MENU CLOSE

連載

23040

#7 教えて!マニアさん

「10年後に朽ちるものを…」博物館の「中の人」描いた漫画がエモい

常に未来に期待して、後世に収蔵品を託していく仕事なのです

「ただいま収蔵品整理中!」の1コマ
「ただいま収蔵品整理中!」の1コマ 出典: 鷹取ゆうさん提供

目次

博物館や資料館の「資料整理」のお仕事をご存知でしょうか。さまざまな学術ジャンルをモチーフにした創作作品などを販売するイベント「博物ふぇすてぃばる!」に行くと、郷土資料館で大切な収蔵品を扱う「中の人」たちの日常を描いた4コマ漫画「ただいま収蔵品整理中!」に出合いました。大学で考古学を学び、漫画家を目指し、資料館でも働くという異色の経歴の作者に話を聞きました。
【関連記事】
打製石器、古墳クッション、素粒子グッズ売ります 独特すぎイベント
「嫌われ者だから」菌に魅せられた写真家「カビ映え」で始める世直し

「博物ふぇすてぃばる!」とは

「博物ふぇすてぃばる!」の開催は今年で6回目。7月20日(土)から2日間、科学技術館(東京都千代田区)で開催されました。

会場では、雑貨やアクセサリーなどをつくる作家・クリエイターや、普段から専門で研究している研究者たちが、それぞれのオリジナルグッズを販売しました。学問とものづくりやエンタメを組み合わせた内容であることが出展の条件となっています。

「博物ふぇすてぃばる!」のチラシ
「博物ふぇすてぃばる!」のチラシ 出典:博物ふぇすてぃばる!運営提供

趣味でつくった「打製石器」、「前方後円墳」型のクッション、羊毛フエルトでつくった深海生物、素粒子と加速器実験をモチーフにしたスマホケース……。ここでしか出合えないような個性的でニッチな商品を扱う、約370ブースが並びました。

ご存じでしょうか、博物館の「資料整理」

会場を歩いていると「ただいま収蔵品整理中!」「今日もおっかなびっくり作業中」……そんな文字が並ぶブースが目に入りました。

「今日もおっかなびっくり作業中」……!
「今日もおっかなびっくり作業中」……!
どういうこと?と思い近付くと、ブースに並べられた漫画冊子の奥に、細身の男性が座っています。端々から遠慮がちな雰囲気を出しているのは、漫画家の鷹取ゆうさん(@yu_001oh)。

「博物館などの資料整理の仕事を漫画にしています」
作者の鷹取ゆうさん
作者の鷹取ゆうさん

初めて知る人もいるかもしれませんが、「資料整理」とは博物館や美術館などの収蔵品を管理し、保存していくための処理をおこなう仕事です。鷹取さんは、郷土資料館で資料整理の仕事を約9年間続けており、その経験をもとに、資料整理の仕事内容や裏話をわかりやすく4コマ漫画にして発信しています。

この先の未来に、期待と資料を託す仕事

作品で紹介されているのは例えば、錆びてしまった鎌の修繕方法です。このまま放置してはいずれ朽ちてしまうため、錆(さび)を落として椿油で処理します。こういった処理の意味合いを、作中の学芸員は「10年後に朽ちるものを100年後に延ばす」と解説します。というのも、現在の技術では錆を完全にとめることはできないためです。……だんだんロマンを感じてきました。

4コマ漫画「金属保存」
4コマ漫画「金属保存」 出典:鷹取ゆうさんのツイート

そもそも椿油を使用するのは、「さまざまな鉱物が含まれる工業用の油と異なり、原料がわかっているからです」と鷹取さん。それも、「この先の未来に今よりも良い保存方法が確立した際に、適切に油を取り除くことができるようにするためです」。

常に未来に期待して、後世に収蔵品を託していく仕事……! 私の中の"ロマンゲージ"が、欽ちゃんの仮装大賞のように加算され、ついには見事なファンファーレ。気付くとそのまま帰宅した後、売り切れていた冊子をネットで購入していました。

しかし、こんなに濃厚な情報、4コマ漫画に落とし込めるの?と不安になった方もいるかもしれません。でも、安心してください、注釈がめちゃくちゃあります。多いときは1コマずつ注釈があります。

サクッと知りたい人は漫画、じっくり知りたい人は注釈と一緒に読めばより味わえるなんて、親切設計すぎる……!

注釈がガンガンに入ります
注釈がガンガンに入ります 出典:鷹取ゆうさんのツイート

専門知識と漫画の技術を融合

鷹取さんは大学時代、考古学を学び、学芸員の資格も持っています。大学卒業後は漫画家を目指し、出版社に作品を持ち込む日々を過ごしていました。そんななか、大学時代の知人から誘われたのが資料整理のアルバイトだったといいます。

出典:鷹取ゆうさんのツイート

そんな仕事の日常を漫画に描くと、周囲の人が面白がってくれたそうです。それから「難しいと思われるものをわかりやすく、面白く伝えたい」と、漫画を発信してきました。資料整理の経験や、考古学の知識を持っていることが強みとなり、今では博物館などからイラストや漫画の仕事の依頼もあるそうです。まさに鷹取さんにしかできない仕事です。

遠慮がちな様子ですが、業界の需要も読むしたたかさもあるのでは……。しかし、資料整理の仕事のおすすめポイントを聞いてみると、まっすぐな目で「ガラスの展示ケースの中にある資料を、普通にさわれます」。そうだ、この方は、純粋に博物館が好きなんだ……!

昨日知らなかった世界に出合えるのが、「博物ふぇすてぃばる!」。博物館の中の人にも思いを馳せれるなんて思いもしませんでした。足を踏み入れてみると、少し人生が豊かになる。「博物ふぇすてぃばる!」の真骨頂がここにありました。

【関連記事】
打製石器、古墳クッション、素粒子グッズ売ります 独特すぎイベント
「嫌われ者だから」菌に魅せられた写真家「カビ映え」で始める世直し

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 教えて!マニアさん

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます