MENU CLOSE

ネットの話題

「帰省は地獄」義実家でお正月〝回帰〟にうめき でも「我慢します」

「お節を用意したり、餅つきを手伝ったり。掃除や洗濯ももちろん。出来る事は全部やります」。帰省する女性はそう話します(画像はイメージです)
「お節を用意したり、餅つきを手伝ったり。掃除や洗濯ももちろん。出来る事は全部やります」。帰省する女性はそう話します(画像はイメージです) 出典: Getty Images

目次

「帰省は地獄イベント」「義実家は風習も違い居心地が悪い」――。

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の市中感染が報告されるなど、帰省の判断に迷う人も多そうですが、SNS上では帰省に対するうめき声がもれます。

#受験生のモヤモヤ 学ぶ楽しさの見つけ方(PR)

お節、餅つき 「嫁」の役割

「帰省のことを考えると憂鬱で……。考えたくありません」

首都圏に住む30代の女性は取材にそう話しました。

専業主婦で、3歳と1歳の2人の子ども、会社員の4人暮らしです。年末年始の6日間、夫の実家がある関西地方へ帰省することが決まりました。

「コロナも広がっていましたし、子どもが生まれたばかりだったので、帰省は見送っていました」

コロナが以前よりは落ち着きを見せていることに加え、孫に会ってほしいという思いがあります。弔事で帰省したことがありますが、本格的な帰省は3年ぶりです。

【帰省の記事】「嫁の務め」求める義姉、気が重い夫の実家 帰省し「嫁女優」、今も

夫の実家では、「嫁」としての役割が待っています。

「お節を用意したり、餅つきを手伝ったり。掃除や洗濯ももちろん。出来る事は全部やります」

女性は料理が苦手と話します。「義母も苦手というので代わって作りますが、苦手な上にいつものキッチンじゃないので、さらに戸惑います」

加えて、2人の幼い子どもにも目を配らないといけません。

「パパじゃない!」 泣く子ども

普段の自宅では、子どもが家具の角にぶつかったり、誤飲したりすることを防ぐため、ベビーサークルなどを活用しています。しかし、夫の実家では、ハサミがむき出しのまま置いてあるなど、目が離せないと言います。

「夫は、頼まないと子どもを見てくれません。ただ、頼んでも、子どもが『パパじゃない!』と泣いてしまいます」

夫は、実家でも休日と同じようにゆっくりと起きてきます。手持ちぶさたになればスマホゲームをしているそうです。

普段の平日は、女性の「ワンオペ」状態です(画像はイメージです)
普段の平日は、女性の「ワンオペ」状態です(画像はイメージです) 出典: Getty Images

普段の平日は、女性の「ワンオペ」状態です。

帰省すると、普段の「ワンオペ」状態の家事や子育てに、実家での家事が上乗せされるのです。

「我慢します」

女性は言います。

「義理の親も、孫に会うのを楽しみにしてくれるので、成長を見てほしいとも思います。短い時間の滞在と割り切って、我慢します」

【帰省の記事】夫の実家へ帰省、逃れられない「長男の嫁」 そもそもなぜ帰省?

妊娠や出産、育児のアプリ提供などをする「カラダノート」は今月、ユーザーを対象に「子育て世代のお正月の過ごし方に関するアンケート」を実施。「2021年に控えたことと、2022年に控えること」として652人に聞いたところ、「実家へ帰省する」は21年に36%でしたが、22年は16%に減りました。「義実家へ帰省する」も35%から19%に。帰省を控える人が減っており、帰省に「回帰」する傾向がうかがえました。

帰省のモヤモヤ お寄せください

記事の感想や体験談を募ります。メール(dkh@asahi.com)で、朝日新聞「帰省のモヤモヤ」係へお寄せください。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます