MENU CLOSE

連載

#36 特別じゃない日

「人の応援する余裕もない」大人の言葉に子どもが〝素直すぎる〟反応

漫画「映画鑑賞」の一場面。「おじちゃん」こと青年が、姪っ子を連れて女児向けのアニメ映画を観にいきますが……。
漫画「映画鑑賞」の一場面。「おじちゃん」こと青年が、姪っ子を連れて女児向けのアニメ映画を観にいきますが……。 出典: 稲空穂さん提供

目次

 「特別じゃない日」をテーマにした単行本が発売された漫画家・稲空穂さん。ツイッターで発表して注目を集めた漫画「映画鑑賞」に込めた思いを聞きました。

漫画のあらすじ

 女児向けアニメ映画に姪っ子を連れていくことになった独身青年。座席につくと想像以上に騒がしい子どもたちに驚き、うんざりした表情。

 姪っ子はキラキラした瞳で「おじちゃん、応援がんばろうね!」とアニメキャラクターを光で応援するアイテムのライトを握って話しかけます。

「……大人は応援できないんだよ」
「どうして?」
「大人は騒がないもんだから」
「さわがないの?」
「大体、人の応援する余裕もないんだよ。こっちが応援してほしいくらいなんだから」

 青年は仕事のことを思い出し、暗い表情で応えます。

 映画が始まり、キャラクターを応援するシーンになると姪っ子は「キューティーがんばれ!」とライトを振って必死に応援。そして青年のほうを振り向き、「おじちゃんもがんばれー! 元気でろー!」と、青年の応援を始めたのです。

 青年は恥ずかしさと子どもの純粋さに「わかった、一緒に応援するから、やめろ」と頭を抱えるのでした。

作者・稲空穂さんからのメッセージ

 私の映画館の記憶で一番古いものは、祖父と観にいった「学校の怪談」です。確か小学校低学年の時だったと思います。

 当時学校の図書館で借りることのできる児童書版「学校の怪談」シリーズがとても好きで、そういったテーマに興味など微塵もない祖父に無理を言って連れていってもらった記憶があります。

 結果、怖いシーンで叫ぶわめく。近くの席の方(もしかしたら遠くの席の方も?)にとても迷惑をかけてしまいました。

 「周りの人たちはどうして静かに観ていられるのだろう!?」と、祖父にしがみつきながら、後半はずっと目を瞑っておりました。

 色々な価値観の人たちが一つの同じ作品を鑑賞する、映画館でしか味わえなかったあの時の恐怖体験は今でも思い出として私に刻まれています。
稲空穂さんのツイッターがこちら

書籍「特別じゃない日」の第1集はこちら

書籍「特別じゃない日」の第2集はこちら

書籍「特別じゃない日」の第3集はこちら

withnewsでは原則毎月第三水曜日に、稲さんの漫画とともに作品に込めたメッセージについてのコラムを配信しています。

【過去の作品はこちら】

特別じゃない日

連載 特別じゃない日

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます