MENU CLOSE

連載

8495

「カビ」に心を奪われ、写真を撮り続ける男性の、心の核となる思いを聞きました。

#6 教えて!マニアさん

「嫌われ者だから」菌に魅せられた写真家「カビ映え」で始める世直し

「カビ」の写真を撮影し続けるMark fujitaさん
「カビ」の写真を撮影し続けるMark fujitaさん

目次

深海生物や量子力学、天文学に打製石器……さまざまな学術ジャンルをモチーフにした創作作品などを販売するイベント「博物ふぇすてぃばる!」が開催されました。出展者の愛とこだわりの深さに、会場ですれ違うお客さんから「マニアックすぎる……」という声も漏れます。ひときわ目立つのは、奇妙な帽子をかぶった男性です。「固定概念をなくしたい」。「カビ」に心を奪われ、写真を撮り続ける男性の、心の核となる思いを聞きました。

「博物ふぇすてぃばる!」とは

「博物ふぇすてぃばる!」の開催は今年で6回目。7月20日(土)から2日間、科学技術館(東京都千代田区)で開催されました。

会場では、雑貨やアクセサリーなどをつくる作家・クリエイターや、普段から専門で研究している研究者たちが、それぞれのオリジナルグッズを販売しました。学問とものづくりやエンタメを組み合わせた内容であることが出展の条件となっています。

「博物ふぇすてぃばる!」のチラシより
「博物ふぇすてぃばる!」のチラシより 出典: 博物ふぇすてぃばる!運営提供
【関連記事】打製石器、古墳クッション、素粒子グッズ売ります 独特すぎイベント

趣味でつくった「打製石器」、「前方後円墳」型のクッション、羊毛フエルトでつくった深海生物、素粒子と加速器実験をモチーフにしたスマホケース……。ここでしか出合えないような個性的でニッチな商品を扱う、約370ブースが並びました。

会場を訪れると、まずは人の多さに驚きます。混雑が落ち着く2日目の午後に取材しましたが、人気のブースには人だかりができていますし、通路も場所によってはすすみづらいほどです。

当日の様子
当日の様子

主催者によると、2日間の来場者は8,000人近く。みんな一体どれだけニッチな商品に飢えているんだ……! 冒頭のように、「マニアすぎる」とつぶやきながらも、来場者の目はキラッキラに輝いていました。

商品より先に、菌の説明

会場を歩くなかで、目に入ってきたのは、かなり特徴的な帽子をかぶった男性です。

白いシルクハットの上部から、団子のように白い球体をつなげたものを、イソギンチャクのようにいくつも生やしています。

こ、この帽子は……
こ、この帽子は……
それはなんですかと聞くと、「麹菌の胞子を表現しています」。「この丸い部分が胞子で、先端から飛散して……」と販売している商品より先に、麹菌の説明を始めてしまいました。

それが、カビなど菌類の写真を撮り続けているという写真家のMark fujitaさん(@Mark45310926)。NIKONが主催する「ニッコールフォトコンテスト」でも入賞経験があります。

イベントでは、撮影した写真をクリアファイルや缶バッチにして販売していました。黒い背景にネットワーク状に広がるカビの姿は、まるで宇宙のようにも見えます。
fujitaさんが販売していた商品
fujitaさんが販売していた商品

プロだからこそ撮れる「カビ映え」写真

でも、どうして「菌」だったのでしょうか。

「もともとミュージシャンやアーティストの写真、いわゆる『アー写』の撮影やデザインをしていたのですが、デザインの素材としてクラゲなどの生き物を使うことがありました。その流れでカビも使えるかもと思って始めたのですが、どんどん面白くなってしまって……」

「デザインの一部」として足を踏み入れたものの、それからどんどん菌の撮影にのめり込んでしまったといいます。作品をまとめたファイルには、カビの写真がぎっしり。「やっぱ青カビとか、身近だから愛着わきますよね」と笑顔で話しますが、すみません、私まだ同じ土俵に乗れていません……。

心奪われるのは「カビが生み出すグラデーション」というfujitaさん。カビを生やすために、家で寒天培地を置いていたり、菌を培養するためのシャーレを持ってお散歩したりしているそうです。あくまでも自然にいる菌を培養し、偶然の産物を撮影するのがこわだりだといいます。

「自分には撮影の技術があるので、専門の研究者の方には撮れないような『カビが映える写真』が撮れる」と、プロのカメラマンだからこその思いもあります。ナチュラルに「カビ映え」というパワーワードまで爆誕しました。

「菌」から始める世直し

でも、どうしてそんなに「菌」や「カビ」に夢中になれるのでしょうか。

「嫌われ者だからですね。カビのおかげで地球の生態を支えたり、ペニシリンという抗生物質が生まれたくさんの命を救ったりしているのに、それが知られていないし、むしろネガティブに語られているじゃないですか」

「そもそも、偏見や固定概念というものが嫌いなんです」というfujitaさん。「カビの美しさを引き出すことで、ネガティブな思い込みをぶち壊したい。そういう世界を菌から始めたいんです」

自身の作品を持つfujitaさん
自身の作品を持つfujitaさん

ミクロな視点の1枚の写真から始める、マクロな世界の意識改革。さすがに小さすぎるような気がするけど、宇宙のように広がった神秘的なカビの写真を見ると、確かに美しいと思わせる力がある。奇しくも参議院選挙投票日に、大切なことを教えてもらいました。

梅雨が明け、外に出かけたくなる今日このごろ。シャーレを持ってお散歩している人を見かけたら、それはfujitaさんかもしれません。

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 教えて!マニアさん

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます