閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年07月01日

「最低限の身体の安全さえ守られない」香港で「中国離れ」が進む理由

  • 4900

「司法の独立を守れ」と叫ぶジョシュアさん。雨傘革命から3年、運動は続いている=2017年2月27日

「司法の独立を守れ」と叫ぶジョシュアさん。雨傘革命から3年、運動は続いている=2017年2月27日

出典: ロイター

 繁華街の書店から突然、店長らが次々と姿を消す。民主化運動のリーダーが、訪問先の空港で拘束。民主派議員が次々逮捕される。きなくさい動きが香港で続いています。背後にいるとみられているのが中国。香港の中国返還から20年が過ぎたいま、香港の若者の間で、自分は中国人ではなく「香港人」だと考える人が増えているといいます。(朝日新聞国際報道部記者・井上亮)


「雨傘革命」後も事件続き

東京大学での講演中、質問に笑顔を見せるジョシュアさん(左)とアグネスさん=2017年6月14日

東京大学での講演中、質問に笑顔を見せるジョシュアさん(左)とアグネスさん=2017年6月14日

出典: 細川卓撮影

 6月中旬、日本を訪れたジョシュア・ウォン(黄之鋒)さん=男性=とアグネス・チョウ(周庭)さん=女性=は、2014年に起きた香港の民主化運動、「雨傘革命」(雨傘運動)のリーダーです。

 ともに当時は高校生、いまは20歳で大学生。香港が中国に返還される前年に生まれ、イギリスに統治されていた時代を知らない世代ということになります。

 6月14日、東京大学での講演で、ジョシュアさんはこう話しています。

 「雨傘革命後、大きな失望もあった。民主化を実現するのは難しいのではないかと」

中国に批判的な書店の店長らが失踪

香港「銅鑼湾書店」の外には中国指導部を批判する本が並んでいた=2016年1月1日

香港「銅鑼湾書店」の外には中国指導部を批判する本が並んでいた=2016年1月1日

出典: ロイター

 香港一の繁華街・銅鑼湾(コーズウェイベイ)にある「銅鑼湾書店」。2015年10月以降、店長、親会社の出版社オーナー、株主ら5人が、滞在先のタイや中国の広東省で、次々と行方不明になりました。

 この書店は、中国を支配する中国共産党の批判や、中国指導者のスキャンダル、文化大革命や天安門事件について書いた本を販売していました。いずれも中国本土では出版が禁止されている本です。

 香港メディアの報道で明らかになり、中国当局はその後、彼らを拘束、捜査していることを認めました。

中国当局に釈放され、香港に戻った「銅鑼湾書店」の林栄基店長=2016年6月18日

中国当局に釈放され、香港に戻った「銅鑼湾書店」の林栄基店長=2016年6月18日

出典: ロイター

 香港に戻った店長は会見を開き、中国当局に自白を強要されたと訴えました。

 店長は中国で本を違法に販売した疑いで拘束。罪を認める姿がテレビで流されていました。

 店長の説明によると、2015年10月下旬、香港から深圳(香港に隣接する中国本土側の都市)に入った際に税関で拘束。何の説明もないまま翌日、目隠しをされ、列車と車で浙江省の寧波に連れて行かれたそうです。深圳と寧波は直線距離で1000キロをゆうに超えます。

 「家族への連絡は必要なく、弁護士も雇わない」とする書類に署名させられ、24時間監視を受けながら取り調べを受けた。店長はそう話しています。

ジョシュアさんも拘束

タイで入国を拒否され、戻った香港の空港でタイ当局の通知書を広げるジョシュアさん=2016年10月5日

タイで入国を拒否され、戻った香港の空港でタイ当局の通知書を広げるジョシュアさん=2016年10月5日

出典: ロイター

 ジョシュアさんも2016年10月、タイのチュラロンコン大学での交流に招かれて訪問した首都バンコク郊外の空港で、10時間以上拘束されたあげく、強制送還させられました。

 「拘束されていた間は、とても怖かった」、「最低限の身体の安全さえ守られないのが、香港の現状」。ジョシュアさんはそう話します。

 このほか、2017年1月にも、香港に長期滞在していた中国の大富豪が失踪したと報じられました。香港メディアは、この大富豪が中国共産党幹部の汚職情報を知っており、香港で捜査権がない中国の警察が本土へ連行したという情報があると伝えています。

「自分は香港人」と答える若者が急増

 香港大学は毎年、香港の住民に「自分は何人だと思うか」を問う世論調査をしています。
 
 グラフを見ると、18~29歳の若者と、30歳以上では違いがあります。2008年ごろの調査を境に、「自分は香港人だ」と答える若者が増え、「中国人だ」と答える若者が減っています。

「自分は中国人だ」と答えた香港の住民。緑色の線が18歳から29歳、赤線は30歳以上。左は2001年、右は2017年。緑色の線は右肩下がりだ。香港大学の調査から抜粋

「自分は中国人だ」と答えた香港の住民。緑色の線が18歳から29歳、赤線は30歳以上。左は2001年、右は2017年。緑色の線は右肩下がりだ。香港大学の調査から抜粋

出典:香港大学

「自分は香港人だ」と答えた香港の人。若者=緑色の線は、最近になるほど増えている。香港大学の調査から抜粋

「自分は香港人だ」と答えた香港の人。若者=緑色の線は、最近になるほど増えている。香港大学の調査から抜粋

出典:香港大学

 かつて若者の3割が「自分は中国人だ」と答えていました。2017年6月に行われた最新の調査の時点では、わずかに3%しかいません。30歳以上では24%が「中国人だ」と答えているのと対照的です。

 一方で、最新の調査に自分は香港人だと答えた若者は65%。30歳以上では32%ですから、やはり大きな意識の違いが感じられます。

「自分は中国人」ピークは2008年ごろ

北京オリンピックの開会式=2008年8月8日

北京オリンピックの開会式=2008年8月8日

出典: 朝日新聞、中田徹撮影

 2008年ごろに自分を中国人と考える香港の若者が多かったのはなぜか。香港研究が専門の立教大学法学部、倉田徹教授は、この年に北京オリンピックや四川大地震があったことが背景として考えられると指摘します。

 世界的なスポーツイベントや多くの人が亡くなった災害で、民族意識が高まった可能性があるということです。
 
 香港住民の大部分が、中国大陸から移ってきた人たちやその子孫。民族的、文化的な起源が中国にあることは否定できません。
 
 ところが、自分は中国人と考える若者は減り続け、最新の調査では過去最低を記録しました。返還前の記憶がない若者が増えていることや、中国への脅威が高まっていることが関係していそうです。

選挙でも世代差くっきり

香港独立を視野に入れる「青年新政」から立法会の議員に当選し、議場で「香港は中国ではない」と書いた横断幕を広げる游蕙禎さん。後に逮捕された=2016年10月12日

香港独立を視野に入れる「青年新政」から立法会の議員に当選し、議場で「香港は中国ではない」と書いた横断幕を広げる游蕙禎さん。後に逮捕された=2016年10月12日

出典: ロイター

 2016年9月にあった立法会(議会)選挙でも、世代間の投票行動の違いは明確でした。

 年齢が若い人ほど、香港の中国からの独立や、民主的な選挙で香港の未来を決めることを求める、いわゆる「民主派」の候補者に投票したことが、研究者の調査で明らかになっています。

 イギリスと中国の取り決めで、返還から50年後の2047年までは香港に自治を保証する「1国2制度」。20歳のジョシュアさんは「まだ20年しかたっていないのに『1国1.5制度』に後退している」「何もしなければ1国1制度になってしまう」と危機感を隠しません。

運動から新党結成 香港当局は弾圧

新党「香港衆志」から当選したネイサン・ロー(羅冠聰)さん(右から2人目)を祝福するジョシュアさん(右端)=2016年9月5日

新党「香港衆志」から当選したネイサン・ロー(羅冠聰)さん(右から2人目)を祝福するジョシュアさん(右端)=2016年9月5日

出典: ロイター

 ジョシュアさんたちは2016年4月、香港で新党「香港衆志」を立ち上げ、9月の立法会選挙で1議席を得ました。「香港人の未来は香港人が決める」という考えを核として、2047年以降の香港をどうするかを決める住民投票を、10年以内に行うことを公約しています。

 「学生運動は学生じゃなくなったら卒業しなければいけない。だから新党を作りました。そうすれば雨傘の精神をそのまま引き継ぐことができます」とジョシュアさん。

 このほかにも、雨傘革命の参加者からは多くの民主派議員が生まれました。香港当局は弾圧の姿勢を強めています。

 2017年4月、議場で中国の国旗を逆さにしたとして立法会の議員1人が逮捕。3月にも別の議員や前議員ら計4人、4月には「香港衆志」の幹部ら9人など、雨傘革命に関わった人たちが次々と逮捕されました。

返還式典に中国の国家主席 「10万人デモ」で対抗

香港返還を記念して中国政府が贈ったモニュメントで抗議活動をし、警察に逮捕、連行されるジョシュアさん=2017年6月28日

香港返還を記念して中国政府が贈ったモニュメントで抗議活動をし、警察に逮捕、連行されるジョシュアさん=2017年6月28日

出典: ロイター

 香港の中国返還20年を祝う式典には、中国から初めて習近平国家主席が出席します。

 ジョシュアさんたちはこれに先がけて抗議活動をし、28日、ほかの20人以上とともに警察が拘束。約30時間後に釈放されました。

 しかし、1日午後、ジョシュアさんら民主派は「10万人規模」の抗議デモを行う予定です。

 香港の民主化がどう展開していくか、予測は困難。ただ、今後も若い世代の動きに注目し続ける必要がありそうだ、ということは言えそうです。

 ジョシュアさんに、日本へのメッセージをもらいました。

ジョシュアさんから日本の若者にメッセージ

出典:細川卓撮影

 「日本の未来は若い世代の手の中にあります。収入の不均等な分配、社会的地位の固定化、エリート層による支配……。それらは人々を抑圧し、落胆させますが、勇気、情熱、決意をもって、日本の若者が立ち上がれると信じています。そして、私たちの運命を、私たち自身が決めていきましょう」


アキバで見せた笑顔、デモでの険しい表情…香港「雨傘革命」の若者
前へ
東京・秋葉原の街に立つジョシュアさん(左)とアグネスさん=2017年6月16日
次へ
出典:細川卓撮影
1/63
前へ
次へ

あわせて読みたい

家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感
家族の死、美談で終わらせないで…川に飛び込み犠牲に、遺族の違和感
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
シエスタって、どの程度お昼寝できるの?
Q&A
お米だけ1週間食べ続けて… 70銘柄を分布図...
お米だけ1週間食べ続けて… 70銘柄を分布図...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
高校生で妊娠、隠し通して出産… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
高校生で妊娠、隠し通して出産… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「withnews」×「城崎広告」 連載企画スター...
「withnews」×「城崎広告」 連載企画スター...
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
「世界で最も完璧に近い投票制度」オーストラリアの難解すぎる選挙
「世界で最も完璧に近い投票制度」オーストラリアの難解すぎる選挙
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から見えた人間模様
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から見えた人間模様
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?

人気

もっと見る