MENU CLOSE

話題

552710

地下鉄駅員が作ったアートがすごい!切符のカスで300時間かけ…

 大阪市営地下鉄の西梅田駅に展示されている、駅員お手製の「ドットアート」が注目を浴びています。この地下鉄車両の作品、切符の端に丸い穴を開けた時にできる「パンチカス」で作られたアートなのです。

大阪市営地下鉄の西梅田駅に展示されているドットアート=大阪市交通局提供
大阪市営地下鉄の西梅田駅に展示されているドットアート=大阪市交通局提供

目次

 大阪市営地下鉄の西梅田駅に展示されている、駅員お手製の「ドットアート」が注目を浴びています。この地下鉄車両の作品、切符を改札機に通したときにできるゴミで作られたアートなのです。

作ったのは駅助役

 大阪市中心部と南港方面を結ぶ地下鉄四つ橋線。今年は同線の西梅田駅と大国町駅間が開業してから50周年を迎え、ドットアートはその記念として作られました。

 作成したのは西梅田駅の男性助役。子どもの頃から絵やプラモデル作りが得意だったそうで、たった一人で制作に挑みました。

300時間かけて制作「もう二度と…」

ピンセットを使ってパンチカスを貼り付けていった
ピンセットを使ってパンチカスを貼り付けていった 出典: 大阪市交通局提供

 作品に使われているのは通称「パンチカス」と呼ばれるゴミです。切符を改札機に通すと、端の部分が改札機の中で丸く切り取られます。その時にできるのがこのパンチカスです。市営地下鉄の広報担当者は「ふだんはゴミでも、イベントにふさわしい作品になるのではと思いました」。

 助役が制作に要した時間はなんと約300時間。使ったパンチカスは15万3600粒だったそうです。アートの写真がツイッターに投稿されると驚きの声や、駅員の苦労をねぎらうつぶやきであふれました。

 助役はこうコメントしています。

 「もう二度としない」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます