MENU CLOSE

ネットの話題

まるでガラス細工…雨に濡れると透き通るお花 どうやって撮った?

撮影者に聞いた

向こうが見えそうなほど透明なお花。ただ水をかけただけではこうはならない、不思議なお花です
向こうが見えそうなほど透明なお花。ただ水をかけただけではこうはならない、不思議なお花です 出典: MiDoRiさん撮影

目次

濡れると透明になる、ガラス細工のような花を知っていますか? SNSに投稿された写真に「初めて見た」「神秘的」とたくさんの反響が集まっています。いったいどんなお花で、どうやって撮ったのでしょうか――? 撮影者や、その花を観察できる自然園の担当者に話を聞きました。(withnews編集部・水野梓)

雨に濡れると透明に…高山植物「サンカヨウ」

「長野県 観光 公式インスタグラム(nagano_japan)」が投稿していたのは、まるでガラスでつくられた創作物のようなお花でした。

コメント欄には「初めて知りました」「こんなに美しい花が見られるなら、雨もまた嬉しいですね」と好意的なことばが寄せられていました。

この投稿に添付された写真は、千葉に住むMiDoRiさん(https://www.instagram.com/midori_mountains/)が撮った「山荷葉(サンカヨウ)」という高山植物。

もともとは白い花びらが、雨に濡れると透明になる不思議なお花です。
インスタグラム(midori_mountains/)で登山のようすを発信している、MiDoRiさんの撮ったサンカヨウ。まるでガラス細工のようです
インスタグラム(midori_mountains/)で登山のようすを発信している、MiDoRiさんの撮ったサンカヨウ。まるでガラス細工のようです 出典: MiDoRiさん撮影

アウトドア好きなMiDoRiさんは、登山仲間の友人からサンカヨウの存在を教えてもらったそうです。

3年前の6月中旬、天気予報が雨だったので、登山計画だった予定を急きょ変更。前日に、透明なサンカヨウを探しに長野県の栂池(つがいけ)高原へ行こうと決めたそうです。

撮影した当日は土砂降り。登山靴をはいてレインウェアを身につけ、傘も差していましたが、全身ずぶ濡れになって靴も浸水したそうです。

そして幸運なことに透明なサンカヨウに出会い、手持ちのスマホで写真を撮ったといいます。

「友人が詳しかったので、葉っぱの様子などから『これだ!』と。透明なサンカヨウを目当てに行って実際に見つけられたので、だいぶはしゃぎました」と笑います。

初心者でも楽しめる「栂池自然園」

翌年、友人が応募したというモンベルの写真コンテストに、なんの気なしに応募してみたところ、まさかの入賞(https://www.montbell.jp/generalpage/disp.php?id=586)。2022年のモンベルのカタログ表紙にも使われたそうです。

「モンベルの広報さんにも『スマホで撮ったんですか!?』と驚かれました」と笑います。

特に、今回の長野県の観光インスタの投稿には反響が大きかったそうです。

「自分のサロンに飾りたい、売ってほしいというありがたいお話もいただきました。プロの写真家でもないのでそこは困っていますが(笑)、写真を喜んでいただけたのはうれしいです」と話します。

千葉在住のMiDoRiさんは、休日に全国各地の山に登ったり、スノーボードをしたりしています。「いまは登山ブームがきているのかなと思いますが、安全に楽しんでほしいです」と呼びかけます。

「栂池高原の『栂池自然園』は、ゴンドラで上がるとすぐに高山植物が見られるので初心者でも楽しめます。ゴンドラのスタッフさんもとても優しくて、サンカヨウを撮った日も、高山植物を解説してくれたり案内してくれたりして、とってもありがたかったです」

高山植物が咲き始めるシーズン、楽しんで

MiDoRiさんがサンカヨウを撮った栂池自然園(https://sizenen.otarimura.com/index.php)の栂池ビジターセンター主任・猪股崇志さんは、「この時期に問い合わせが一番多いお花です」と話します。

5~6年ほど前から、濡れた花びらが透明になることがメディアやSNSなどでも取り上げられるようになり、人気が出ているそうです。
栂池自然園のサンカヨウ。可憐でかわいらしいお花です=猪股さん提供
栂池自然園のサンカヨウ。可憐でかわいらしいお花です=猪股さん提供
猪股さんによると、サンカヨウは6月中旬から下旬にかけて標高1900mにある栂池自然園でも見られる高山植物ですが、今年は雪解けが早かったので、自然園がオープンする6月10日ごろには「もしかすると見られるかもしれない」と言います。

「花びらが散りやすく、開花期間も1週間ほどしかない花です。でも、咲きたてほやほやよりは、散る間際の方が透明になりやすいです」
栂池自然園で見られるサンカヨウ。雨に濡れると白い花が透明になるそうです
栂池自然園で見られるサンカヨウ。雨に濡れると白い花が透明になるそうです 出典:栂池自然園のホームページ

とはいえ透明のサンカヨウにお目にかかるのは、なかなか大変そう。

「ちょっと濡れたぐらいじゃ透明にはならないんです。私たちも霧吹きで実験してみたり、お客さんでも水筒の水をかけたりしている方がいらっしゃいますが、白いままです。自然の雨じゃないと透明にならないし、なぜなのかも分からない。自然の不思議ですね」と話します。

中部山岳国立公園内にある栂池自然園は、駐車場からゴンドラとロープウェイを乗り継ぐと到着します。

「6、7月の高原は、サンカヨウのほかにも数十種類の高山植物が咲き始めるシーズンです。ぜひ楽しんでいただければ」と話しています。

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます