MENU CLOSE

連載

#4 #わたしと学校

「彼女がいるあいつら、いない俺ら」…解決のカギは〝母数説〟なのか

漫画の作者、女子生徒の知り合いが増えた結果は…

こなたこなさんは、彼女がほしいと思っていた高校生の頃、友人に言われた一言が忘れられないといいます
こなたこなさんは、彼女がほしいと思っていた高校生の頃、友人に言われた一言が忘れられないといいます 出典: こなたこなさん提供

目次

恋愛に興味を持ち始めても、実際どうしていいか分からないーー。そんな悩みに心当たりがある人もいるかもしれません。日々ブログでコミックエッセイを発信している、こなたこなさん(@konata_official)は、彼女がほしいと思っていた高校生の頃、友人に言われた一言が忘れられないといいます。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
出典: ©こなたこな

「あいつらに彼女がいるのは……」

中学受験をして、憧れの学ランを着られる中高一貫の男子校に入学したこなたさん。高校生になると、同級生たちは恋愛に興味を持ち始め、彼女ができる人もいました。

彼女がほしいと思いつつも、縁がなかったというこなたさん。同じく彼女がいない友人たちと話していたとき、ひとりが「俺一つ気づいたことあんだけど」とひらめきました。

「あいつらに彼女がいるのはさ、女子の知り合いが多いからなんだよ」
「だから必然的にその中から彼女ができる可能性も高くなる」
「今の俺らに必要なのは…女子の知り合いの数、『母数』を増やすことなんだ!」

つまり、出会いが少ないことが原因ではないのかと気づいたのです。

絶大な支持を得た「母数説」

友人が提唱した考えは、のちに「母数説」と呼ばれ、彼女のいない友達から「絶大な支持」を得ることになりました。

それ以降、こなたさんたちは女性の知り合いを増やそうと奔走します。

その結果……。

「母数を増やしても特に彼女ができることはなかった」一方、友達は増えたそうです。

「最高に楽しかった」学生時代

こなたさんは当時の様子を漫画で描き、こう振り返りました。


<僕は中学受験をして中高一貫の男子校に入りました。当時ものすごく学ランに憧れていて、学ランの学校しか受けていません。その中で運よく第1志望の学校に受かりました。ここでの6年間が人生で一番楽しかったです。

中高一貫だと高校受験がないので、中3〜高1あたりが中だるみして、一番勉強をしなくなります。バイトも禁止で、まだ塾にも通ってなかったから、おそらく毎日部活か遊ぶことしかしていませんでした。今思えばなんて贅沢な暮らしをしていたのだろう……。

そんな中、カッコ良くてイケイケの「1軍」の人たちには、彼女ができ始めます。彼らはモテるので、他校の女子も放っておかないのです。一方、イケてない「5軍」には彼女ができません。学校には男しかいないし、なにか行動しないと絶対に無理です。元から恋愛に興味のない人も大勢いましたが、僕は諦めきれないタイプの「5軍」でした。

だから、友達が「母数説」を唱えたときは沸いたなぁ。そこからの行動力もすごかった。ガラケー時代は、今より連絡先を交換するハードルが高かったですよね。結果はともあれ、学生時代は最高に楽しかった。大人になった今ではあそこまでできません。

僕は生まれ変わっても男子校を選びます。>

   ◇   ◇   ◇

こなたこなさんのブログはこちら:http://blog.livedoor.jp/konata_official/

   ◇   ◇   ◇

「#わたしと学校」:マンガのSNSを運営する「コミチ」とwithnewsのコラボ企画です。

連載 #わたしと学校

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます