close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年12月19日

早大探検部、ロシアでの「サバイバル」が想像絶する過酷さだった…


  • 17786

ツンドラで出会ったトナカイの群れ=2017年8月28日

ツンドラで出会ったトナカイの群れ=2017年8月28日

出典: 早稲田大学探検部

最新ニュースを受け取る

 ロシアの、しかも、いまだ人が足を踏み入れていない山に登る。早稲田大学探検部「カムチャツカ遠征隊」は、今年8月、ロシア極東・カムチャツカの未踏峰登頂を果たしました。現地では、予期せぬトラブルが襲いました。顔中の穴という穴に入り込む羽虫。熊の気配におびえる野営。連日のハードワークに負けず、未踏峰へと歩を進めました。


装甲車での移動断念・サラバ食糧 トラブル続々

 8月4日に先発隊が東京を発ち、一行は飛行機、ヘリコプター、ホバークラフトを乗り継いで1週間かけてカムチャツカ半島を北上。本格的なスタート地点となるトナカイ遊牧民の村(アチャイバヤム)に着きました。

 ここから装甲車でツンドラを越え、70km先のベースキャンプに向かうハズが、突然、出発には村長の許可が必要だと告げられます。

 事前に、ロシア当局に入域申請はしていましたが「そんなの関係ない」状況。村人にとって、ツンドラは精の宿る聖地であり、外国人が入るのは一大事。村の決まりと言われれば、従うしかありません。4日後、許可は出ましたが、大幅なロス。おまけに、直前の大雨による水害で、装甲車が使えなくなる事態に。

ツンドラでの移動には装甲車を使う予定だった

ツンドラでの移動には装甲車を使う予定だった

出典: 早稲田大学探検部

 「このまま進めないかも」。不安になる隊員たち。幸いにもモーターボートを手配でき、川下りに切り替えます。しかし、1人30kg余りある荷物は乗せられず、綿密にカロリー計算した食糧を半分近く減らすことに。

 キャンプ生活に備え、米を我慢していた2年の吉田健一さん(19)は「楽しみがなくなった」とショック。2年の走出(そで)隆成副隊長(21)も「ツンドラで食べていけるのか」と不安がよぎりましたが、「早くフィールドに出たかったので、とりあえず前に進める、と前向きに考えました」。

 ようやくスタート。と思ったら、30kmほど進んだところで水位が低くなり、ボートが停止。ベースキャンプまで40kmを残し、突然、ツンドラでのサバイバル生活が始まったのです。

モーターボートに乗らず置いていくことになった食糧=2017年8月16日

モーターボートに乗らず置いていくことになった食糧=2017年8月16日

出典: 早稲田大学探検部

沼・虫・熊 ツンドラでのサバイバル生活

 「木のないところ」を意味するツンドラ。その名の通り、見渡す限り木一本、一切の凹凸もなく、目の前には空と雲が全面に広がっていました。「先に進めるか」という不安から解放され、「歩いた分だけ、目標に近づける」と無心で歩を進めます。

 しかし、膝まで浸かる沼地に苦戦。左足を抜こうと、踏ん張った右足も「ズボッ」。30kg近い荷物のせいで、地力では上がれません。トレッキングシューズ(2kg)は役に立たず、サンダルが緊急登板。結局、初日は20km進む予定が5km止まりに。

サンダルで沼地を進む隊員たち=2017年8月17日

サンダルで沼地を進む隊員たち=2017年8月17日

出典: 早稲田大学探検部

 夜は薪を集め、キノコや木の実を採り、魚を釣って味噌汁やパスタ、煮魚で腹を満たします。季節は夏。幸いにも、食料に恵まれました。

手作りの夕食が、サバイバル生活の疲れを癒やす=2017年8月17日

手作りの夕食が、サバイバル生活の疲れを癒やす=2017年8月17日

出典: 早稲田大学探検部

 一方で、大量の虫が隊員を苦しめました。ジーパンの上から刺す1~2cmの蚊、顔の穴という穴に入る小さな羽虫、服の中に入ってかむ甲虫。食事にもどんどん突入してきます。

 体中が痛かゆく、腫れた顔は別人のように。熊の恐怖もつきまといます。朝になると、近くに足跡やフンが出現。気配が気になり、寝付けない隊員も現れます。

井上一星隊長(左)の顔は虫に刺されて腫れ上がり別人のように

井上一星隊長(左)の顔は虫に刺されて腫れ上がり別人のように

出典: 早稲田大学探検部

 沼地を越え、川を渡り進むこと4日。最後は雨の降る中、40km先のベースキャンプに着きました。目的の山、レジャーナヤまでは約60km。しかし、迎えの装甲車が来なければ先に進むのは危険です。やむなく迎えの可否を衛星電話で確認しながら、待機することに。

ロープをたぐりながら川を渡る=2017年8月17日

ロープをたぐりながら川を渡る=2017年8月17日

出典: 早稲田大学探検部

残り2日 未踏峰アタックを決断

 この時点でレジャーナヤ登頂はほぼ不可能になり、隊の士気も下降気味に。しかし、このまま終わるわけにはいきません。第二目標「周辺の未踏峰登頂」に気持ちを切り替え、仮称ワセダ山へのルートの偵察を進めます。

未踏峰登頂に向けた偵察。密生する植物が行く手を阻む=2017年8月21日

未踏峰登頂に向けた偵察。密生する植物が行く手を阻む=2017年8月21日

出典: 早稲田大学探検部

 待機5日目。2回の偵察では「登れる可能性は30%」。3回目の偵察を考えた矢先、迎えの装甲車が来ないとの知らせが入ります。帰りの移動を考えると、残された活動時間は2日に。「無理な場所があれば退く」と、足を痛めた隊員を除く5人で、早朝からのアタックを決断します。沢を登り、熊が通った獣道を進んだ先に、岩と砂利で覆われた山肌が広がっていました。

 登山道などなく、頼りは地図と自分たちの感覚。安全だと思うルート、登り方を探りながらの旅路を、吉田さんは「童心に戻ったようなワクワク感があって、メチャクチャ楽しかった」と振り返ります。「ルールなんて考えず、自分を『解放』出来るような感覚。低い山だったけど、それを味わえたのが良かったです」。1年の小松陸雄さん(19)は「足場の悪さこそ、人が来てなかった証明だと思えて、興奮しました」。

未踏峰の山肌は、岩や砂利で覆われていた=2017年8月25日

未踏峰の山肌は、岩や砂利で覆われていた=2017年8月25日

出典: 早稲田大学探検部

 道中足を痛め、登頂を断念した2年の野田正奈さん(20)は、「みんなを送り出して、『どんな景色見てるかな』と、うらやましさもありました。でも、一人の旅行じゃないので、妥当な判断だったと思います。準備を頑張ってやり切ったからこそ、今は悔しさは無くて、いい思い出として残ってます」と話してくれました。

ロシアに「ワセダ山」を名付けた早大探検隊 人類未踏峰からの眺め
前へ
未踏峰山頂からの光景=2017年8月25日
次へ
1/29
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
上野千鶴子さんに気づかされた、長女の翼を折りかけていた父の反省
「アメリカ横断ウルトラクイズ」とは何だっ...
「アメリカ横断ウルトラクイズ」とは何だっ...
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
車庫入れみたいな甘え方? 縦列駐車、交通事故…愛犬のしぐさが秀逸
最新イージス艦、なぜ「はぐろ」 地名・動物…自衛艦命名の謎に迫る
最新イージス艦、なぜ「はぐろ」 地名・動物…自衛艦命名の謎に迫る
NEW
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
キリンがヨガしてる! 生後1カ月、首をグルッと曲げた寝姿が話題に
キリンがヨガしてる! 生後1カ月、首をグルッと曲げた寝姿が話題に
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
「香港」をひっくり返すと「和平」に 視点...
「香港」をひっくり返すと「和平」に 視点...
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
思わず開けたくなる封筒! 糸をたどると魚...
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
Q&A
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
パンの「のがみ」が残すところ秋田だけと聞きました。どうして秋田が最後の空白県になるのでしょうか。
Q&A

人気

もっと見る