閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年04月15日

保育園ブログ「数の力で要望。その風潮、怖いっす」中川淳一郎さん

  • 5356

ネットニュース編集の中川淳一郎さん

ネットニュース編集の中川淳一郎さん

 ネット世論が国を動かした――。そんな熱狂が起こった「保育園落ちた 日本死ね!!!」ブログ。待機児童問題を繰り返し書いてきたはずの新聞は完敗でした。新しい時代を歓迎しているかと思いきや、ネットニュース編集の中川淳一郎さんは、ちょっと違います。(聞き手 朝日新聞地域報道部記者・田中聡子)


「仲間を募って、数の力で要望を押し通そうとする」

 ――ネットの力、すごいですね。
 「困ってることは何でもネットにあげて、要望を押し通そう」っていうことになってますね。仲間を募って、数の力で要望を押し通そうとする。待機児童の話は社会的に意義があったと思いますが、その風潮、怖いっすよね。

 数の力って、すごく大きい。よくデモなんかでも主催者が参加人数を「盛る」じゃないですか。それはやっぱり、数の力にマスコミも役所も弱いことを、みんなよく分かってるんですよ。

 ――あのブログ騒動も同じだと?
 そうですよ。かわいそうな状況に陥っていることをアピールして、同じように保育園に入れずにいる人たちが「私も苦しい」「私も同じ」「じゃあ数で集え」となった。

 ネットで発言権を手に入れるには、「自分がこんなに苦労している」ってアピールしないといけないんですよ。弱者が最強なんです。強者が発言するためには、ホリエモンぐらい傲慢(ごうまん)になるか、朝日新聞の論調みたいに弱者に寄り添っているかのようにしないといけない。

国会前であった保育士の待遇改善を訴えるデモ=2016年3月25日

国会前であった保育士の待遇改善を訴えるデモ=2016年3月25日

出典: 朝日新聞

「ネットの方が完全に言論の不自由」

 ――じゃあ、ブログが社会でポジティブに受け止められたのは、筆者が弱者だったからなんですね。
 もう一つ、妊娠・子育て・出産がネットでは「タブー」だからですよ。

 ――タブーというと?
 「もれなく炎上する案件」です。「子どもが泣いててうるさい」とか、「ベビーカーが邪魔だ」とかがいい例です。子育て以外でも、ネトウヨ、カウンター、フェミ、障害者はタブー。今回のブログ騒動が世の中で喝采を受けたことで、またタブーが強くなりましたね。

 障害者に関しては、やっと乙武さんの不倫騒動のおかげで、「障害者に対して悪いことを言っちゃいけない」という空気から「障害者でもゲスな根性のやつはたたいていい」ということになった。せっかくタブーが弱まったところだったのに。

 ――ネットのタブーはリアル社会のタブーでもありますよね。
 違います。友だち同士ならいいでしょう。でもネットで言ったらだめ。

 ――衆人環視だからってことですね。
 それだけです。

 ――だとしたら、リアル社会の公の発言や記事も同じタブーがあるってことですね。
 でも、ネットの方が完全に言論の不自由ですよ。いま、週刊誌で連載を持っているけど、読者だけが読むのなら、いくらでも面白くできる。でも、ネットに出すとなると誰でも読めちゃうから、いろんな批判を想像しながら書いて、どんどんつまらなくなる。

JR新宿駅でベビーカーマークがついた車両に乗り込む乗客=2015年11月20日

JR新宿駅でベビーカーマークがついた車両に乗り込む乗客=2015年11月20日

出典: 朝日新聞

「ネット世論がテレビ世論になり、日本全体に」

 ――ネットの批判や声が本当に世の中の多数の意見なのか、判断が難しいです。
 いまはネットの一部の盛り上がりに、リアル社会が過剰反応している。ネットではみんな、自分たちに都合のいい素材を集めて主張している。そうやって、昔だったら問題にならなかったかもしれないことを騒ごうとする。

 五輪のエンブレムが最たるもの。ネットがなかったら「なんかぱっとしないデザインだな」で終わってたんですよ。それを「パクリだ」って見つけてきて、「あいつは年収10億円だ」とか「オリンピックで100億もうけるらしい」とか、つぶそうと必死になる。

 マスコミも「ネットでこんなに盛り上がってる」と伝えて、既成事実化するわけです。ネット世論がすぐにテレビ世論になり、日本全体の世論として扱われちゃう。

五輪・パラリンピックのエンブレムを描いたパネルの前で会見する記者会見する舛添要一知事=2015年8月28日、都庁

五輪・パラリンピックのエンブレムを描いたパネルの前で会見する記者会見する舛添要一知事=2015年8月28日、都庁

出典: 朝日新聞

「マスコミが騒がなかったら、多くの人は知らなかった」

 ――ネットの時代と言われても、マスコミの影響力はまだ大きい?
 大きいでしょう。正直、マスコミが騒がなかったら、あのブログがあるなんて多くの人は知らなかった。ネットの話題って本当は4日経てば終わるんです。テレビと新聞が報じたから、ああなった。

 ――ネットの話題を記事にするときに、気をつけなくちゃいけませんね。
 責任重大ですよ。俺もついやっちゃうけど、「○○がネットで話題」ってよく書くでしょう。でも、「いいね!」やページビューがいくつになったら話題なのか、基準はないんです。あくまでも書き手の主観。はやっているのか本当は分からない物を、「はやっている」と言ってしまうんです。

 ――マスコミがネットに振り回されているということ?
 マスコミの人って、異常にウェブに詳しいんです。世の中には、ツイッターとミクシイの違いも分からない人がごろごろいるのに、ネットのはやりものを追いすぎて、ネットで盛り上がっているものが日本国中に広がっていると考えてしまう。ネットを意識して妙に軽い話題を取り上げることもある。ネットにこびすぎです。


 「保育園ブログに負けたのは?」は4月16日発行の朝日新聞夕刊紙面(東京本社版)「ココハツ」と連動して配信しました。

女子大生も怒ってる! 安保・自由化・派遣・反原発…デモの風景今昔
前へ
【1968年1月27日】授業料の1万円値上げに反対して開学以来初めての学外デモをした東京女子大学学友会
次へ
1/32
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る