閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年07月23日

「英語より重要」中国語ブームのカンボジア 両親の期待、9歳児に

  • 1383

中国語を勉強するジョム・ジャンリー君(右)と、仲良しの妹のジョム・スレイイーちゃん。年齢は4歳離れているが、誕生日は同じ=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

中国語を勉強するジョム・ジャンリー君(右)と、仲良しの妹のジョム・スレイイーちゃん。年齢は4歳離れているが、誕生日は同じ=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

 「カンボジアのチャイナタウン」と呼ばれる同国南西部の小さな観光地で、空前の中国語ブームが起きています。9歳の男の子、ジョム・ジャンリー君も勉強をする一人。お母さんは幼少期に両親を失って孤児となり、小学校も卒業できぬまま、働かざるをえませんでした。だからこそ、息子にはしっかり勉強してほしい。厳しい家計の中から授業料を捻出して、息子を応援しています。(朝日新聞広州支局長・益満雄一郎)

ここは中国? 思わず錯覚

カンボジアの小さな観光地で中国語を学ぶ9歳のジョム・ジャンリー君=益満雄一郎撮影

 私がジャンリー君と出会ったのは、カンボジア南西部シアヌークビルの中国語学校でした。学校の机はガタガタ。すきま風が入る粗末な建物でしたが、夕方になると、子どもや大人たちで満員になります。

ジャンリー君が通うシアヌークビルの中国語学校。庭には鶏が放し飼いにされていた=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

ジャンリー君が通うシアヌークビルの中国語学校。庭には鶏が放し飼いにされていた=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

 シアヌークビルはもともと旧宗主国フランスを始め、欧米人の観光地でした。

 大型船が接岸できるカンボジア唯一の深海港をもつ国際貿易の適地でもあるため、中国が近年、その重要性に着目。中国からの投資が相次ぎ、工場やカジノ、ホテルがたくさん建設されています。

シアヌークビルにあるカジノ。金色の外見が目立つ=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

シアヌークビルにあるカジノ。金色の外見が目立つ=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

 私が街を歩いていると、子どもたちから「ニーハオ」と声をかけられました。スーパーの店員も簡単な中国語を使って接客します。街は「酒店(ホテル)」や「餐庁(レストラン)」、「超市(スーパー)」など中国語の看板だらけ。

 ここは中国なのか。私は一瞬、そんな錯覚にとらわれました。

中国語の看板がかけられたレストラン=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

中国語の看板がかけられたレストラン=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

 ジャンリー君が中国語を学び始めたのは今年1月から。週に5回、「初級中国語コース」に通っています。「中国語の勉強は面白いね」。笑顔がこぼれます。

 最も小柄なジャンリー君は教室の最前列が指定席。取材に訪れた2月のある日、十二支を暗記するため、ほかの生徒と一緒に「猿」や「牛」などの中国語の単語を大きな声を出して読んでいました。

中国人の邸宅に住み込み

学校では、大人から子どもまで中国語を学ぶ。最前列の左から4人目がジャンリー君=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

学校では、大人から子どもまで中国語を学ぶ。最前列の左から4人目がジャンリー君=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

 ジャンリー君の自宅を訪ねました。学校から徒歩5分ほど。中国人が暮らす大きな邸宅の敷地の隅に、両親と妹の計4人で住み込んで生活しています。屋根はありますが、壁はなく、風や雨が吹きさらし。ベッドの上が、家族の唯一の生活空間です。

 トイレや風呂は中国人の許可を得て、室内に入り、使わせてもらっています。

中国人の邸宅の隅にあるジャンリー君一家の生活空間=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

中国人の邸宅の隅にあるジャンリー君一家の生活空間=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

 実はジャンリー君の両親は昨年夏、失業しました。それまで共に同じアパレル工場で働いていましたが、中国企業がカジノを建てることになり、工場が閉鎖されたためです。その後、家の掃除や門の開け閉めをする今の仕事をみつけました。

 月給は夫婦2人で250ドル(約2万8千円)。2人合わせても、シアヌークビルの一般的な1人分の給与水準の約半分しかありません。

孤児として育った母、壮絶な人生

ジャンリー君(右)の家族。左から母のオン・ジャンロドナーさん、妹のジョム・スレイイーちゃん、父のジョム・バオさん=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

ジャンリー君(右)の家族。左から母のオン・ジャンロドナーさん、妹のジョム・スレイイーちゃん、父のジョム・バオさん=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

 ジャンリー君が中国語を学ぶことになったのは、「中国語が話せれば就職に有利」と両親が考えたからです。

 母親のオン・ジャンロドナーさん(29)は2年間しか小学校に通えませんでした。父がエイズで亡くなり、アルコール中毒症だった母も前後して病死。兄2人とは生き別れとなり、自身は孤児になりました。他人の家の軒先で暮らしながら、廃品の中から再利用できる物を抜き出して換金する仕事をして、生き抜いてきました。

中国語の授業中、問題用紙を持ち上げて先生に見せるジャンリー君=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

中国語の授業中、問題用紙を持ち上げて先生に見せるジャンリー君=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

 ジャンリー君の中国語教室の授業料は毎月9ドル。両親からみれば、決して少なくはない金額だといいます。ジャンリー君ととても仲の良い妹のジョム・スレイイーちゃん(5)も中国語教室に通いたいとせがんでいます。

 しかし、ジャンロドナーさんは病気がち。ジャンリー君の父のジョム・バオさん(37)も稼ぎのよい仕事がなかなか見つからず、スレイイーちゃんの授業料を出す余裕がありません。

「英語より中国語のほうが重要」

中国資本が建設中の高層ビルの前を走行する工事車両=2018年2月9日、益満雄一郎撮影

中国資本が建設中の高層ビルの前を走行する工事車両=2018年2月9日、益満雄一郎撮影

 シアヌークビルでは、中国語を学びたいという人が急増しています。ホテルやレストランのスタッフの一般的な月給は300ドルですが、中国語を話せれば、月給が2倍に増えるためです。

 校長のオム・サマリーさんは断言します。「シアヌークビルでは英語よりも中国語のほうが重要です」。

中国語を教える高校生のオン・スィディエンさん。自身ももともとこの学校の生徒=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

中国語を教える高校生のオン・スィディエンさん。自身ももともとこの学校の生徒=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

 頭痛のタネは先生の不足です。生徒の急激な増加に先生の人数が追いつかないため、中国語教室で学んだ生徒の中から、中国語が上手な人を先生に指名。

 ジャンリー君に中国語を教えているのは、中国語を学んで1年あまりという女子高生のオン・スィディエンさんでした。

日本語学校は生徒が集まらず

中国語の授業を受けるジャンリー君(中央)=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

中国語の授業を受けるジャンリー君(中央)=2018年2月8日、益満雄一郎撮影

 一方、中国語ブームのあおりを受けたのが、外国人技能実習生として日本に3年間滞在した経歴を持ち、日本語を話せるドゥン・サムダさんです。シアヌークビルの旅行会社で働きながら、2月に日本語教室を開設しようとしました。

 しかし、生徒が集まらず、オープンできませんでした。サムダさん自身も今年から、仕事上有利だとして、中国語の勉強を始めました。

シアヌークビルにある中国系スーパー=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

シアヌークビルにある中国系スーパー=2018年2月11日、益満雄一郎撮影

 ただ、中国との関係が密接になるのは良い面ばかりではありません。中国人同士のトラブルで治安が悪化したり、道路が混雑したりするなどの問題も出ています。

 シアヌークビルのある住民は「マナーが悪い中国人の観光客もおり、本音では歓迎していません。だけどカンボジアのような貧しい国では、中国人に頼らざるをえない。仕方がないんです」。

夢は「警察官になって、悪い人を捕まえる」

 中国から押し寄せる圧倒的な投資や人の流れを受け、社会が大きく変わりつつあるカンボジアの小さな街で、ジャンリー君はたくましく生きていくことでしょう。夢は「警察官になって悪い人を捕まえること」です。

 そんな息子に対して、母のジャンロドナーさんは期待を寄せています。「私は貧しかったので小学校を途中でやめざるをえませんでした。せめて自分の子どもには、勉強をさせてあげたい」。

中国語を勉強するジョム・ジャンリー君(右)と妹のジョム・スレイイーちゃん=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

中国語を勉強するジョム・ジャンリー君(右)と妹のジョム・スレイイーちゃん=2018年2月10日、益満雄一郎撮影

 ジャンリー君はまだ中国語の勉強を始めたばかり。今回は中国語を話せるカンボジア人の通訳を介して会話しましたが、将来会うときは、通訳なしで会話できるほど上達していることでしょう。

 私は記者として就職してから中国語を本格的に勉強し、なんとか希望していた中国特派員になることができました。若いうちから外国語を勉強すれば、絶対に将来のチャンスは広がります。頑張れ、ジャンリー君!

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く


空前の中国語ブームに沸く「カンボジアのチャイナタウン」とは
前へ
シアヌークビルにある中国系スーパー=2018年2月11日、益満雄一郎撮影
次へ
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る