閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年09月29日

「パパ、絵本読んで」言わなくなった娘、夜廻り猫が描く思いやり

  • 58081

 「子育てのために生きていたのに、子育てする余裕がなかった…」。妻が出て行った後に引きこもり状態になった娘の子育てを、男性が「何か大切なことを教えそびれたんだ」と振り返ります。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが「思いやり」を描きました。

余裕なく「大事なことを教えそびれた」

 心の涙の匂いをかぎつける、猫の遠藤平蔵。お店の前で男性に声をかけました。「そこなおまいさん、泣いておるな? 心で」

 店の片付けを終えて家に帰る道すがら、男性は娘について話し始めます。

 妻が出て行ったあとは二人暮らし。自分の仕事を探すのに精いっぱいで、「パパ」とうれしそうに絵本を持ってきた娘は、何も言わずに「…げんき?」とだけ言います。

 気づけば、大きくなった娘は学校を辞めて、ずっと家にいるようになりました。男性は「俺は何か大切なことを教えそびれたんだ」と悔やみます。

 今は、仕事帰りに娘のスイーツを買って帰ります。

 「娘にやるとね、半分わけてくれるんだ」。そう言ってほほえみながら、遠藤たちにも「ついでだ」とおにぎりを手渡す男性。遠藤は「誰だって笑って暮らせますように」と願うのでした。

お父さんを思っての我慢 子どもでも

 作者の深谷かほるさんは「誰かを思いやること」を描いたといいます。

 女の子は、一緒に絵本を読んでほしくて、お父さんのところにやって来ます。ただ、振り返ったお父さんは見るからに余裕がなさそうです。
 深谷さんは「それに気づいて、同じ家の中にいる相手に言うには、ちょっとおかしな『げんき?』と言って去っていったんです」と話します。

 「子どもでも、そんな風に『黙って我慢する』『黙って思いやる』ことがあると思います。子ども以外の人でも、もちろん。人のそういうところが、私はいとしいです」

【マンガ「夜廻り猫」】
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受けた。単行本4巻(講談社)が7月23日に発売。黒猫のマリとともに暮らす。

夜廻り猫が描く思いやり
前へ
次へ
1/27
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る