閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月28日

キャッツ、裏方の職人魂 カツラは何の毛? 本番中に「穴開いた」

  • 3100

ヘアセットの様子。猫耳は逆毛を立ててスプレーで固めながらつくります

ヘアセットの様子。猫耳は逆毛を立ててスプレーで固めながらつくります

 劇団四季の「キャッツ」は、猫たちが主人公のミュージカル。それだけに「俳優がヒトに見えてはいけない」という、ムチャ振りとも思える高いハードルがあります。今回は猫の世界をつくるのに欠かせない、床山と衣装担当の仕事を紹介します。(文・岡田慶子、撮影・遠藤真梨)

カツラをシャンプー

 それぞれの仕事場は、楽屋と同じフロアにあります。取材中も、部屋の前を通り過ぎる俳優が声をかけていったり、お菓子を差し入れにきたり。思わず、中学校時代のことが頭をよぎりました。まるで、人気の先生がいる保健室のようだったもんで……。

床山部屋。奥にはシャンプー用の洗い場と、カツラ乾燥機が備えられている。

床山部屋。奥にはシャンプー用の洗い場と、カツラ乾燥機が備えられている。

 大阪公演の猫のカツラは、床山の遠藤綾さん(24)が1人で手入れをしています。

 毛が抜ければ新しい毛を植え、1週間おきにシャンプー。どのカツラを洗うかは曜日ごとに決まっていて、1日に洗うのは4~9台です。

週に1度、メンテナンスのためにカツラをシャンプー。使うのはひと用のシャンプーとコンディショナー。

週に1度、メンテナンスのためにカツラをシャンプー。使うのはひと用のシャンプーとコンディショナー。

 食器用洗剤でメイク汚れを落とし、人間用のシャンプーで押し洗い。コンディショナーでケアした後は、乾燥機で10~15分乾かし、カーラーや整髪剤を使ってセットし直します。

洗い終わるとタオルで丁寧に水気と取って乾燥機へ。ちなみにカツラの毛は「ヤク」という動物の毛なのだそう。

洗い終わるとタオルで丁寧に水気と取って乾燥機へ。ちなみにカツラの毛は「ヤク」という動物の毛なのだそう。

猫の毛に、ヤクの毛

 「キャッツ」のカツラは、ウシ科のヤクの毛を使っています。硬くて縮れているので、慣れないと扱いが難しい一方、見た目は野性的。ちょっとねじっただけでも跡が付き、形を保ちやすいのが利点だそうです。

ヘアセットの様子。猫耳は逆毛を立ててスプレーで固めながらつくります。

ヘアセットの様子。猫耳は逆毛を立ててスプレーで固めながらつくります。

 遠藤さんは「キャッツ」の前は、「アラジン」のヘアメイクを担当していました。「『アラジン』のカツラは人毛ですし、『キャッツ』のように逆毛を立ててセットをすることはありません」と遠藤さん。

床山担当の遠藤綾さん。

床山担当の遠藤綾さん。

 最初は「猫が全部同じように見えるし、名前を覚えるのも大変だった」そうですが、先輩に一から教わり、歴代公演の資料を見返して、手順をたたき込みました。

 「キャラクターごとに、毛をいろんな方向に散らしたり、スマートにピタッとさせたり。耳は平面的になってはいけないので、いろんな方向から毛を立てて、猫らしく見えるように気を遣っています」

さて、どの猫のかつら解りますが?解ったあなたは相当のキャッツマニア。

さて、どの猫のかつら解りますが?解ったあなたは相当のキャッツマニア。

ひたすらメンテナンス

 「キャッツ」は数ある四季の作品の中でも、俳優の動きがハードな演目の一つ。四つんばいになってステージ上を滑るとなれば、衣装のタイツやレッグウォーマーが擦れて穴が開くのも、日常茶飯事です。

舞台上を滑りながら演技をするキャッツ。衣装のレッグウォーマーもすぐ穴が空いてしまう。空いた場所を毛糸で修繕。

舞台上を滑りながら演技をするキャッツ。衣装のレッグウォーマーもすぐ穴が空いてしまう。空いた場所を毛糸で修繕。

 俳優は、1人6枚の衣装をローテーションし、1幕と2幕の間にも着替えているそう。猫は24匹。となると……? その全ての補修を一手に引き受けるのが、衣装担当の山下友実さん(27)です。

衣装担当の山下友実さん。大阪公演の衣装を一人で担当する。

衣装担当の山下友実さん。大阪公演の衣装を一人で担当する。

 衣装ハンガーや色とりどりの手芸用品に囲まれた作業場には、「終演後、『穴が開いた』と一気に5人がやってきたり、幕あいに役者が駆け込んで来ることもあります」と山下さん。

 「本番中に靴底が全部はがれたということもありました。その時は予備の靴を出して、なんとかしのいでもらいました」。さながらF1のピットストップのようです。

机の上には色とりどりの糸と、コピックペン。ペンは衣装のタイツに猫の毛並みを書き足す時に使う。

机の上には色とりどりの糸と、コピックペン。ペンは衣装のタイツに猫の毛並みを書き足す時に使う。

 着用後の衣装は、穴が開いているところはないか、擦れて薄くなっているところはないか、直に触ってチェックしていきます。

 必要があればタイツの穴を塞ぎ、毛並みをペンで描き足します。肩や胸元に毛糸を付けるのも、ひざパッドを入れる隠しポケットを縫うのも、全て手作業だそうです。

衣装の全身タイツ。毛並みを立体的に見せるために毛糸を縫い付けている。

衣装の全身タイツ。毛並みを立体的に見せるために毛糸を縫い付けている。

 「『キャッツ』の衣装は少しの凹凸でも動きを遮ってしまうため、ごまかしが利きません。着る相手は生身の人間。こうしたら着心地がいいかなと思ってやったことを、『動きやすい』と役者が言ってくれると嬉しいですよね」

ラックにかけられた衣装。肩の部分に役名とサイズが書かれている。

ラックにかけられた衣装。肩の部分に役名とサイズが書かれている。

黒エプロンの秘密

 2人とも、仕事中は黒い服に黒いエプロン姿。理由を聞くと、「本番で何かあったとき、お客さまの前に出て行くことがあるかもしれないので。万が一のときに、少しでも存在感を消せるようにしています」と話してくれました。

 こんなところにも「猫の世界」を守るための気遣いがあったとは……。お見それしました!


ため息ものの美しさ… 写真でじっくり見たい「キャッツ」の魅力
前へ
劇団四季「キャッツ」大阪公演より
次へ
出典:朝日新聞
1/16
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
外国人観光客が撮った写真を調査したら…ある飲み物の「謎さ」を認識
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
福岡市長選の「筋肉動画」なぜできた?
Q&A
ファンヒーター=不安引いた 縁起の良いダ...
ファンヒーター=不安引いた 縁起の良いダ...
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
出入り口がない駅? 本日開業、岩国「清流...
なんとしても奈良に泊まって! ストレート...
なんとしても奈良に泊まって! ストレート...
あのウィンナーの「中身」だけ販売! シャウエッセン新商品が話題に
あのウィンナーの「中身」だけ販売! シャウエッセン新商品が話題に
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする…。
Q&A
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
「走れる」って当たり前ですか?義足エンジニアが語る社会の整えかた
PR
原発の見える集落で「大字」集める歴史学者...
原発の見える集落で「大字」集める歴史学者...
 全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
全人類的に共通する愛おしさ! 赤ちゃんの謎行動集めた一冊
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に
渋谷の囲い、実はアートでした! 全長200mの物語が心温まると話題に
NEW
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
「数学で社会課題を解決する」 不思議な錯覚の世界
PR

人気

もっと見る