MENU CLOSE

地元

6659

大雪に埋まった芸術、地元有志が再制作 青森「冬の田んぼアート」

青森県で開催されている「冬の田んぼアート」。中止の危機を救ったのは地元の有志たちでした。

地元の有志たちが再作成したスノーアート
地元の有志たちが再作成したスノーアート 出典: 青森県田舎館村提供

目次

 「田んぼアートの村」として知られる青森県田舎館村。そんな村で14日まで開催されているのが「冬の田んぼアート」です。雪原を踏み固めて描く「スノーアート」を、英国のアーティストを招いて作ったのですが、期間中の大雪で埋もれてしまい鑑賞できない事態に。イベント中止になるかと思われましたが、地元の有志が一日半かけて再びアートを制作。11日に実施された夕方のライトアップに間に合いました。再制作にかかわった人に思いを聞きました。

スノーアートとは


 田舎館村と青森県が主催するこのイベントは、6日から14日まで「道の駅いなかだて」で開催されています。夏場は「田んぼアートの村」として知られる田舎館村で、「アートの二毛作」を売りに、新たな冬の観光の目玉にしようと今年から企画されました。

 英国から招いたのはスノーアーティストのサイモン・ベックさん。スノーシューで歩き回った足跡で幾何学模様の作品を描き、世界各地で発表しています。

 田舎館村でも雪の結晶やダイヤモンドをイメージした作品を完成させていましたが、9~10日に約20センチの積雪があり、雪に埋もれて判別できなくなりました。

サイモン・ベックさんが作成して、雪に埋もれてしまった作品
サイモン・ベックさんが作成して、雪に埋もれてしまった作品 出典: 青森県提供

立ち上がったのは地元有志


 再制作をお願いしようにも、ベックさんはすでに出国。期間中盤で目玉作品を見ることできなくなり、イベント中止も危惧されるなか、立ち上がったのは地元の有志たちでした。

 村の地域おこし団体「『田園』未来を築く会」がボランティア参加を呼びかけ、集まった弘前大の学生らと7人で、三角形を組み合わせて星の形になるようにスノーシューで雪を踏み固め、一日半かけて制作しました。

地元の有志たちが再作成したスノーアート
地元の有志たちが再作成したスノーアート 出典: 青森県田舎館村提供

「クールではありませんが…」


 中心となったのは、学生時代から会のメンバーで、現在は村の総務課で働いている須藤貴子さん(31)。イベントとは関係のない部署ですが、「せっかく来てくれた人たちに申し訳ない気持ちと、自分たちの技術を試したい」との思いから手を挙げたそうです。

 数年後に自分たちでスノーアートを制作して冬のイベントとして定着させようと、須藤さんたちはベックさんから技術指導を受けていました。

 ベックさんのように曲線を用いた表現はできませんが、直線を組み合わせて制作。11日のライトアップの際は、観客から「すごい!よかったね」「心配したよ」と声をかけられたそうです。

 「ベックさんのようにクールな作品ではありませんが、喜んでいただけてうれしいです」と須藤さんは話します。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます