閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年08月17日

「自分がわからない」のはあなたのせいじゃない 高校生に届ける授業

  • 18667

認定NPO法人カタリバの小野寺綾(りょう)さん

認定NPO法人カタリバの小野寺綾(りょう)さん

 若いうちは大人の言うことを聞きなさい。でも将来は自分のやりことを自分で見つけなさい――「それって無理じゃない?」。10代のそんなモヤモヤを解きほぐすため、認定NPO法人「カタリバ」は大学生が生徒と語り合う活動を2001年から続けています。自分でもわからない、自分の気持ちを言葉にするため大事なのは「自分が共感できるものを探すこと」だと言います。1,300校をまわって22万人と話して見つけた「自分を理解するコツ」について聞きました。

【気持ちを表現する方法について様々な人に話を聞く、連載「表現しよう」。18日まで全6回でお届けします】

全部読めなくてもいいです、これだけ覚えておいて

【小野寺さんからのメッセージ@表現しよう】
・「自分がわからない」のはあなたのせいじゃない
・わからなくなったら「事実」から振り返ろう
「自分だけじゃない」共感できるものを探そう

「カタリ場」とは

 「カタリ場」とは、認定NPO法人カタリバが提供する、主に高校生を対象としたキャリア学習プログラムです。「キャスト」と呼ばれる大学生などのボランティアが学校に出張し、生徒ひとりひとりと対話。生徒の自己理解やこれを言語化したり、将来について考えたりすることを、サポートする授業です。

「カタリ場」の授業風景

「カタリ場」の授業風景

出典:認定NPO法人カタリバ提供

 2001年の設立から、これまで全国1,300校を超える学校で、累計22万人の生徒と語り合ってきました(2017年時点)。カタリ場事業部で、ジュニアマネージャーを務める小野寺綾(りょう)さん(26)は、カタリ場を「生徒がどんな価値観・人生観で生きていきたいかを、一緒に考える場」と話します。

意識してしまう、大人の「正解」

 なぜ、生徒に「カタリ」が必要なのでしょう?

 小野寺さんは「自分を知るためには、自分の考えていることを言ってもいい、という環境が重要」と言います。

認定NPO法人カタリバの小野寺綾(りょう)さん

認定NPO法人カタリバの小野寺綾(りょう)さん

 「子どもたちは『自分で考えて、主体的に行動するように』とよく言われていますよね。でも実際は、勉強や大学進学、あるいは社会のシステムに違和感を感じて訴えても、『言うことをききなさい』と言われるのを知っています。気付かぬうちに、大人が求める『正解』に沿うように動いている矛盾を抱えて、自分の気持ちを言えなくなってしまうのです」

 大人が意図していなくても、「『おかしいな』という気持ちに、蓋をされた経験があるのでは」と、小野寺さんは分析します。「就職活動で初めて自分と向き合い、苦悩する学生も少なくありません。でもそれは学生が悪いのではなく、環境がなかっただけなのです」

「カタリ場」では、生徒の考えを整理するために、対話しながら用意した教材に書き込んでいく(写真はサンプル)

「カタリ場」では、生徒の考えを整理するために、対話しながら用意した教材に書き込んでいく(写真はサンプル)

 生徒の気持ちを引き出しやすくするために、「生徒と『ナナメの関係』にいるキャストがいるのです」。

 「キャストは、先生や親という上下の関係や、友だちという横のつながりでもなく、生徒との利害関係がありません。『自分の価値観を否定されない』という環境を担保することを大切にしています」

事実から、自分の価値観を探る

 ただ一言で「自己理解」と言っても、「自分が何がしたいのかわからない」「何を感じているかわからない」という生徒も、多いのではないでしょうか。

 「そういった生徒も、もちろんいる」と小野寺さんは話します。

 キャストが心がけているのは、「事実・感情・思考」の順番。まずは「何の部活に入っていますか?」など、誰でも答えられる事実ベースの投げかけをします。運動部の部活であれば、「レギュラーなの?」。徐々に「レギュラーに選ばれたときはどんな気持ちになった?」など、生徒の感情を確認した上で、動機や考え方を紐解いていきます。

「カタリ場」の授業では、キャストが生徒ひとりひとりと対話し、言語化をサポートする

「カタリ場」の授業では、キャストが生徒ひとりひとりと対話し、言語化をサポートする

出典:認定NPO法人カタリバ提供

 生徒が詰まりやすいのは、「どう感じた?」「どうしてだと思う?」という質問。「そのときはキャストから、『私だったらこう思うけど、どうだろう?』と比較対象を示します。共感したり、否定したりする反応を見て、生徒の考えに近付いていきます」

 小野寺さんが生徒に伝えていることは、授業が終わっても「自問自答を続けてほしい」ということです。

 「事実・感情・思考を意識して、わからなくなったら自分に選択肢を提示してみる。人の考えに賛同するかしないかからでも始められると思います」

「自分だけじゃない」探そう

 では、身近にキャストがいない人はどうすればいいのでしょうか。

 「『当たり前だ』と思っている価値観を疑い、自分が共感できるものを探してみてください」

 「小説でも歌の歌詞でもいいです。『自分だけじゃないんだ』と思えるものを探してみてください。自問自答はしんどいときもあるけれど、この観点さえあれば、必要以上に自分を追いつめることはないと思うんです。共感できる種は、世界中にいくらでもあります」

「自分が共感できるものを探してほしい」と小野寺さんは話す

「自分が共感できるものを探してほしい」と小野寺さんは話す

 「言語化できれば、自分の味方をつくることにもつながります。『この人になら話してもいいかな』という人を、1人でも見つけてください。自分の居場所を、自分でつくれるような力をつちかっていってほしいです」(小野寺さん)

 

 withnewsは4月から、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou」を始めました。日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけて発信していきます。以下のツイートボタンで、みなさんの生きづらさも聞かせてください。


みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

 

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト

「やらなきゃ」ばかりで「やりたい」が判らん…大学院生が漫画に
前へ
Marinaさんが描いた漫画の一場面
次へ
1/24
前へ
次へ

もっと見る



あわせて読みたい

クイーン、もう一つの伝説ライブ……鉄のカーテンの奥で起きたこと
クイーン、もう一つの伝説ライブ……鉄のカーテンの奥で起きたこと
絶対ぶつからないボール? 8方向から16個が行き来、藝大卒展が話題
絶対ぶつからないボール? 8方向から16個が行き来、藝大卒展が話題
女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」
女性の障害者が語る「性の悩み」夜の生活「イマジネーションの世界」
NEW
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR
「お弁当温めますか?」って2時間かかるとは… イラスト作者に聞く
「お弁当温めますか?」って2時間かかるとは… イラスト作者に聞く
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ...
ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ...
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
「迷路」渋谷駅も攻略する乗換アプリ 「中...
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
ずっと草だと思ってた… 明治牛乳のパックに2つの謎、もう一つは?
ずっと草だと思ってた… 明治牛乳のパックに2つの謎、もう一つは?
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い

人気

もっと見る