閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年12月28日

髭男爵「一発屋」のプライド SNSに心ざわめき、今日も地方営業へ

  • 101242

「一発屋」として地方を営業する髭男爵。この日の会場は「ジョイマン」の2人も営業をしていた「ボートレース下関」

「一発屋」として地方を営業する髭男爵。この日の会場は「ジョイマン」の2人も営業をしていた「ボートレース下関」

 仕事場は都内のスタジオではなく地方の営業先。「一発屋」山田ルイ53世さんは、SNSのエゴサーチに心をざわめかせながら、今日も日本全国を巡っています。「一発屋は人生のしおり」。強烈に時代を彩った芸人たちの「その後」について、寄稿してもらいました。


「一発屋」を自称する山田ルイ53世さん

「一発屋」を自称する山田ルイ53世さん

一発屋芸人が集った奇跡の食事会

少し前の話になるが、「一発会」なるものが開かれた。

文字通り、世間から“一発屋”と呼ばれがちな芸人達が一堂に会し、その親交を深める食事会である。

発起人である、HG、小島よしおを筆頭に、テツandトモ、ダンディ坂野、スギちゃん、小梅太夫、レギュラー、天津・木村、ジョイマン、ゆってぃ(敬称略)・・・他にも数多くの“一発屋芸人”がそこに集った。

それぞれが、強烈に時代を彩った芸人達。

「大学に合格した!」とか、「結婚した!」とか、「子供が産まれた!」とか、人がその人生を振り返る時、「そういえば、“あの年”は、“あの芸人”の、“あのギャグ”が流行ってたな~!」と、人々の記憶に常に“寄り添って”いる、言うなれば、"人生のしおり”のような存在。

それが“一発屋”である。

レイザーラモンHGさんと、小島よしおさん

レイザーラモンHGさんと、小島よしおさん

出典: 朝日新聞

誰一人、タクシーなど止めなかった

大いに盛り上がった会も終了し、店から通りに出て、家路につく。

自分もその場にいたので、こういう言い方は少し口幅ったくなってしまうが・・・実に豪華な面子。

なかなか見れるものではない…あれだけの数の“タレントさん”が、一斉に“地下鉄”に吸いこまれていく光景は。

誰一人、タクシーなど止めなかった。

稼ぎがないわけではない。皆、それぞれたくましく仕事をしている。

芸能界という大海の怖さを知り尽くした、本物の海の男達の流儀。

ぽっかりと口を開けた、メトロの地上口に、次々と飲み込まれていく男達の背中を見つめながら、「束の間の、地上での“宴”を楽しんだ後、日が昇る前に、住み家へと帰っていく、“地底人類”」・・・そんな悲しい物語が僕の頭をよぎった。

ちなみに、この会は、キッチリ二時間でお開きとなった。

「もう一軒いこうよ!」とは、誰も言わなかった。

「テツandトモ」の2人と、ダンディ坂野さん

「テツandトモ」の2人と、ダンディ坂野さん

出典: 朝日新聞

我々の“職場”はテレビ局にはない

「一発屋」の朝は早い。

我々の“職場”は、都内のスタジオ、つまり“テレビ局”にはない。

そこは“売れっ子”で、すでに満席。

結果、我々の職場は、東京から遥かかなたの地点、すなわち“地方”となりがちである。

俗にいう、“地方営業”というやつだが、自然、起床時間も早くなる。

毎日というわけではないが、朝四時起きなんて日も少なくない。

もはや、築地で働いているかのような生活サイクル。

毎月、“東海道中膝栗毛”顔負けの移動が幾度となくある。

秋田に行って、“なまはげの着ぐるみ”と一緒に“しょっつる焼きそば”なるものを売り捌く日もあれば、静岡のス―パ―の店頭でお客さんに、ひたすらフランスパンを配る日もある。

はたまた、沖縄で、初対面の新郎新婦の結婚披露宴に登場し、「ルネッサ~ンス!!」と乾杯の音頭をとって帰る日も。


止めときゃいいのに、ついついSNS

移動時間が長いため、読書をしたり、何か作業をしてみたり、時間を有効に使おうと努力するのだが、そこは凡人。

止めときゃいいのに、ついついSNS等を覗いてしまう。

“エゴサーチ”というやつだが、そこには、色々な“声"が飛び交っている。

好意的な“声”も勿論多い。

が、思わず目に止まってしまうのは、やはり、“悪意”が込められた“声”である。

極一部ではあるが。

「悪貨は良貨を駆逐する」・・・人間の心模様もしかり。

スーパーで開かれた「元気です!一発屋の豪華三連発」ステージの看板

スーパーで開かれた「元気です!一発屋の豪華三連発」ステージの看板

「髭男爵消えた」「面白くない」

今からまさに訪れる、イベント会場周辺に暮らす若者が、

「今日、髭男爵が、俺の地元に来るらしい・・・こんな“ど田舎”にまで来ないと仕事がないなんて・・・終わってるな!」とつぶやく。

自分の“故郷”を犠牲にしてまで、我々を“ディスろう”とするそのモチベーションは一体どこから来るのか。

「今日、髭男爵が○○に来ているらしい・・・あたしは行かないけど!」

“髭男爵などには興味がないあたし”を“わざわざ”アピールすることで、自分の属する小さな社会で、一目置かれたい・・・よくいるタイプではある。

“肉を切らせて骨を断つ”かたちとなって無念だが、そもそも“髭男爵ごとき”をスルー出来た程度のお手柄で、評価が上がるような、そんなしょうもない友人達とは、今すぐに縁を切った方がいい。

「君が駄目になるよ?」と言ってあげたい。

他にも、「髭男爵消えた」とか「面白くない」とか、随分とお手軽に言ってくれる、その極一部の方々に問いたいのである。

「はたして君達は、我々に向ける、その“根拠、実績のない上から目線”を、自分自身の人生に向ける勇気があるのか?」と。

髭男爵の2人による地方営業の日々。「一発屋」の朝は早い

髭男爵の2人による地方営業の日々。「一発屋」の朝は早い

これはもう「指名手配の逃亡犯」

「そんなの“有名税”だから仕方がない」という人もいる。

しかし、少なくとも僕は、そんな高い“税金”を払わなければならないほど、その意味での“収入”や“優遇”もない。

“顔”や“存在”が知れ渡っており、心ない言葉をぶつけられる・・・これはもう「指名手配の逃亡犯」となんら変わりがないのである。

“毎日テレビで見るような人”は、“毎日テレビ局にいる”

いずれにせよ、この手の不満はお門違いも甚だしい。

毎日テレビで見るような“売れっ子”が自分の住む町に来て欲しい・・・それは理解できる。

が、少し考えれば分かることだ。

“毎日テレビで見るような人”は、“毎日テレビ局にいる”のだ。

あなたの町には来ない。

少なくとも、“売れっ子”は、あなたがいつも買い物をするお店で、フランスパンを配ったりはしない。

語弊を恐れず言うなら、詰まるところ、“営業”とはそういうものだ。

髭男爵で我慢して欲しいのである。

今日も日本のどこかで「ルネッサ~ンス!」を披露している髭男爵

今日も日本のどこかで「ルネッサ~ンス!」を披露している髭男爵

夜空を見上げる。そこには、瞬く星々。

僕達の目に、その光が届く頃、何万光年も離れたその星は、すでにもうそこにはない。

“あなたの町”に“スター”が訪れる頃には、“テレビの世界”には彼らはもういないのである。

そうして、仕事を終え、家に帰ると、家族はもう寝静まっている。

妻が作った手料理をレンジで温めて飯を食い、風呂に入り、綺麗な無菌状態になってから娘の寝顔を見て寝る。

「今世はもうこれでいいのかもしれない」と思う瞬間もあるが、なにせ、生来、妬み嫉みの激しい人間で、厄介なことに上昇志向だけは人一倍ある。

ましてや、来世、また人間に生まれ変われるほどの善行も、振り返ってみると積んでいないようなので、もう少し頑張ってみるしかない。

     ◇
やまだ・るい53せい 本名・山田順三。兵庫県出身。相方のひぐち君と結成したお笑いコンビ「髭男爵」でブレーク。ワイングラスを掲げ「ルネッサ~ンス!」という持ちギャグで知られる。2015年8月、真の一発屋芸人を決定する「第1回 一発屋オールスターズ選抜総選挙 2015」で最多得票を集め、初代王者に選ばれた。自身の経験をまとめた『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)を出版。ラジオ番組「髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」(文化放送)などに出演中。


一発屋芸人、今も地道に活躍中 HG・テツトモ・ダンディ…
前へ
レイザーラモンHGさん
次へ
1/13
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた

人気

もっと見る