MENU CLOSE

お金と仕事

11234

ホンダ、F1前夜の秘蔵映像発見 金色のマシン愛でる本田宗一郎氏

F1に参戦するため、ホンダが製作した第1号マシンのテスト走行の秘蔵映像が、半世紀を経て見つかりました。映像には本田宗一郎氏の姿も。

F1マシン第1号「RA270」と本田宗一郎氏=1964年2月、ホンダ提供
F1マシン第1号「RA270」と本田宗一郎氏=1964年2月、ホンダ提供 出典: 朝日新聞

 世界最高峰の自動車レースであるF1に参戦するため、ホンダが初めて製作した第1号マシン「RA270」のテスト走行の秘蔵映像が、半世紀を経て見つかりました。創業者の本田宗一郎氏が興味深げに眺める様子も映っている貴重な映像です。

【動画】「ホンダRA270」幻の映像見つかる=ホンダ提供

 映像は1964年2月、三重県の鈴鹿サーキットで、後にF1チームの初代監督となり、常務まで務めた故・中村良夫氏がステアリングを握りテスト走行する様子を撮ったものです。運転席を興味深そうにのぞき込む宗一郎氏の姿が印象的です。

「RA270」の運転席=1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット、ホンダ提供
「RA270」の運転席=1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット、ホンダ提供 出典: 朝日新聞

 この貴重な映像は、2年ほど前、埼玉県和光市の本田技術研究所の倉庫で、資料を整理していた社員が見つけたビデオテープ。当時社長だった宗一郎氏が好んだとされるゴールドに塗られたRA270は解体され、映像の存在も伝えられていませんでした。

「RA270」の運転席を興味深そうにのぞき込む本田宗一郎氏(右)=1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット、ホンダ提供
「RA270」の運転席を興味深そうにのぞき込む本田宗一郎氏(右)=1964年2月、三重県の鈴鹿サーキット、ホンダ提供 出典: 朝日新聞

 ホンダはこのRA270をベースに車体から自社製作し、白地に赤の「日の丸」カラーに塗った「RA271」で64年からF1に参戦。一時撤退する68年までに後継車で2勝をあげました。

ホンダ創業者の本田宗一郎氏=1976年4月26日
ホンダ創業者の本田宗一郎氏=1976年4月26日 出典: 朝日新聞

 当時のホンダは原付バイク「スーパーカブ」が主力商品で、ようやく国内後発メーカーとして四輪車に参入したばかりでした。
 「定本 本田宗一郎伝」などの著書があるノンフィクション作家の中部博さんは、「本田さんは四輪でも『世界一』になると大見えを切った。夢のような冒険をするのがホンダなんだと、世界中の若者たちへ宣言した。ロックスターみたいにカッコいい伝説の始まりだった」と話しています。

1991年にホンダエンジンを搭載した「マクラーレンMP4/6」。この年、故アイルトン・セナとホンダにとって、最後の王座に輝く=原富治雄さん撮影
1991年にホンダエンジンを搭載した「マクラーレンMP4/6」。この年、故アイルトン・セナとホンダにとって、最後の王座に輝く=原富治雄さん撮影 出典: 朝日新聞

 撤退と参戦を繰り返しながら、ホンダはF1に挑み続けます。88年には故アイルトン・セナを擁したマクラーレン・ホンダが16戦中15勝を挙げるという圧倒的な成績を残しました。

88年のF1日本グランプリでホンダのエンジンを搭載したマシンで優勝したアイルトン・セナ
88年のF1日本グランプリでホンダのエンジンを搭載したマシンで優勝したアイルトン・セナ 出典: 朝日新聞

 世界有数のミニバン・小型車メーカーに成長した現在も、宗一郎氏の遺志は受け継がれています。15年には、再びマクラーレンにエンジン供給する形で復帰。ブランクとレギュレーション変更に苦しみながらも、地道なレース活動を続けています。

F1・オーストラリアGP決勝を完走した、ジェンソン・バトン操るマクラーレン・ホンダ=2015年3月15日
F1・オーストラリアGP決勝を完走した、ジェンソン・バトン操るマクラーレン・ホンダ=2015年3月15日 出典:ロイター
【関連リンク】ホンダF1の原点ここに 第1号マシンの秘蔵映像発見:朝日新聞デジタル
F1復帰発表に合わせ、ホンダ本社前に並んだ(右から)1965年に初優勝したRA272。88年に16戦15勝したマクラーレンMP4/4ホンダ。2006年優勝のRA106
F1復帰発表に合わせ、ホンダ本社前に並んだ(右から)1965年に初優勝したRA272。88年に16戦15勝したマクラーレンMP4/4ホンダ。2006年優勝のRA106 出典: 朝日新聞
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます