MENU CLOSE

お金と仕事

169604

3カ月間連続で吉野家牛丼を食べ続けたら… 研究結果が出た!

牛丼を食べ続けると体はどう変化するか――。牛丼大手の吉野家ホールディングスは、大学と協力してこんな研究を進めています。

吉野家の牛丼
吉野家の牛丼 出典: 朝日新聞

目次

 牛丼を食べ続けると体はどう変化するのか――。牛丼大手の吉野家ホールディングス(HD)は、大学と協力してこんな研究を進めています。肉が一切入っていない11種類の野菜を使った「ベジ丼」を売り出すなど、健康志向色を強めてきた吉野家。目指すは「丼物=健康に悪い」というイメージの払拭です。

「3カ月、毎日1食」食べるとどうなる?

 現在、「3カ月間、牛丼を毎日1食食べると体調はどう変化するか」などについて、複数の大学や研究機関と研究を計画中です。年内にも報告書にまとめる方針です。

11種類の野菜を使った「ベジ丼」
11種類の野菜を使った「ベジ丼」 出典: 朝日新聞

 吉野家HDがこうした研究を外部機関と行うのは初めてです。同社は他にも、同志社大学大学院(京都市)と「牛丼の食後血糖値レベルの変化」をテーマに研究をしています。

体に悪いイメージを払拭したい

 こうした研究の狙いはどこにあるのか。同社の担当者は「牛丼を始め丼物は高血糖になるというイメージが、一般には強いと思います。こうしたイメージを少しでも取り払うことでき、また、お客様に安心してもらえたらと思います」と話しています。

 果たして、牛丼のヘルシーさは立証されるのか。どんな結果になったとしても、同社は「年内には、発表する予定です」としています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます