究している研究者たちが、それぞれのオリジナルグッズを販売しました。学問とものづくりやエンタメを組み合わせた内容であることが出展の条件となっています。

「博物ふぇすてぃばる!」のチラシ
「博物ふぇすてぃばる!」のチラシ 出典:博物ふぇすてぃばる!運営提供

趣味でつくった「打製石器」、「前方後円墳」型のクッション、羊毛フエルトでつくった深海生物、素粒子と加速器実験をモチーフにしたスマホケース……。ここでしか出合えないような個性的でニッチな商品を扱う、約370ブースが並びました。

なんでそんなに量子力学?

会場を回っていると、ポップな色のキーホルダーが並ぶブースを見つけました。かわいい猫っぽいイラストですけど、これ、よく見ると電子……そしてそれが集まったこれは電子配置ですよね……?

※電子配置とは、高校化学で習う電子の分布を表したもの。もう既に苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが、これらによって原子の性質に影響を及ぼしているのです。

電子配置を表現した「元素缶バッチ」
電子配置を表現した「元素缶バッチ」
確かに電子配置だ・・・
確かに電子配置だ・・・
ブースにいた女性に声をかけると、「よくぞ聞いてくれました!」と言わんばかりの笑顔で説明に来てくれました。「中学や高校で習う化学や物理、大学で習う量子力学をモチーフに、ゆるキャラの漫画やグッズを販売しています」。ゲーム会社のデザイナーとして働いているししゃもさん(@shishamojam404)です。

好きでも「つまづいたら学べない」

ししゃもさんは大学時代、物理学を専攻し、特に物質の性質を研究していたそうです。一方、絵を描くことが好きだったため、今の仕事に就いたといいます。

しかし、大学を離れて思い知るのは物理の面白さでした。「もっと早くから出合いたかった」と、物理を知らない人でも楽しめる漫画やイラストを描き始めたといいます。学び直しながら描くにつれ、森羅万象にかかわる電子が「どんどん好きになった」といい、電子をより知るために量子力学に興味を持ったといいます。

「特に量子力学とかシュレディンガーの猫とか、興味があっても本当に何も知らない初心者向けの本ってなかなかないんです」というししゃもさん。もしも勉強したくても、中学や高校の理系科目でつまづいたら学ぶ機会はぐっと減ってしまいます。「それはちょっともったいないですよね」

ししゃもさんが描いた「なんとな~く電子Ⅰ」のチラシ
ししゃもさんが描いた「なんとな~く電子Ⅰ」のチラシ

博物ふぇすでは、中学生でも読めることを意識した、数式を使わない漫画「なんとな~く電子Ⅰ」を販売していました。よりとっつきやすくするために、電子を”猫化”。電子同士が反発し合う性質を「同族嫌悪」と、”性格”として紹介するなどの工夫もされています。

電子を猫「にゃんしー」として性質を紹介
電子を猫「にゃんしー」として性質を紹介

理系であるあるなのが「女子が少ないこと」。その分結束が強まることがありますが、少数派として過ごすのはやはり心細いことも。ししゃもさんも大学時代、同期に女性が少なく、さみしい思いをしていたといいます。かわいいイラストにすることで、女性の目にも留まったらというねらいもあります。

社会人になって気付く、勉強が当たり前じゃない環境、いかに自分が受動的に学んでいたかということ。だけど、いつだって学び直せるし、それは想像以上に楽しく出来るーー。ししゃもさんにそんなことを教えてもらいました。

ブースでは理系御用達「キムワイプ」でつくった犬がお出迎え
ブースでは理系御用達「キムワイプ」でつくった犬がお出迎え

まだまだ知識吸える!教えてくれるイベント

大人になると臆病なもので、自分から情報をインプットするのがどんどん苦手になっていきます。「勉強しなきゃ」「知っておかなきゃ」ーー。そんな気持ちがプレッシャーとなって、情報を無理やり飲み込もうとしても胸につっかえてしまう。

しかしです。

好きだから知りたい。知るともっと好きになる。「博物ふぇすてぃばる!」で出会ったのは、そんな「好き」の循環の中を夢中で突き進む、たくさんの出展者たち。

そんな愛があふれる人たちの情報は、不思議とするっと入ってくるものです。明日使えるかどうかわからないニッチすぎる情報だけれども、うんうんとうなずいているだけで、自分の中の知的好奇心が目覚め出す。まだまだ私は情報をぎゅっと吸い込める、そう思える1日でした。

来年はオリンピックの影響で、例年通り開催できない可能性があります。でも、次回開催されるのであれば、自分のスポンジはもう水分でいっぱいかもと思う人に、ぜひ行ってもらいたいです。

【関連記事】
打製石器、古墳クッション、素粒子グッズ売ります 独特すぎイベント
「嫌われ者だから」菌に魅せられた写真家「カビ映え」で始める世直し
「10年後に朽ちるものを…」博物館の「中の人」描いた漫画がエモい

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 教えて!マニアさん

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます