close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2019年08月31日

人はなぜコミケに行くのか? 売り子になって見えた「多様性の宝箱」


  • 12446

コミックマーケットの会場・東京ビッグサイト。ファンにとって「聖地」とされ、会期中は多くの参加者でにぎわいます。何が、そこまで人をひきつけるのか?記者が現地で取材しました。

コミックマーケットの会場・東京ビッグサイト。ファンにとって「聖地」とされ、会期中は多くの参加者でにぎわいます。何が、そこまで人をひきつけるのか?記者が現地で取材しました。

出典: コミックマーケット準備会提供

最新ニュースを受け取る

国内最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」。今月9~12日の会期中には、史上最多となる計約73万人が訪れました。人はなぜ、コミケに行くのか? その答えが知りたくなった記者は、まる一日売り子となって、会場の雰囲気にどっぷりつかってみることに。イベントを通じてつながる人の輪。参加者ごとに異なる、アニメの好みや同人誌のタイプ。そこは、様々な違いを持つ人々を受け止める、「多様性の宝箱」でした。(withnews編集部・神戸郁人)

まるで宝探しのようなひととき

コミケといえば、今やメディアでも大きく取り上げられる、一大イベントです。近年は夏と冬に開かれることが多く、それぞれ「夏コミ」「冬コミ」と呼ばれています。コミックマーケット準備会によると、1975年に始まり、今夏で96回目を迎えました。

記者(30)も、中学時代から、このイベントに魅了されてきた一人です。そのコミケとの出会いは、15年以上前にまでさかのぼります。当時の私は、「あずまんが大王」や「天地無用!」といったアニメ・漫画が大好きな少年。インターネット上の掲示版を訪れては、ファン同士で交流していました。

そして中学2年の夏、掲示版で知り合った仲間と「初参戦」することに。始発電車で、会場である東京ビッグサイト(東京都江東区)に到着したときの興奮は、今も忘れられません。

2013年に開かれた「冬コミ」の様子

2013年に開かれた「冬コミ」の様子

出典: 朝日新聞

広大なフロアを埋め尽くす、数百ものサークル。あちこちでうごめく、真っ黒な人の波……。その光景に圧倒されながら、お目当ての冊子を買い求め、構内を右へ、左へ。まるで宝探しのような、本当に楽しいひとときを過ごしました。

以来、断続的に足を運び、気づけば三十路。コミケという催しを形作る人々の思いを、もっと深く知りたい。そんな気持ちが強まり、取材を思い立ちました。

開始の合図で、喜びがぱっと花開いた

2019年8月10日。蝉(せみ)時雨が響く、真夏のビッグサイト。午前9時過ぎ、建物前に着くと、既に多くの参加者たちが整列していました。その長さは、数百メートル以上離れた橋にまで及んでいます。誰もが、約1時間後の開場を待ちきれないといった様子です。

会場前には、参加者が長い列をなしていた

会場前には、参加者が長い列をなしていた

行列を脇目に、取材受付を済ませて会場内へ。今回、売り子としてお世話になる「丈屋(たけや)工房」のサークル席に向かうと、メンバーの皆さんが笑顔で迎えてくれました。

サークル主のふぁんどりぃさん(27・ツイッター:@FANDORY_1923)は、コミケへのサークル参加歴が9年というベテランです。2年ほど前からは、人気アニメ「けものフレンズ(けもフレ)」シリーズの二次創作小説などを手がけています。「分からないことがあれば、何でも聞いてくださいね」。優しい声かけに、心強さを覚えました。

「ただいまより、コミックマーケット96を開始致します!」。午前10時、館内放送が流れると、会場が万雷の拍手に包まれました。参加者たちの喜びが、ぱっと花開いたようで、何だかわくわくしてきます。いざ、イベントのスタートです。

「設営&撤収マニュアル」という小冊子

この日、ふぁんどりぃさんが持参した著書は、新刊3種類・既刊4種類。開始から程なくして、お客さんが入れ替わり立ち替わりやってきました。表紙に「けもフレ」のキャラクターが描かれた小説を始め、次々と本が売れていきます。

そのラインナップ中、ひときわ異彩を放つ一冊がありました。その名も「F氏の設営&撤収マニュアル2019(プレ版)」という小冊子。F氏とは、ふぁんどりぃさんのことです。

ふぁんどりぃさん作「F氏の設営&撤収マニュアル2019(プレ版)」。「キミもジャンキーになろう!」という煽り文句がすがすがしい

ふぁんどりぃさん作「F氏の設営&撤収マニュアル2019(プレ版)」。「キミもジャンキーになろう!」という煽り文句がすがすがしい

テーマは、コミケ会場にイスや机を並べる設営と、片付ける撤収作業。開会前日と最終日に、有志で行う作業です。ふぁんどりぃさんも、これまで10年間足を運んできたといいます。冊子には、自称「設営・撤収ジャンキー」として、これまでの経験をつづりました。

「作業中は、いすと机を、メーカーや持ち込み業者ごとに分けていきます。現場で出会い、顔見知りになった参加者同士で声を掛け合い、『バケツリレー方式』で運ぶ時間が楽しかったので、今も参加しています。そのように、ゼロからイベントをつくっていく面白さを、まとめたいと思ったんです」

更に中身を充実させ、来年春に実施される次回のコミケで「完全版」を頒布したい、と話すふぁんどりぃさん。まるで文化祭を楽しむ学生のように、屈託の無い笑顔です。その熱量に触れ、何だかこちらまで胸が高鳴ってきました。

「丈屋工房」のサークル席の様子。二次創作小説や漫画が並ぶ

「丈屋工房」のサークル席の様子。二次創作小説や漫画が並ぶ

同人誌差し入れも…もはや「同窓会」

サークル席に座っていると、訪れる人の多くが、メンバーの友人や知人であることに気づきます。一時間当たりで数えれば、全体の半分以上を占めていたでしょうか。いわゆる「一見(いちげん)さん」がほとんどと予想していた私には、少し意外でした。

「毎回、創作仲間や、学生時代の友人が来てくれるんです。普段は忙しくて、なかなか顔を合わせられない人とも、この場でなら再会出来る。もはや『同窓会』のような感じですね」。ふぁんどりぃさんが笑います。

お客さんの中には、「暑いからのどを潤して」と飲み物を差し入れる人も。自作の同人誌を持参するケースまであり、コミケならではの光景に、思わず心動かされました。こうした優しいやり取りも、多くの人々を引き寄せる魅力なのかもしれません。

原作の世界観を広げ、共有する面白さ

昼過ぎ。客足が落ち着いてきた頃、サークル席で出会ったKyokoさん(26・ツイッター:@wm3am)と、昼食をとりながら談笑しました。

和歌山県在住で、公務員として働くKyokoさん。大学時代、漫画制作同好会を立ち上げたことが縁で、3年ほど前から参加しているそうです。今回は「けもフレ」がモチーフの漫画などを、委託販売するため上京したといいます。

Kyokoさんが手がけた「けものフレンズ」の同人誌

Kyokoさんが手がけた「けものフレンズ」の同人誌

本の作り手として関わる人々は、コミケや二次創作に、どのような引力を見いだしたのだろう? 私は素朴な疑問をぶつけてみました。

「コミケについて言えば、大好きな漫画やアニメの『続き』を見せてくれる点ですね。人の数だけ、望ましい物語の展開や結末がある。それらが一挙に集まるところに、面白みを感じます」

「そして二次創作は、自分の価値観を見つめ直す行為でもあります。原作の設定を生かしつつ、ストーリーを考える。その過程で『どんなシーンなら涙を流せるか』といったことを確認するんです。そうして形になったものが、誰かに認められるって、うれしくないですか?」

持ち込んだ「けもフレ」の冊子は、昨冬から同年末まで、約10カ月かけ描きためてきた漫画の総集編。高校生の頃から親しんできたという、仏教的な考え方で、原作を読み解く内容なのだそうです。購入者たちは「今から続きが楽しみ」と、Kyokoさんに話し掛けていました。

さながら売れっ子漫画家といったおもむきながら、「私は元々ある世界観を広げただけ」と、あくまで控えめです。

「自分の思う作品の魅力を、みんなで共有する。そして、一緒に笑ったり、感動したりしたい。イベントに参加する動機は、結局のところ、そこに尽きると思っています」。その言葉は、コミケを愛する人々の原点を、言い表しているように感じられました。

ふぁんどりぃさん(左)と、Kyokoさん。2人とも頼りがいのあるイケメンだ(画像を加工しています)

ふぁんどりぃさん(左)と、Kyokoさん。2人とも頼りがいのあるイケメンだ(画像を加工しています)

「好き」を尊重し合える雰囲気

ところで、コミケの見どころは、同人誌だけではありません。全国から集うコスプレイヤーたちも、無くてはならない存在です。空き時間を利用し、話を聞きました。

建物外のコスプレエリアにいたのは、アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のキャラクター「レム」「ラム」の格好をした、めりぃさん、めぐぴすさんです。

コスプレイヤーのめりぃさん(左)とめぐぴすさん

コスプレイヤーのめりぃさん(左)とめぐぴすさん

二人は炎天下でも涼しい顔で、カメラマンに向かってポーズをとっています。数分歩いただけで、滝のような汗を流す私とは大違い……!

対策を尋ねてみると、ウィッグ(おしゃれ用かつら)の下に、熱や汗を吸い取るシートを貼っているのだそうです。「たまたま、ツイッター経由で商品を知りました。これがないと、結構やばいんですよ……」。めりぃさんが苦笑します。

ツイッターで見つけたという、熱や汗の吸収シート。一人一人、様々な暑さ対策を施している

ツイッターで見つけたという、熱や汗の吸収シート。一人一人、様々な暑さ対策を施している

そこまでして参加する理由は? めぐぴすさんが、にこやかに答えてくれました。「やっぱり、仲間と会えること。SNSだけでつながっているレイヤーさんと、実際に話せるのが、特に楽しいんです」

別のコスプレイヤーの男性は、コミケの良さについて、こう教えてくれました。「この場所には、試行錯誤しながら自己表現したい人や、新しい創作物を得たいという人など、色々な動機を持った参加者が集まります。その雰囲気が、すごく好きです」

こうした思いは、米国から初参加した、ランドン・メディアビラさん(22)も共有していました。今回、「ワンピース」の「ウソップ」を演じていたランドンさん。母国で30回以上、コスプレ大会に参加した経験を踏まえ、次のように話します。

「コミケは、これまで足を運んだ、どのイベントより大規模。でも本当によく組織されています。多様な背景を持つ人々が集い、それぞれの『好き』という気持ちを尊重し合っているからでしょうね。僕自身も受け入れてもらっている感覚があり、うれしく思います」

ランドン・メディアビラさん。夕方の撮影時は、左側の格好だった。右側は「午前中はこんな衣装を着ていました」と見せてくれたスマートフォン画面

ランドン・メディアビラさん。夕方の撮影時は、左側の格好だった。右側は「午前中はこんな衣装を着ていました」と見せてくれたスマートフォン画面

コミケ、それは「違い」を柔らかく受け止める空間

取材を終えた後、一般サークルの展示場を回ってみました。おすすめしたいコンビニ飯の紹介本を、机いっぱいに並べる人。手帳の使い方指南書を頒布する人……。参加者それぞれにとっての「好き」の結晶が、そこかしこにあふれていました。

コミケは一般に、アニメや漫画のみの祭典と思われがちです。しかし実際に訪れてみると、少し違った眺めが見えてきます。コスプレイヤーのランドンさんが口にした、「多様な背景を持つ人々の集団」という言葉の意味を、しみじみと実感しました。

この裾野の広さこそが、実はファンをひきつけてやまない、一番の理由なのではないでしょうか。

会場内の様子。黒々とした人だかりが、あちこちにできていた

会場内の様子。黒々とした人だかりが、あちこちにできていた

準備会は、コミケを「全ての参加者の相互協力によって運営される『場』」と定義しています。記者の私もまた、その「場」をつくる一員だったのかもしれない――。そう考えると、会場で出会った人々が、温かく接してくれた理由も、腹落ちするようです。

立場を超え、純粋な気持ちだけで、誰かとつながる。そのためには、他者の価値観へのリスペクトが欠かせません。

興味を持つ対象は、人それぞれ。愛情の注ぎ方も異なります。コミケとは、こうした「違い」を柔らかく受け止める空間である。現地に赴き、私はそう感じました。

好きなものを、全力で好きと叫ぶことが出来る。そして、その叫びが人を呼び寄せ、大きな輪となっていく。コミケの本質とは、そんな点にある気がします。かつて「宝探し」を楽しんだ場所で、また新たな「宝物」を得られた一日でした。

会場付近は、夕暮れ時になっても、人の波が絶えなかった(画像を加工しています)

会場付近は、夕暮れ時になっても、人の波が絶えなかった(画像を加工しています)

美男美女、麗しのコスプレイヤーたち あなたの「推し」キャラも?
前へ
「新世紀エヴァンゲリオン」の「惣流・アスカ・ラングレー」を演じる、さのすけさん(右・ツイッター:@sanosuke0803)たち
次へ
1/16
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Twitterで話題「#アレクモールドチャレンジ」商品開発の経緯は?
Q&A
もっと、するっと「不登校」になればいい ...
もっと、するっと「不登校」になればいい ...
クマムシ研究して約20年…「何の役に立つの?...
クマムシ研究して約20年…「何の役に立つの?...
ゆうたろうさん、マスクなしで外出できなかった過去「いいね」救いに
ゆうたろうさん、マスクなしで外出できなかった過去「いいね」救いに
笑福亭鶴瓶に聞く 漫画家のように一人で深められるのが落語の魅力
笑福亭鶴瓶に聞く 漫画家のように一人で深められるのが落語の魅力
PR
あの夜、故郷で日本軍は何をした? 職を捨てて追う「マレー作戦」
あの夜、故郷で日本軍は何をした? 職を捨てて追う「マレー作戦」
37年勤めて送別会すら開かれなかった……夜廻り猫が描く嫌われ者
37年勤めて送別会すら開かれなかった……夜廻り猫が描く嫌われ者
「幸せに病める世界を」メンヘラテクノロジ...
「幸せに病める世界を」メンヘラテクノロジ...
思わず目が合う「ししゃもパン」 新千歳空港の逸品 もちろん子持ち
思わず目が合う「ししゃもパン」 新千歳空港の逸品 もちろん子持ち
「札幌―釧路」は「東京―名古屋」と同じ? 新千歳空港駅地図が話題
「札幌―釧路」は「東京―名古屋」と同じ? 新千歳空港駅地図が話題
愚痴る相手いない夫のぼやき……「パパ友いない」父親の孤独を考える
愚痴る相手いない夫のぼやき……「パパ友いない」父親の孤独を考える
人に指差された顔…それでも街を歩きたい 偏見残る社会に望むこと
人に指差された顔…それでも街を歩きたい 偏見残る社会に望むこと

人気

もっと見る