MENU CLOSE

連載

#88 夜廻り猫

「家の周りの落ち葉をはいて」夫にそう伝えたら… マンガ夜廻り猫

夫が「外を掃除してくる」と言って出かけていきましたが…
夫が「外を掃除してくる」と言って出かけていきましたが… 出典: 夜廻り猫

「ちょっと外を掃除してくるわ」と出かけた夫。お隣さんに文句を言われないように、「自宅周りをはいて」と伝えたら……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、SNSで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、夫と暮らす女性のエピソードです。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ

「お宅の落ち葉がうちの敷地に」

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵。心の涙の匂いに気づきます。

猫と暮らしている夫婦。夫が「ちょっと掃除してくるわ」と言い、女性が「あら大丈夫? 助かるわ」と応じます。

お隣さんから、いつも「うちの敷地に、またお宅の落ち葉が」と指摘されている女性。夫を追いかけると、自宅のはるか向こうを掃除していました。

近寄って「うちの周りをはいてよ。叱られるんだから」と伝えると、夫は「母さんは視野が狭くていけない」とにやり。「俺は地球を掃除してんだ」と天を仰ぎます。

そう言って笑う夫につられて、女性も思わず「あっはっは」と笑います。

そんな女性の心の涙の匂いに気づいた遠藤が、理由を尋ねると、女性は「夫がね…がんの手術するの 明日入院」とつぶやきます。

「無事に帰れますように また地球を掃除できますように」と願う女性。遠藤も手を合わせて祈るのでした。

「地球を耕してんだ」胸が軽くなったひと言

作者の深谷かほるさんは、何かを思い悩んでいたとき、ふと聞こえてきた「ひとこと」をきっかけに、今回のマンガを描いたといいます。

「誰かに怒られたとき、『それは違う』と言いたくても言えないことも、『そんな言われ方は不当だ』と思うこともありますよね。そして、逆に自分が誰かへ不当なことをしてしまうこともあると思います」

「私などは、いつもそんなことでくよくよと考えているんですが、ある時、ひと様の会話の一部が不意に聞こえたんです」

『いいさ、俺は地球を耕してんだ、ハハハ』

「ふわっと、私の胸に溜まった、せせこましい悔いが消えた気がしました」と深谷さんは振り返っています。

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本10巻(講談社)が2023年11月22日に発売。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に連載中。アニメ化し、NHK総合で再放送中。スピンオフ「居酒屋ワカル」は講談社「コクリコ」で連載した単行本が11月22日に発売。

連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます