MENU CLOSE

エンタメ

48866

YOSHIKI、なぜ着物プロデュース?「もともと呉服屋の長男」

「X JAPAN」のYOSHIKIさんが着物のブランドを立ち上げました。でも、なぜYOSHIKIさんが着物を?そこには意外な答えが…

ショーの音楽を自ら演奏するYOSHIKIさん
ショーの音楽を自ら演奏するYOSHIKIさん 出典: 大原広和氏撮影
ファッションショーでピアノを演奏するYOSHIKIさん
ファッションショーでピアノを演奏するYOSHIKIさん 出典: 大原広和氏撮影

「海外で過ごし、着物すてきだと思うように」

――今回、着物を手がけることになったきっかけを教えてください

 もともと僕は呉服屋の長男なんです。普通日本だったら、家を継ぐんですけど、僕はロックの道に走ってしまった。だから今回、前から思っていた着物ができてよかったなと思っています、

――以前から着物を手がけたいと思っていたのですか。

 呉服屋だったので、お母さんはいつも着物だったし、僕も子どもの頃からよく着物を着ていた。着物が日常的なもので、全く特別なものではなかった。ロサンゼルスに20年以上、過ごす中で、日本の文化を海外から見ると、着物の文化がすてきな文化だと思うようになった。ただ、(自分がやるなら)普通の着物を作ってもつまらないと思ったので、自分がもっているロックの要素と融合しようと考えました。

「X JAPAN」を彷彿とさせる黒いマスクをつけたモデル
「X JAPAN」を彷彿とさせる黒いマスクをつけたモデル 出典: 大原広和氏撮影

「最初は陰でひこうと思っていたけど」

――音楽とファッションは共通するものがあるのでしょうか。

 そうですね。ファッションなしの音楽もないし、音楽なしのファッションもない。離れているようで、ものすごい近い位置にいると思っています。

――ショーの最中にデザイナーがいるというのは珍しいですよね。会場の真ん中からショーをみてどう感じましたか。

 BGMはけっこう悩みました。いろいろ考えたんですけど、着物は和なので、和太鼓を最初にもってこようと思いました。次に着物とクラシックってあうのかなと思って、ピアノをひくのもありなんですかと打ち合わせ中に聞いたら、「是非に」となって。最初は陰でひこうと思っていたのですが、だんだん前になって、ついにはど真ん中に(笑)。

ヘアスタイル、着崩し方も独特なモデル
ヘアスタイル、着崩し方も独特なモデル 出典: 大原広和氏撮影

「厳しいアドバイスもいただきたい」

――今回のコレクションは何体ぐらい作ったのか。また苦労した点は。

 コレクションの数は40弱ぐらいでしょうか。自分はいま音楽業界にいますが、異業種から音楽業界に来ると構えてしまうところがある。ぼくが今回はそういう立場なので、それなりに厳しい意見もあるかなと思う。いろんな意味で良いアドバイス、厳しいアドバイスもいただければと思う。音楽とファッションは切れない中なので、お互いに刺激し合っていて、これからも作り続けていきたい。

――ご自身でショーの点数をつけると

 僕はちょっと言いたくないなぁ(笑)。動画を見てみないと。ステージからだとよくわからなかったので。みなさんにつけていただいて。ただ、スタッフにすばらしい方々に入ってもらったので、かなりよかったと思う。まあ、賛否両論呼ぶのかなと。

YOSHIKIさんの演奏に合わせて登場するモデル
YOSHIKIさんの演奏に合わせて登場するモデル 出典: 大原広和氏撮影

「海外でも挑戦したい」

――ヨシキモノの意味を教えてください

 なんとくなんですよね。わかりやすいかなと。

――今後の展開を教えていただけますか。パリコレなど海外進出も考えていますか

 ヨシキモノは数年前から企画し、(着物を)何度も作っては壊し、作っては壊しを繰り返してきた。完成形を待つのではなく、どんどん良い点、悪い点も含めて実験的にショーをやっていきたい。次も東京でショーをするかどうかはわかりません。海外にもよく行っているので、そういうところでの挑戦もしていきたいという興味はあります。

和太鼓も登場したショーの演出
和太鼓も登場したショーの演出 出典: 大原広和氏撮影

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます