MENU CLOSE

ネットの話題

「器用の域超えている」紙製ファミコン、驚異の出来栄えにSNS騒然

制作1000時間超、基板も再現

真っ白な紙で形作られたファミコン。思わず驚嘆してしまう出来栄えの美術作品の誕生背景に迫りました。
真っ白な紙で形作られたファミコン。思わず驚嘆してしまう出来栄えの美術作品の誕生背景に迫りました。 出典: 小坂学さんのツイッター(@coca1127)

目次

多くの人々が、幼い頃に楽しんだであろうゲーム機・ファミリーコンピュータ(ファミコン)。そのハード自体を、紙を使って再現した美術作家がいます。あまりに精巧な出来栄えに、「本当に紙製なの?」といった感想を述べる向きも少なくありません。驚異の逸品の制作背景について、取材しました。(withnews編集部・神戸郁人)

◆「医療機器」に起こったパラダイムシフト 「次世代CT」15年にわたる研究の軌跡(PR)◆

真っ白な本体とコントローラー

「小学生の頃夢中になって遊んだファミリーコンピュータ。万感の思いを込め、紙を素材に制作しました」。2月28日、そんな文言と合わせて、4枚の画像がツイートされました。

写っているのは、真っ白な見た目のファミコン本体です。凹凸の多い弁当箱のような外観の筐体(きょうたい)を見ると、手前側に「FAMILY COMPUTER」のロゴが刻印され、左右にコントローラーが収まっています。

機器本体とコントローラーは、白一色のケーブルで接続され、独特のラバー感さえ伝わってくるようです。共に外側のパーツを取り外すことができ、内側には電子部品を模倣した細工が、所狭しと並んでいます。

「器用という域を超えてしまっている」「これが紙? 神としか言いようがない」。ツイートには、驚嘆のコメントが相次いで書き込まれました。

ゲーム機本体・コントローラーとも、表側のパーツを外すと、内部の基板が顔をのぞかせる。
ゲーム機本体・コントローラーとも、表側のパーツを外すと、内部の基板が顔をのぞかせる。 出典:小坂学さんのツイッター(@coca1127)

シンプルに「よく観察すること」を意識

紙製ファミコンの作者は、埼玉県在住の美術作家・小坂学さん(42・ツイッター @coca1127)です。ケント紙を用いて、腕時計やスニーカーといった、身の回りの事物をかたどる創作を得意としてきました。

ファミコンは小学生の頃、友人の家に遊びに行くたび、やり込んだのだそう。お気に入りのソフトについては「ベタですが『スーパーマリオ』や『ドラゴンクエスト』シリーズ、『くにおくん』などです」と振り返ります。

昨年11月に作品を手掛け始めて以降、小坂さんは、制作過程について写真付きでツイートしてきました。同月2日には「数え切れない思い出と感謝を込めて製作します」と、ハード本体の画像と共に、決意文を投稿しています。

作業上意識したのが「よく観察すること」といいます。外部からは見えない基板の配線にねじ穴。カセット差し込み口の微細な空洞。コントローラーのボタン類……。各部品の構造から位置関係に至るまで、実物と寸分違わぬ仕上がりです。

精緻さが際立つのが、筐体の表面に刻み込まれている表示です。横に潰れたようなフォントで書かれた「ファミリーコンピュータ」を始め、カッターで細かく切り出した文字を、一つひとつピンセットで配置していきます。

文字を固定する箇所に目盛りを打つなど、正確を期す姿勢は徹底的です。紙の上に眼があるかのような精密ぶりが、細部と全体の統一性を生み出しています。完成までには、実に1000時間超を要しました。

紙を小さく切り出して作った、おなじみのロゴ部分の文字を、一つひとつピンセットで配置していく。
紙を小さく切り出して作った、おなじみのロゴ部分の文字を、一つひとつピンセットで配置していく。 出典:小坂学さんのツイッター(@coca1127)

ケーブルのたわみまで細やかに具現化

小坂さんがこれまでに手掛けてきた作品は、約250点にも上ります。モデルの大半が、自ら実際に使用するなどして、親しんできたものです。

例えば昨年5月に公開したパナソニック製のラジオ受信機「RF-U35」。中学生の頃、けがを負い入院した際に、母親が買ってくれた一台に着想を得ました。電源ケーブルのたわみまで、気の遠くなるような細やかさで具現化しています。

パナソニック製のラジオ受信機「RF-U35」モチーフの作品。スピーカーを覆うメッシュ様のパーツまで、精巧に再現している。
パナソニック製のラジオ受信機「RF-U35」モチーフの作品。スピーカーを覆うメッシュ様のパーツまで、精巧に再現している。 出典:小坂学さんのツイッター(@coca1127)

「創作の姿勢は子どもの頃から変わっていません。モノとの間にある感情を表現しています」。傍目からみると、大いに苦労しそうな工程も少なくありませんが、小坂さんは「制作は総じて幸せなもの」と言い切りました。

そして、丹精を込めた紙製ファミコンが好評を博していることについては、「全てのご感想に感謝させて頂いております。皆様、ありがとうございます」と述べています。

【関連リンク】小坂さんの作品画像を掲載したインスタグラム

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます