閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年06月24日

「下水道は美しい」 おそらく世界唯一の下水道マニア写真家

  • 12502

美しすぎる下水道たち

美しすぎる下水道たち

出典: 「穴写真家、白汚零のホームページ」参照


「日本で唯一の下水道写真家」

 下水道に魅せられた写真家がいます。白汚零さんです。私たちの足元にある下水道の”美しさ”に衝撃を受け、この道30年。「日本で唯一の下水道プロカメラマン」として、日本中の下水道を撮り続けているそうです。

「東京都千代田区の、名も無き石組みの”卵形管”です。昔は河川に接続していました」。着色ライトで撮影

「東京都千代田区の、名も無き石組みの”卵形管”です。昔は河川に接続していました」。着色ライトで撮影

出典:白汚零さん提供

「なにわ大放水路です。土地の低い大阪市を浸水被害から守るために、2000年に完成しました」。着色ライトで撮影

「なにわ大放水路です。土地の低い大阪市を浸水被害から守るために、2000年に完成しました」。着色ライトで撮影

出典:白汚零さん提供

「東京都杉並区の、和田弥生幹線です。直径8.5mもある雨水貯留管。暗いところで反射しているのは、トンネルを補強する部材です」

「東京都杉並区の、和田弥生幹線です。直径8.5mもある雨水貯留管。暗いところで反射しているのは、トンネルを補強する部材です」

出典:白汚零さん提供

「名古屋の古いれんが管。ステップが元々ついていないので梯子で降りました」

「名古屋の古いれんが管。ステップが元々ついていないので梯子で降りました」

出典:白汚零さん提供

「大阪市にある、平成の太閤下水です。直径6mの雨水貯留管で、2015年3月に完成するよう現在工事中です」

「大阪市にある、平成の太閤下水です。直径6mの雨水貯留管で、2015年3月に完成するよう現在工事中です」

出典:白汚零さん提供

「東京都荒川区の、藍染川幹線です。130mにわたってれんがの”馬蹄形渠”が残っています」

「東京都荒川区の、藍染川幹線です。130mにわたってれんがの”馬蹄形渠”が残っています」

出典:白汚零さん提供

「東京都足立区の、水元汚水幹線です。汚水が螺旋状に一回転半しています」

「東京都足立区の、水元汚水幹線です。汚水が螺旋状に一回転半しています」

出典:白汚零さん提供

”鉄バクテリア”!

「仙台市の砂押川雨水幹線です。水流が黄色く見えるのは”鉄バクテリア”です」

「仙台市の砂押川雨水幹線です。水流が黄色く見えるのは”鉄バクテリア”です」

出典:白汚零さん提供

「さいたま市の、無名のれんが円形管です。直径90cm。れんがで正円形なのは珍しいです」

「さいたま市の、無名のれんが円形管です。直径90cm。れんがで正円形なのは珍しいです」

出典:白汚零さん提供

「東京都杉並区の、和田ポンプ所のドロップシャフトです。水を螺旋状に落とす仕組みです。光っているのはサーチライトです」

「東京都杉並区の、和田ポンプ所のドロップシャフトです。水を螺旋状に落とす仕組みです。光っているのはサーチライトです」

出典:白汚零さん提供

なぜ下水道を撮影するのか?

 なぜ下水道を撮影し続けるのでしょう?
 白汚さんに取材したところ、こんなコメントを頂きました。
「上京してきた18歳の頃、当時住んでいた東京都板橋区のアパートの近くで、下水道の浚渫(しゅんせつ)工事に出くわしました。その中をどうしても見たい衝動に駆られて、現場監督に頼み込んで管内を体験させて頂きました。それが私と下水道との最初の出会いです。
 下水道は、都市のインフラとして大変重要な役割を担っています。マンホールの蓋一枚を隔てたその下には、様々な世界が広がっています。私が惹かれたのは、その無機質な穴、そこを流れる汚水です。水は時には静かに流れ、時には轟音を発し、所々で合流し、しぶきを上げる・・・。下水管はその水を飲み込む、巨大な生命体のようです」

白汚零さん

【白汚零プロフィール】
1989年     東京写真専門学校卒業
  89年     スクール オブ ビジュアルアーツ(ニューヨーク)に全学費奨学生として入学
  91年     BFA芸術学士号取得
  91年     ヘリオギャラリー(ニューヨーク)主催 国際写真コンペティション最優秀賞受賞(受賞作品:The Self Pollute-rait)
  92年     帰国後、専門学校非常勤講師をへてフリーランスカメラマンとなる
  99年     富士フォトサロン新人賞受賞(受賞作品:胎内都市)
2000年     毎日新聞社主催上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞(受賞作品:窟にて)
  10年     写真集「地下水道~Undercurrent~」草思社より刊行
  11年     さがみはら写真新人奨励賞受賞(受賞対象:写真集「地下水道」)


あわせて読みたい

その公約、どの党でもやってほしい…政治との距離、大学生が熟議
その公約、どの党でもやってほしい…政治との距離、大学生が熟議
サザエさんが「働きに出たい!」と宣言したら…爆笑と発見の寸劇授業
サザエさんが「働きに出たい!」と宣言したら…爆笑と発見の寸劇授業
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
AV強要「一通の告発メール」 地元で噂に「親まで行ったらおわり」
AV強要「一通の告発メール」 地元で噂に「親まで行ったらおわり」
AV強要「一通の告発メール」アメとムチ 歓待後、社長と「練習」も
AV強要「一通の告発メール」アメとムチ 歓待後、社長と「練習」も
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿が生んだ熱い議論
「不倫騒動、何とも馬鹿馬鹿しい」1通の投稿が生んだ熱い議論
最近、金塊の密輸事件が多いですが、押収された金塊はその後どうなるのですか?
最近、金塊の密輸事件が多いですが、押収された金塊はその後どうなるのですか?
Q&A
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
選挙に期待しない23歳が「票育」をする理由 「投票は最終手段」
選挙に期待しない23歳が「票育」をする理由 「投票は最終手段」
「妊娠中に運気が上がる説」は本当か?我が...
「妊娠中に運気が上がる説」は本当か?我が...
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生

人気

もっと見る