MENU CLOSE

連載

39368

#15 みぢかなイスラム

イランで人気「なまめかしい」ケース 「二つのふくらみ」が空港で…

中東イランの首都テヘランのバザール(市場)で見かけたケース。妙につやっぽいような……=神田大介撮影
中東イランの首都テヘランのバザール(市場)で見かけたケース。妙につやっぽいような……=神田大介撮影

目次

 中東のイランでいま、ちょっと変わった形をした布製のケースが人気を集めています。丸みを帯びた二つのふくらみがあり、ちょうど女性の肩幅より少し小さいくらいの大きさ。そう、女性の胸の形にそっくりなんです。このケース、いったい何に使うんでしょうか。

やかましい国でも、おしゃれには敏感

 withnewsはこれまでも、イランのファッション情報にアンテナを張ってきました。

 「法律でスカーフの着用を義務付けられているが、前髪は出している」「足のラインを見せるレギンスの流行が定着」「鼻先にばんそうこうを貼るのがおしゃれ」などなど……。

 何かと規制のやかましい国ですが、おしゃれはみんなの関心の的。今回は2017年現在のトレンドをお届けします。

【関連リンク】
・イランにもいるギャル系・おしゃれ女子 風紀警察と駆け引き
・イランで進む「脱マッチョ」 意外と多い整形、鼻絆創膏がオシャレ?
・イランの刑務所にあふれる離婚男性 一夫多妻制の甘くない婚約事情

 
テヘラン最大のバザールを歩いていると、ぶら下げられた奇妙な形のケースを発見=神田大介撮影
テヘラン最大のバザールを歩いていると、ぶら下げられた奇妙な形のケースを発見=神田大介撮影

 消しゴムから金の延べ棒までなんでも手に入る、首都テヘランの大バザール(市場)。

 今年5月、迷路のような敷地内を歩いていると、見たことのない形のケースが店頭につり下げられているのが目に入りました。

 うーん、これはなんだ?

お椀のような二つのふくらみ

テヘラン最大のバザールには、別の店にも同じようなケースがあった
テヘラン最大のバザールには、別の店にも同じようなケースがあった

 布地のデザインはそれぞれ違うんですが、形はほとんど一緒。片側は平べったく、片側はこんもりと盛り上がっています。

 ちょうど肉まんを2つくっつけたような。

 売っている店は一つだけではありません。通りを挟んであちらにも、こちらにも。

このケースを売っている店、女性の下着店ばかり
このケースを売っている店、女性の下着店ばかり

 このケースを扱う店舗は、入ってみると女性の下着店ばかりでした。

 ちなみに、女性が人前で下着を見せるなんてことは金輪際あり得ないイランですが、人が着ていない、商品としての下着はふつうに人目に付くところで売られています。店員が男性ということも珍しくありません。

下着店で売っています

 ともあれ、店員さんにどう使うのか聞いてみました。

このケース、真ん中からふたつに開きます
このケース、真ん中からふたつに開きます

 まずは真ん中にあるファスナーをはずし、パカッとふたつに割ります。

こんもりしている方にブラジャーを収納
こんもりしている方にブラジャーを収納

 次に、ブラジャーを入れ、ずれないようにフックで固定します。

平らな方は小物入れ
平らな方は小物入れ

 下の方には好みに応じて小物を入れることができます。ファスナーを閉じ、元の形に戻したらできあがり。

 というわけで、これは下着を収納するケースです。販売店の一つで、話を聞いてみることにしました。

 店長のメフディ・ハレディさん(37)は、既に1万個のケースを売りさばいたといいます。

 「最近のヒット商品だね。クチコミで広がったらしく、ずいぶん売れてるよ」

ケースを扱っていたお店のメフディ・ハレディさん
ケースを扱っていたお店のメフディ・ハレディさん

 丸い形をしているのは、ブラジャーの形崩れを防ぐため。ブラジャーはワイヤーで形を維持しており、押されたり潰されたりすると、着け心地が悪くなってしまいます。

 ケース自体はプラスチックに布を貼り付けたもののようで、かなり頑丈。日本にあるもので言うと、めがねケースくらいの強度はありました。

 ハレディさんによると、デザインをしたのも、実際に商品をつくっているのもイラン人だとのこと。ただし、もともとはカナダ製の商品で、イランで売っているのはコピー品だという指摘もあります。一つのケースにブラジャーを6~12枚ほど重ねて入れることができ、旅行に重宝するとのふれこみです。

 確かに便利そう。ですが、ヒットの理由はそれだけではなかったようです。

「テロ対策」もヒットの理由!?

ケースはきれいな半球のかたち
ケースはきれいな半球のかたち

 「荷物検査のときに中身を見られたくないという女性が、けっこう多いようだね」

 テロ防止の観点から、イランでは荷物検査を比較的きちんと行います。特に、旅行のときによく使う空港では、搭乗前の保安検査場のほかに、空港ターミナルの建物の出入り口でも必ず荷物をX線に通します。

 いったん怪しげだと認識されると、カバンをあけて細かくチェックされます。私も家族旅行の際、子どもが入れていたおもちゃが拳銃の形に見えると疑いをかけられ、スーツケースをひっくり返したことがありました。



いろいろなデザインがあります
いろいろなデザインがあります

 「このケースなら、中に何が入っているのか、すぐにピンとくるでしょ」

 イランの場合、女性の荷物検査は女性職員がするのが普通。ですが、自分の下着を必要以上にまさぐられるのは、相手が誰でも気分は良くないでしょう。そんな意味合いもあるとのことでした。

 なお、ケースは一つ25万イランリアル(実勢レートで約720円)程度です。

連載 みぢかなイスラム

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます