MENU CLOSE

連載

#53 漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

狙いにいったマンガが不評、「数字が伸びない…」 彼氏の言葉に涙

ガッカリだ!

あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より

目次

「わけわかめ」「冗談はよしこさん」……懐かしいギャグが大好きな彼女と、それをあたたかく見守る彼氏。漫画家・あまいろさん(@tentijin11)が描く漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」がツイッターで人気です。バズを狙った由香ちゃんの作品、評価は…。
【PR】朝刊が届くまでの険しい旅路、新聞印刷の毎日はこんなにスリリングだ
漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

増え続ける数字に感じたのは

あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」の主人公は引っ込み思案な大学生の由香ちゃん。「ばっちぐー」「わけわかめ」など昭和のギャグをこよなく愛するという天真爛漫な一面もあります。

由香ちゃんを優しく見守っているのは、彼女のすべてを受け入れる彼氏・野田くんです。こんな2人のやりとりに「癒やされる」と、これまでの物語をまとめたツイートは2.7万回以上リツイートされ、いいねは11.7万件以上集まっています。

大学で由香ちゃんに出来た友だち「ちえみちゃん」と、野田くんに思いを寄せていた「浅香さん」も加わり、2人の日常にも騒がしくなってきました。そこに新たに現れたのは、野田くんの友だちのお姉さん「真紀さん」です。
一度バズッた感覚をもう一度味わいたくて、由香ちゃんはバズを狙いに描きたいわけではない「百合」のジャンルに踏み込みます。

「百合漫画を描いたものの正直よくわからない」と言いつつ、「でもこれが人気ジャンルなんだからきっとバズるわ」と勢いで投稿する由香ちゃん。

しかし数字は思うように伸びません。

デートを途中で切り上げられてしまった野田くんも、街角でひとり、由香ちゃんのSNSをのぞき新作を読みますが、「これがデートを中断して描いたものなのか?」と夜空を見上げます。

前回バズッた漫画をリツイートしたフォロワー数13万人の大山みちるさんも投稿を見ますが、「バズを狙いにいったか、そうじゃないでしょうユカ」「ガッカリだ!」。

 
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
あまいろさんの「すべてを肯定してくれる彼氏」より
そんな由香ちゃんの元に現れた野田くん。
「なんだこのマンガは」とただならぬ雰囲気でスマホを指さします。
「これは本当に君が描きたかったものなのか?」

その言葉に由香ちゃんは「描きたいとかそういうんじゃない!」「このジャンルが人気で、バズりやすいから描いたの!」とすごい剣幕です。
でも野田くんも「なんでそうなるんだ!描きたいものを描けよ!」。負けじと言い返すのでした。

そして、こう続けます。
「それが創作ってもんだと僕は思う」

その言葉を聞き、冷静さを取り戻した由香ちゃんはポロリと涙をこぼし「うん…私まちがってた…」。

アウトプットしすぎると…

描きたいものだけを描ければ幸せ、でも現実はどうなんでしょうか。毎日ツイッターにマンガを投稿し続けているあまいろさんにも、「創作って難しい」と感じることはあるのでしょうか。聞きました。

マンガを描くとき、まったく何もアイデアが浮かんでこないときがあります。
こういう時はいくら考えてもアイデアは出てきません。
 
この状態が一番苦しい。
作画も大変ですが、作画は描いていればいつか終わります。
でも最初のアイデア出しでつまずくと、いつまでたってもマンガは完成しません。 
気ばかりあせっちゃって余計なにも考えられないという悪循環に陥ったりします。
 
この原因はたぶん、アウトプットのしすぎで頭の中がすっからかんになってるからだと思ってます。
 
なのでこうならないよう意識して映画やマンガなどを普段から読むようにしています。

【次回予告】
自分を取り戻した由香ちゃん、その創作風景は…?(次回は2月9日配信予定)

     ◇

withnewsでは、あまいろさんの漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」を原則週1回(火曜)配信していきます。これまでのエピソードとともに、込められた思いや制作の裏話をあまいろさんに綴ってもらいます。

<あまいろ>
漫画家。クスッと笑えるほっこりする作品を中心に、Twitterや漫画家コミュニティ「コミチ」などで漫画を発信中。「すべてを肯定してくれる彼氏」が話題。Twitterアカウントは@tentijin11

漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

連載 漫画「すべてを肯定してくれる彼氏」

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます