閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年10月20日

スチャダラパー、SEALDsと「民主主義ってなんだ!」コール

  • 3583

スチャダラパーのBose=長谷川健撮影

スチャダラパーのBose=長谷川健撮影

 渋谷・ハチ公前広場で18日、先の国会で成立した安全保障関連法制への抗議イベントがありました。学生団体「SEALDs(シールズ)」が主催したものでしたが、そこに元「渋谷系」のラップグループ「スチャダラパー」が参加。SNSを中心に大きな話題となりました。

シールズ奥田さんと「民主主義ってなんだ!」

 「今、シールズに呼ばれるってイケてるじゃん。それで奥田君(シールズ中心メンバーの奥田愛基さん)に会いたくてホイホイ来ちゃいました」とステージで爆笑を誘ったスチャダラパーのBose(ボーズ)。ANI(アニ)、SHINCO(シンコ)とそろって「今夜はブギー・バック」などを生ライブで披露し、会場を盛り上げました。最後には奥田さんとともに「民主主義ってなんだ」のコールを繰り返しました。



「主流」「フツー」「コンサバなもの」への違和感

 安保法案をめぐってはこの夏、タレントや俳優、作家など著名人の発言も目立ちました。中には国会前の抗議活動で声を上げた俳優・石田純一さんのケースもあります。ただ、政治的な問題に意見をすることは「タブー」とも言われる芸能界で、こうした行動にはある種の「覚悟」がいることと思われます。スチャダラパーにとってはどうだったのでしょうか。

 Boseはその辺りのヒントとなるようなことを昨年末の朝日新聞の取材に語っていました。「主流への違和感」です。

――歌にはどこか世の中への「抗議」「批判」「反発」とかいったものが見え隠れしているように思えます。そもそものラップというものの性格によるものかもしれませんが、どうでしょうか。

「なんか結局、世の中に対する違和感というか、『自分たちってずれている』というような感じが全部のもとになってますね」

――どんな違和感でしょうか。

「自分たちが好きなものってあんまり主流じゃないということがありました。テレビに出てくるものが決まって、自分たちの好きなものじゃないんですよね。もともとラップをやり始めた時から『ラップって何すか』ってとこからやってきてますからね。結局、『世の中の人とずれてる』ってことがもとになってるんですよ。社会で起きてるいろんなことを見てても、『なんでこうじゃないんだろう』ってことが多いですよね」

スチャダラパーのBose=長谷川健撮影

スチャダラパーのBose=長谷川健撮影

――デビューして25年。そういった「違和感」をずっと抱えてきていると。

「最初は単にひねくれて、自分たちが斜に構えてるからそう思うのかなって。あえてそういう風に思い、それを強めて表現したような時期もあったんです。でも長く経ってくると、自分たちのそういう性質は全然変わらなくて。CDがいくら売れようが、結局、『ずれてる人』というのは変わんない。そこから来る違和感というのは今もあるんですよね」
「なんか主流と言われるようなこととか、コンサバティブ(保守的)なこととか、世のフツーと言われるようなこととかに対する『どうなんだろう』っていう気持ちはなくならないなあ。結局、自分自身の性質なんでしょうね」

 18日の抗議イベントでは「シールズでやってる人たちのことって好きですよ」とも語ったBose。こうも話しました。「(スチャダラパーがデビューした)25年前だったら、こういう人たちって音楽やってさ、アイドルなってるとか有名になったりしてるんだけど、その人たちが今これ(シールズ)をやってるってのが現実ですよ。こっちの方が直接的でいい」

スチャダラパー・ピチカートファイブ…「渋谷系」アーティストは今
前へ
スチャダラパーのBose=2014年
次へ
出典:朝日新聞
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
PR
犬や猫、豚や象など、各国の動物の鳴き声が知りたいです。
犬や猫、豚や象など、各国の動物の鳴き声が知りたいです。
Q&A
あれっ?オチがない、でも涙が… スペースワ...
あれっ?オチがない、でも涙が… スペースワ...
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
「枝野演説」地元で感じた“ある変化” 立憲...
「枝野演説」地元で感じた“ある変化” 立憲...
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に
町工場の『奇跡のノート』、大手が量産化して発売 社長の夢が現実に
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
座間9遺体事件で注目「大島てる」が本当に届けたい“事故物件投稿”
「最低な会社の辞め方」残された同僚が「敵」になる時…
「最低な会社の辞め方」残された同僚が「敵」になる時…
「最低な会社の辞め方」1年のブランク、覚悟できてる?
「最低な会社の辞め方」1年のブランク、覚悟できてる?
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
PR
これぞ「紙」対応! トイレ紙を切らしたくない一蘭、万が一の際は…
これぞ「紙」対応! トイレ紙を切らしたくない一蘭、万が一の際は…

人気

もっと見る