MENU CLOSE

連載

#3 #わたしと学校

「間違えるのが怖かった」中学時代 高校への一歩を変えたネット空間

「自分が行く場所は選べる」作者が伝えたかったこと

中学時代、みりこさんは周りの目が気になっていたと話します
中学時代、みりこさんは周りの目が気になっていたと話します 出典: 画像はいずれもみりこさん提供

目次

「何をするのも しゃべるのも 笑うことさえも 間違えるのが ただ怖かった」。SNSなどでマンガを発表しているみりこさん(31)は、周りの目を気にし、クラスメートと打ち解けるのも苦手な中学生でした。

しかし、インターネットと出会ったことで世界が広がり、高校では新たな一歩を踏み出すことに。

「自分が行く場所は選べる」と話します。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
出典: ©みりこ

「逃げる」なんてできなかった中学時代

「先生や親の言うことを聞いていれば 『いい子』でいられた はずだった」。みりこさんは、中学校の頃の自分をマンガに描いて振り返りました。

周囲の目を気にしていた中学時代。「大人」に認められればよかった小学生の頃とは違い、評価の基準が「クラスの誰かに認めてもらうこと」になっていると感じました。

「親がうるさくてさぁ」
「あの先生ムカつくー」
「あいつ真面目かよ ウケる」

クラスメートの会話は「いい子」からかけ離れていき、「いい子」であることは「ウザい」と煙たがられる対象になりました。

みりこさんは、「クラスの誰か」に認めてもらうためには「今までの『私』を捨てないと」と思ったそうです。

しかし、正解は見つかりません。

何かが引き金になって〝認めてもらえない立場〟になることも考えられました。

「何をするのも しゃべるのも 笑うことさえも 間違えるのが ただ怖かった」と振り返ります。

「学校に行きたくないな」と思うみりこさんですが、「でも行かなきゃ 私は『いい子』だから」と葛藤がありました。

「いい子」だったがゆえに、「親や先生に心配かけるのもよくない」と思っていたそうです。

「ここから逃げるなんてできない」

みりこさんは、自身の中での「いい子」像と「中学のクラスメイト」とに挟まれて、身の置き所がないように感じていました。

ネット空間の心地よさ

そんな息苦しさを変えてくれたのは、ある日家にやってきたパソコンでした。

インターネットで「イラスト」と検索すると、「お絵描き掲示板」や「小説投稿サイト」、「お悩み相談BBS」などがヒットしました。

その空間にいたのは、絵を描く人や物語を書く人など、リアルな世界ではあまり出会ってこなかった人々です。

好きなことを前面に語る投稿を見たり、掲示板内で絵を描くときの相談をしたりできたことで、「私らしい私でもいられるし 私じゃない私にもなれる」と思ったみりこさん。

リアルな自分を知る人がいないネット空間は、これまでの閉鎖的な考え方を変えるきっかけになりました。

そこでみりこさんはハッとします。

「じゃあ 誰も私を知らない高校に行ったら?」
「私は私のままでも 変えられるかもしれない」

電車で1時間かかる高校へ進学し、地元の知り合いがいない状況でゼロから人間関係を作りました。

選んだ先で変わることも

みりこさんは、高校で「環境や友達に恵まれた」と振り返ります。

「新しい環境に身を置いたことで、呪縛が解けたように自然と変わっていくことができました」

中学時代は同級生とどうコミュニケーションを取ればいいか分かりませんでしたが、高校では自分の趣味からコミュニケーションが始まることも学んだそうです。

「当時のインターネットの匿名性や、広い世界へアクセスできたことは、私にとっては背中を押してもらうきっかけになりました」

一方で、「今の時代はSNSなどが日常の一部として入り込んでおり、個人が特定されるような使い方に関しては注意すべき」とも考えます。「インターネットは自分の世界を広げられるツールですが、うまく付き合うことが大切です」

漫画に込めた思いを尋ねると、次のように語ってくれました。

「いま学校や狭いコミュニティから逃げられなかったり、変われなかったりしていても、決して悪いことではありません。いじめなど深刻なものでなければ、やり過ごした方が楽だと感じる人や状況も、きっとあると思います」

「でも、その日々が終われば自分が行く場所は選べます。選んだ先で、何かしらが変わることもあるので、少しでも希望になるとうれしいです」

   ◇   ◇   ◇

みりこさんのXアカウント:https://twitter.com/rkare_ota

   ◇   ◇   ◇

「#わたしと学校」:マンガのSNSを運営する「コミチ」とwithnewsのコラボ企画です。
 

連載 #わたしと学校

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます