MENU CLOSE

連載

1347

匿名希望さんからの取材リクエスト

小説家の結来月ひろはさんの学生時代を知りたいです。



#177 #withyou ~きみとともに~

「ボカロ小説」結来月ひろはさんが明かす「普通じゃない」学校生活

結来月ひろはさん作の小説「イナイイナイ依存症」と「マネマネサイコトロピック」
結来月ひろはさん作の小説「イナイイナイ依存症」と「マネマネサイコトロピック」

目次

取材リクエスト内容

押見さんの記事を読み、ぜひ小説家の「結来月ひろはさん」の取材もしてほしいと思い、リクエストを送りました。結来月さんはノベライズの中で、いじめや学校生活の影の部分を繊細に執筆されていて、あとがきに「どう書くか悩んだ」と書かれていて、とても真摯にそうした場面をネタとしてではなく向き合って書いてくれたのだと感動しました。この人がどんな思いで書いたのか、学生時代に何を考えていたのかを、ぜひ知りたいですし、押見さんと似ているのかなと勝手ながら思いました。売れている人や有名な人ではないのですが、真摯に向き合われている人に報われてほしいです。よろしくお願いします。 匿名希望

記者がお答えします!

ボーカロイド曲の世界観をベースとした小説、所謂「ボカロ小説」を手がける結来月(ゆくづき)ひろはさんは、楽曲制作者・かいりきベアによるオリジナル楽曲「イナイイナイ依存症」と「マネマネサイコトロピック」を小説化しました。いずれも舞台は学校。いじめの描写だったり、登場人物が「本当の自分とは?」と悩んだりする心情が繊細に描かれています。実は結来月さん、いじめられた過去があります。支えてくれたのは祖父母の一言、そしてライトノベルでした。「普通」に悩んだ学生時代から、自分を肯定できるようになった現在までを聞きました。

【アンケート】あなたの生きづらさ、聞かせてもらえませんか。集まった声も読めます。
「イナイイナイ依存症」の元になった、かいりきベアによる同名のボーカロイド曲 出典: youtubeより

罵詈雑言飛び交う教室で

結来月さんは京都出身で、小中高校と、地元の学校に通いました。アトピーによる肌荒れがあり、幼い頃から「容姿についていじめられることがあった」と打ち明けます。
高校時代は、クラス全体の雰囲気が良くなく、「罵詈雑言が飛び交う中で過ごしてきた」と話します。雰囲気になじめず、教室の片隅で一人本を読んでしのぐ日々。「いかに今日を乗り切るか」という気持ちで過ごしていました。

「あなたは間違ってない」

でも、結来月さんには、家に帰ると味方がいました。同居していた祖父母です。
その日あった、良かったことも悪かったことも、すべて話していたといいます。「祖父母は、いじめられていることを『情けない』なんて言わなかった。『あなたは間違っていない』と言ってくれたんです」

その一言に「救われた」と話す結来月さん。もう一つの支えはライトノベルでした。

「ライトノベルと初めて出会ったのは小学6年生のときです」。平安時代を舞台にした「なんて素敵にジャパネスク」が、立ち寄った書店の目立つ場所にあり、思わず手に取りました。
元々読書は好きでしたが、「ラノベは挿絵が漫画で、びっくりしたし感動した」と話します。「本って、子ども向けと大人向けと分かれてしまっているように感じていましたが、『真ん中』に初めて出会った」。
その頃から本、特にライトノベルへの関心が深まっていきました。
「いま思うと、『普通の学生生活』は諦めていたけど、本を読むことと書くことだけは諦めなかったんですよね」

そして結来月さんは大学に進学。大好きな文学を学ぶため、文学部を選びました。「いろんな場所から人が来て、周りの環境が変わりました」と話しますが、一方で新たな苦しみと向き合うことにもなったといいます。

「みんな、高校まで『普通』の学校生活を送ってきていました。その話を聞くと、私には高校生活での友達もいなかったし、話したい思い出もない。自分の学校生活が『普通』じゃなかったんだと実感してしまったんです」

新学期が始まる9月1日が誕生日の結来月さん。「お祝いする日なのに、新学期が始まる憂鬱な気持ちが周りにも自分にもあってつらかった」と話す。
新学期が始まる9月1日が誕生日の結来月さん。「お祝いする日なのに、新学期が始まる憂鬱な気持ちが周りにも自分にもあってつらかった」と話す。

読者からの感想で肯定できた

転機になったのは小説を書くようになってからです。

2017年に電子書籍でリリースされた「イナイイナイ依存症」では、ある生徒が教室に来るか来ないかで、その生徒以外が盛り上がる場面があります。

それは、実際、結来月さんが学生時代にインフルエンザで学校を休み、再登校したときに自分が経験した空気感でもありました。「久しぶりに教室に入ると、『不登校になったかと思った』と言われたんです。そのときの暗くなった気持ちが小説に生かせた」

「小説は小説なので、自己投影とは違う。自己投影になってはいけない」と思う一方で、読者から「キャラクターの気持ちが理解できる」と感想が来た時に「あの経験は無駄じゃなかったんだ、と漠然と思うことができたんですよね」

結来月さんの担当編集者・PHP研究所の小野くるみさんによると、結来月さんの作品の主な読者は中高生だと言います。お小遣いで買ってくれるような子も多いといい、出版社に届く感想には「描写に共感した」というものが多いといいます。

担当編集者の小野さん(奥)と話す結来月さん
担当編集者の小野さん(奥)と話す結来月さん

「大事」「好き」、どうか諦めないで

30代前半の結来月さんですが、自分を少しずつ肯定できるようになったのは最近のことだといいます。
「最近になってようやく、あのときよく頑張ったな、自分なりになんとかしようとしていたんだ、と思えるようになったんです」


結来月さんには、ボカロ小説以外のジャンルの著作もあり、著者の一人としてショートショートを書き下ろしている最新刊『ラストで君は「まさか!」と言う 真夜中の動物園』(11月29日発売)では、動物にまつわるショートストーリーを描いています。

「これから自分で予想していなかった作品を書くこともあるかもしれないし、それによって伝えたいことも変わっていきます」と結来月さん。「ただ、いつか、私と同じような経験をしている読者に『わかってくれる人はきっといる』という想いを届けることができる作品を書きたい」と語ります。

「つらい思いや経験の中で、諦めたことや諦めなければいけなかったことがあるかもしれません。それでも自分にとって『大事にしたいと思うこと』や『好きなこと』は、どうか諦めないでほしい」とメッセージを寄せてくれました。
 
【アンケート】あなたの生きづらさ、聞かせてもらえませんか。集まった声も読めます。

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト
 

withnewsでは、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou ~きみとともに~」を続けています。
 


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く

連載 #withyou ~きみとともに~

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます