MENU CLOSE

エンタメ

48871

YOSHIKI、なぜ着物プロデュース?「もともと呉服屋の長男」

「X JAPAN」のYOSHIKIさんが着物のブランドを立ち上げました。でも、なぜYOSHIKIさんが着物を?そこには意外な答えが…

ショーの音楽を自ら演奏するYOSHIKIさん
ショーの音楽を自ら演奏するYOSHIKIさん 出典: 大原広和氏撮影

目次

 「X JAPAN」のYOSHIKIさんが着物のブランドを立ち上げました。その名も「YOSHIKIMONO」。17日に都内で開いた初のファッションショーでは、艶やかで斬新なデザインの着物をまとったモデルがランウェーを歩きました。でも、なぜYOSHIKIさんが着物を手がけたのでしょうか。ご本人に聞くと、意外な答えが返ってきました。

ファンが見守る独特の雰囲気

 YOSHIKIさんがショーの会場に選んだのは渋谷のヒカリエ。東京コレクション(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京)という一週間にわたるファッションイベントのフィナーレに登場しました。

 東京コレクションはパリやミラノのコレクションと同じように、服を買い付ける人やジャーナリスト、ブランドの関係者などが来場するファッション業界のためのイベントで、ショーを見るにはブランドからの招待状が必要です。しかし、YOSHIKIMONOのショーには、ファンのような人の姿も見えるという、独特の雰囲気に。

会場に置かれたグランドピアノ
会場に置かれたグランドピアノ 出典: 大原広和氏撮影

「ヨシキ-!」「よっちゃ~ん!」

 ショーの会場に入ってまず目を引いたのが、ランウェーのど真ん中に置かれた透明のグランドピアノ。YOSHIKIさんの生演奏が聴けるのではと一気に期待が高まります。会場に流れる「Forever Love」のBGMを聴きながら、午後9時の開始時間を待ちます。

 午後9時35分、「ドンドン」という和太鼓の生演奏とともに、花柄の着物を着たモデルが登場しました。わざと着崩して胸をはだけさせ、裾は短め。赤い網タイツが目を引きます。YOSHIKIさんの姿を探すと……3人目に般若の仮面をかぶった白い羽織姿の男性が。さっと仮面を外すと、YOSHIKIさんでした。

 その瞬間、「ヨシキ-!」「よっちゃ~ん!」と女性の悲鳴が。ファッションショーではなかなかない光景です。まるでライブ会場のようでした。ファンから「よっちゃん」と呼ばれているYOSHIKIさんの姿に、ファッション関係者も興味津々の様子でした。

般若の面で登場したYOSHIKIさん
般若の面で登場したYOSHIKIさん 出典: 大原広和氏撮影

グランドピアノで生演奏

 YOSHIKIさんはグランドピアノに座り、静かに曲を引き始めました。その演奏にあわせて、改めてモデルが登場してきます。「白鳥の湖」をはじめ、クラシック曲や自身が作曲した曲も。

 ついついYOSHIKIさんに目が行きがちですが、着物もなかなか独創的です。アニマル柄やストライプ、チェックなどに、ロングブーツやアクセサリーをあわせる。途中、モデルがピアノの上に乗り、YOSHIKIさんを挑発するようなポーズを見せるなど、演出にもこだわりを感じました。

ピアノの上で挑発的なポーズをとるモデル
ピアノの上で挑発的なポーズをとるモデル 出典: 大原広和氏撮影

「家業を継がず…」

 演奏を終えたYOSHIKIさんは、ランウェー上で着物から革ジャンに着替えて、来場者にあいさつ。大きな拍手と「ヨシキー!」「よっちゃ~ん!」という歓声の中、モデルたちと一緒にランウェーを去りました。

 ショーの後に行われたフォトセッションでは、手を前でクロスするXポーズやピースサインを見せるなど、サービス精神旺盛。

革ジャンに着替えたYOSHIKIさん
革ジャンに着替えたYOSHIKIさん 出典: 大原広和氏撮影

 記者の囲み取材で「着物を手がけたきっかけ」を聞かれた、YOSHIKIさんは「もともと僕は呉服屋の長男なんです」と驚きの一言。家業を継がずにロックの道に行ったが、海外で長く生活する中、改めて着物の良さに気づいたそうです。今後も着物の新作を発表していく予定で、海外でのショー開催についても、「挑戦していきたいという興味はあります」と語りました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます