MENU CLOSE

連載

#87 夜廻り猫

1秒を争う朝でも…「相手を楽にする冗談」が言える マンガ夜廻り猫

出張にいくパートナーのために朝ごはんを作ろうとしたら、寝坊してしまって…
出張にいくパートナーのために朝ごはんを作ろうとしたら、寝坊してしまって… 出典: 夜廻り猫

出張にいくパートナーのために朝ごはんをつくろうと思っていたら、寝坊してしまって――。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、SNSで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、パートナーとともに暮らす女性のエピソードです。

ごはんが炊けていなくても…

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵。料理中の女性の、心の涙の匂いに気づきます。

女性が同居するパートナーは、出張に出かける予定がありました。

仕事に余裕のあった女性は、パートナーのために朝ごはんをつくろうと考えていましたが、寝坊してしまいます。

一秒をも争うなか、慌ててキッチンで調理しながら「ご飯、炊けたかな!?」と尋ねると、パートナーが「悲しいお知らせがあります……」とひとこと。

振り返ると、パートナーはコンセントに挿されていない炊飯器のプラグを手にしています。

思わず「あっはっは」と笑うふたり。女性は「いつも私が気にしないか心配しておどけてくれるんだ」と言います。

「いい人だなぁ 結婚して?」「ぜひ!」と言い合って、出張に向かうパートナーを送り出した女性。

「結婚10年なんだけどね たまにありがたくて泣きそうになる」とほほ笑みます。話を聞きながら、遠藤もつられて笑顔になるのでした。

この人がいれば、つらさが少し減る

作品を描いた深谷さんは、「ふつうなら怒るような状況で、冗談を言える人っていいなと思うのです。相手を楽にするための冗談を」と語ります。

「そして相手も、増長せずに感謝する。そんな感じ、理想です」

「つらい時でも、この人がいればつらさが少し減る……。そんな人になりたいですね」と話しています。

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本10巻(講談社)が2023年11月22日に発売予定。アニメ化し、NHK総合で再放送中。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載、単行本が発売予定。漫画絵本「夜廻り猫の雑貨店」(ポプラ社)が4月に発売。

連載 夜廻り猫

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます