MENU CLOSE

ネットの話題

すぐ倒れるのが逆にいい!東北の地震で注目「防災こけし」の発想

負のイメージを逆手に取ったアイデア商品

「転んでもただでは起きない」と人気のこけしです
「転んでもただでは起きない」と人気のこけしです 出典: こけしのしまぬき提供

目次

間もなく、東日本大震災から10年。社会全体で、災害について考える機運が高まる中、東北地方を再び地震が襲いました。自然の脅威を思い出した人々の間で、とある「防災こけし」が注目を集めています。「すぐ倒れてしまう」という負のイメージを逆手に取った機能が、新鮮な驚きをもって受け止められているのです。製造・販売元企業に、誕生の経緯について聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

【PR】俳優 北川景子さん~映画『ファーストラヴ』公開記念インタビュー

「倒れると光る」アイデアに11万「いいね」

2月13日に発生し、宮城・福島両県で最大震度6弱を記録した地震。突然の大きな揺れに、ツイッター上のタイムラインは騒然となりました。関連ツイートの中で、特に話題を呼んだものの一つが、「明かりこけし」という商品に関する投稿です。

「こけしが地震で倒れると自動的に明かりがつく」「足元を照らしてくれる」。説明書きとともに添付された写真を見ると、花柄の着物に見立てた模様入りのこけしが3本。そのうちの1本は、地面に横たえられ、底部から懐中電灯のような光を放っています。

「素晴らしいアイデア」「立っていても倒れていても素敵」。ツイートには、好意的なコメントが次々連なりました。23日時点で11万超の「いいね」がつき、4万回以上リツイートされています。

明かりこけしを2009年から製造・販売しているのは、東北地方の工芸品などを取り扱う、こけしのしまぬき(仙台市青葉区)です。

同社のウェブサイトによると、ラインナップは宮城県伝統のデザイン「鳴子系」「弥治郎(やじろう)系」「遠刈田(とおがった)系」「作並系」の4種類*註。いずれも高さが24センチと30センチの2種類あり、内部にLEDライトを備えています。

*註:作並系のみ、現在生産調整中のため、同社ウェブサイト上での取り扱いがありません。

「忘れ去られるかも」危機感から製造

明かりこけしは、どのような経緯で生まれたのか。こけしのしまぬき・島貫昭彦社長(64)に話を聞きました。

同社では1892(明治25)年の創業以来、東北各県から、こけしの納入を受けてきました。とりわけ高度成長期には、誕生日・結婚式といったハレの日のお祝い品や、団体旅行者向けの土産物として人気を呼び、飛ぶように売れたそうです。

しかしブームは既に終焉(しゅうえん)を迎え、近年になって、独特の見た目に苦手意識を持つ人が増加。「地震で倒れやすい」とのイメージも災いし、人気低迷にあえぐようになります。

そんな中、2008年に発生した宮城・岩手内陸地震をきっかけに、島貫さんは防災グッズとしての活用を思いつきました。

「頭の中にあったのは、『世間でこけしが忘れ去られてしまう』という危機感です。平時にも有事にも役立つものであれば、その存在を意識してもらうことができる。震度1~2程度の揺れなら耐えられる事実も伝えたくて、実現に動きました」

通常、こけしの胴体は円筒形に作られます。一方で明かりこけしの場合、内部にLEDライトや、角度検知のためのセンサーを設置しなければなりません。このような事情から、内側に穴を掘る技術を持つ工人(こうじん=こけし職人)に、協力を求めました。

同社と付き合いがある東北一円の工人は、現在60人ほど。このうち宮城県在住で、十分な生産経験がある4人に製作を委託しています。またライトの関連機器は、横浜市の自動車部品メーカーから購入しているそうです。

こけしのしまぬきが製造・販売している「明かりこけし」。上から順に、鳴子系・弥治郎系・遠刈田系。それぞれ底部にLEDライトを備えている
こけしのしまぬきが製造・販売している「明かりこけし」。上から順に、鳴子系・弥治郎系・遠刈田系。それぞれ底部にLEDライトを備えている 出典: こけしのしまぬき提供

一人の職人が生み出す「手間の塊」

ところで、ツイッター経由で明かりこけしを知った人々の中には、その単価に注目する向きが少なくありません。確かに、いずれの種類も1本1万780円(税込み)となっており、容易に購入できる額ではないという印象です。

「この価格設定には、こけしならではの事情が関わっているんです」。島貫さんが語ります。一体、どういうことでしょうか?

明かりこけし作りは、複数の段階に分かれています。

まず、ミズキやイタヤカエデなどの木材を、丸太の状態で調達。使いやすい大きさに製材したら、乾燥します。その後、ろくろに載せて、全長八寸(約24センチ)ほどの人型に削り出し、墨や染料で彩色していきます。これらの作業を、一人の工人が担当するのです。

「正直、一日10本程度作れれば多い方だと思います。材料が工房にない場合は、確保するところから始めないといけません。全ての工程を経て、一本のこけしが完成するまで、長いと1年くらいかかることもあります」

「いわば、手間の塊みたいな存在なんです」

工人を巡っては、高齢化や担い手不足も手伝い、減産・廃業するケースが増えつつあるそうです。そのように生産管理の難しさを伴いつつも、丁寧に作られた明かりこけしは、人々の心の内を照らしてきました。

2011年の東日本大震災発生以降、被災地ボランティアや、お見舞いへのお礼の品として、地元民が購入する機会が急増。福島県に住む人々からの要望で、同県の温泉地にちなむ「土湯系」と呼ばれるこけしを、商品群に加えた時期もありました。

人気に応えるため、島貫さんたちは商品を改良し続けました。発売当初、乾電池2本で8時間が限界だった連続点灯時間を、50時間まで延長したのです。長期の停電時に使いやすくなり、実際の災害現場で、1週間ほど光り続けた例も報告されているといいます。

明かりこけしの製作風景。ろくろと呼ばれる道具の上に木材を載せ、刃物で人型に切り出していく
明かりこけしの製作風景。ろくろと呼ばれる道具の上に木材を載せ、刃物で人型に切り出していく 出典: こけしのしまぬき提供

「防災への意識、高く持つきっかけに」

今年2月の地震をきっかけに、明かりこけしの売り上げは大きく伸びました。数日のうちに、関東地方などから大量の注文が舞い込んだのです。

「通常なら日に1~2本売れると御の字。全く買ってもらえないこともあるだけに、想像を絶する状況です」と笑う島貫さん。そして「これを機に、防災について考え直してもらいたい」と付け加えました。

地震当日、同社が拠点を構える仙台市も、揺れに襲われました。店舗の建物に被害はなかったものの、室内に陳列してあった数百本のこけしが、ことごとく落下。社員総出で翌朝早くから出勤し、開店を2時間近く遅らせ、並べ直したそうです。

2月14日の店内の様子。前日夜の地震の揺れで、陳列されていたこけしの多くが倒れてしまっている
2月14日の店内の様子。前日夜の地震の揺れで、陳列されていたこけしの多くが倒れてしまっている 出典: こけしのしまぬき提供

「今回の地震で、多くの人々が津波に備えたと思います。こうした意識は、東日本大震災が起きた10年前の時点では、まだまだ希薄でした。災害時の状況について、常に想定しておけば、万一の場合にも対処することができるはずです」

「防災や減災への意識を、いつも高く持っておく。そのきっかけとして、明かりこけしを生かして頂けたら、うれしく思います」

その上で、島貫さんは次のようにも語りました。

「こけしは元々、子どものおもちゃとして親しまれました。その後、観賞用の民芸品との認識が広がったように、時代に合った性格付けがなされてきた、という経緯があります。今後、どう進化していくか、ぜひ楽しみにして頂きたいですね」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます