MENU CLOSE

連載

5347

#3 帰れない村

原発事故、避難させた先は…「『殺人罪』ではないか」亡き町長の怒り

水素爆発する東京電力福島第一原発1号機=2011年3月12日午後3時36分、福島中央テレビ提供
水素爆発する東京電力福島第一原発1号機=2011年3月12日午後3時36分、福島中央テレビ提供

目次

帰れない村
東日本大震災から間もなく10年。福島県には住民がまだ1人も帰れない「村」がある。原発から20~30キロ離れた「旧津島村」(浪江町)。原発事故で散り散りになった住民たちの10年を訪ねる。(朝日新聞南相馬支局・三浦英之)

被害対応に追われた震災当日の夜

「原発が危険な状況に陥っているなんて、夢にも思いませんでした」

2018年4月、福島県浪江町の馬場有町長(当時69)は、私の取材にせき込みながら答えた。胃がんで他界する、約2カ月半前のことだった。

東日本大震災が発生した2011年3月11日、浪江町沿岸部には大津波が押し寄せた。町役場はその夜、津波や地震の被害への対応に追われた。

町役場は原発から北に約8キロ。停電が続き、携帯電話もつながらない。国や福島県、東京電力からは情報が一切寄せられなかった。

自宅で取材に応じる馬場有・浪江町長。この約2カ月半後に胃がんで死去した=2018年4月、福島県浪江町、三浦英之撮影
自宅で取材に応じる馬場有・浪江町長。この約2カ月半後に胃がんで死去した=2018年4月、福島県浪江町、三浦英之撮影

「まさか原発が」

原発が危機的な状況に陥っていると知ったのは、一夜明けた3月12日午前5時44分。椅子で仮眠を取っていた馬場町長が目を覚まし、発電機で視聴可能になったテレビの画面を偶然見たとき、政府が第一原発から半径10キロに避難指示を出したことを知った。

「まさか原発が」。10キロ圏内には町民の約8割、約1万6千人が暮らしている。すぐさま災害対策会議を開き、原発から20キロ以上離れた町西部の旧津島村に避難することを決めた。

午前8時40分、3台のバスによる町民の輸送が始まった。馬場町長が町役場を離れた直後の午後3時36分、南東で原発の1号機が水素爆発する音を聞いた。まるでジェット機が墜落したような音だった。

水素爆発する東京電力福島第一原発1号機=2011年3月12日午後3時36分、福島中央テレビ提供
水素爆発する東京電力福島第一原発1号機=2011年3月12日午後3時36分、福島中央テレビ提供

伝えられなかった放射能の汚染予測

避難先となった旧津島村には約8千人が身を寄せていた。近隣の住民が総出で炊き出しや避難者の世話に当たっていた。

そこで翌日夕、防護服を着て周辺で放射線量を測定している男たちを目撃する。「町民が怖がるので、やめてもらえませんか」と申し入れても、聞き入れてもらえなかった。

「もしかすると、この地域はすでに放射能で汚染されているのではないか」

予感は半ば的中していた。事故で発生した放射性プルーム(雲)は原発から旧津島村がある北西方向に流れた。馬場町長は結果的に住民を放射線量の高くなる地域へと避難させてしまっていたのだ。

町中心部から避難する車で渋滞する国道114号=2011年3月12日午後1時47分、福島県浪江町、浪江町提供
町中心部から避難する車で渋滞する国道114号=2011年3月12日午後1時47分、福島県浪江町、浪江町提供

国所管の「SPEEDI」(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)は、放射性物質が北西に飛散することを事前に予測していた。しかし国は結果を浪江町には伝えず、福島県も結果をメールで受け取っていながら、伝えなかった。

馬場町長は5月、福島県の担当者が拡散予測を浪江町に伝えなかった事実を報告しに来たとき、泣きながら謝る担当者にこう詰め寄った。

「放射能の汚染予測がわかっていたら、町民を津島には逃がさなかった。あなた方の行為は『殺人罪』にあたるのではないですか」

 

東京電力福島第一原発の事故後、全域が帰還困難区域になった福島県浪江町の「旧津島村」(現・津島地区)。原発事故で散り散りになった住民たちを南相馬支局の三浦英之記者が訪ね歩くルポ「帰れない村 福島・旧津島村の10年」。毎週水曜日の配信予定です。

三浦英之 2000年、朝日新聞に入社。南三陸駐在、アフリカ特派員などを経て、現在、南相馬支局員。『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』で第13回開高健ノンフィクション賞、『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』(布施祐仁氏との共著)で第18回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』で第25回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

南相馬支局員として、原発被災地の取材を続ける三浦英之記者
南相馬支局員として、原発被災地の取材を続ける三浦英之記者

連載 帰れない村

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます