MENU CLOSE

連載

#102 コミチ漫画コラボ

ラーメン?もつ鍋?いや、ごぼ天!福岡県民の「うどん愛」描くマンガ

おすすめのラーメン店を聞かれてもネットで検索を…

オムスビさんが描いた漫画「ほんとうの福岡県民」より
オムスビさんが描いた漫画「ほんとうの福岡県民」より 出典: コミチ

目次

地元の名物やおすすめの店、観光地を聞かれたら、なんと答えますか? 他県民の持つイメージと現地の人との感覚にズレがあることは珍しくありません。福岡県在住のイラストレーター・オムスビさんは、「おすすめのラーメン屋」を聞かれ、答えに困ったときの経験を漫画にしました。

◆鍛えすぎは禁物?!スポーツ科学が解き明かす効率的なトレーニング法(PR)◆
マンガ「ほんとうの福岡県民」:マンガのSNSを運営する「コミチ」とwithnewsのマンガ募集企画「#わたしの地元」に応募し、大賞を受賞しました。

地元民だから知っている…わけではない

「オムスビさんって福岡出身ですよね? おすすめのラーメン屋とかあります?」

実体験がもとになっている漫画は、そんな一言から始まります。

30代のオムスビさんは、生まれも育ちも福岡県。他県出身の同僚や友人に、たびたび福岡のおすすめ店や観光スポットを聞かれるそうです。

特に多いのは、「とんこつラーメン」と「もつ鍋」のおいしい店を知りたいというリクエスト。きっと地元民に愛される名店を知っているはず……と思いきや、オムスビさんは「あー…」と目を伏せます。

「あんま詳しくないんだよね…でも、どの店もおいしいと思うヨ」

ラーメンももつ鍋もそれほど食べず、明太子もたまにしか食べないというオムスビさん。

「じゃあなに食べるんですか?」と問われ、すかさず「うどん」とかぶせ気味に答えます。

「福岡県民(わたしたち)はうどんを愛しています!」

オムスビさんが描いた漫画「ほんとうの福岡県民」より
オムスビさんが描いた漫画「ほんとうの福岡県民」より 出典:コミチ

福岡のソウルフード「ごぼ天うどん」

うどん愛とはどういうことなのでしょうか? 漫画の作者・オムスビさんに話を聞くと、「地元ではラーメンよりうどんのほうが食べられている気がします。福岡には、うどんの上にごぼうの天ぷらがのった『ごぼ天うどん』というソウルフードがあるんです」と話してくれました。

「いろんなうどんを食べますが、特に食べるのが『ごぼ天うどん』です。きつねうどんのように当たり前にあるメニューで、福岡のうどん屋さんには必ずと言っていいほどあるのではないでしょうか」

取材の前日にも、うどん屋さんで「ごぼ天うどん」を食べたというオムスビさん。現在は家族で月2回程度うどん屋さんへ行きますが、一人暮らしのときは毎週ランチや夜ごはんにうどんを食べていたといいます。

なぜ「ごぼ天うどん」が定番になっているのか、2017年4月9日の朝日新聞福岡版にはその歴史が紹介されていました。

”なぜこんなに親しまれているのか。

 福岡市麺類商工協同組合や市博物館によると、その発祥は1897年ごろに天神に開いた「乙(おと)ちゃんうどん」とされる。当時の人気店で、煮付けた厚切りのゴボウを揚げた具が評判になったという。

 店は戦時下の食糧統制で小麦粉が手に入らず、1943年に閉店した。ただ味は、ほかのうどん店に受け継がれた。例えば、博多っ子おなじみの51年創業「因幡(いなば)うどん」。乙ちゃんうどんに通っていた創業者は開業の際、その味に近づけようと自らの舌と記憶を頼りに試行錯誤したという。”

”「戦後福岡で開業した店は乙ちゃんを手本にした所が結構あったと聞く。ごぼ天も見習ってメニューに加えられ、味とともに福岡のうどんの基準になったのでは」”

”「滋養があって元気になるゴボウを手軽にすっとうどんで食べられたからではないか」”

”「麺がやわいから、硬いシャキシャキした食感が好まれたのでは」。福岡のうどんの特徴ともいえる麺の軟らかさが、好対照のゴボウの普及につながったという見方だ。”
ーー2017年4月9日の朝日新聞福岡版「(福岡調べ隊)うどんの上にごぼ天、なぜ根付いた」より
「大地のうどん」のごぼ天は人の顔ほどの大きさ=2016年撮影
「大地のうどん」のごぼ天は人の顔ほどの大きさ=2016年撮影 出典: 朝日新聞

「うどんもおいしいよ」とすすめても…

オムスビさんは友人に福岡の名物を聞かれたとき「うどんもおいしいよ」とすすめていますが、なかなか興味を持ってもらえないといいます。

一方、ラーメンやもつ鍋などのおすすめの店を伝える場合はインターネットで検索するそうです。全国展開している有名店を紹介することもあるといい、「福岡県でなくても食べられるけど……」と断りを入れます。

福岡と言えば屋台も有名ですが、30年以上住んでいて1度も行ったことはありません。同じく福岡で生まれ育った夫も2回ほどしか行っていないそうです。

「屋台は機会があれば行ってみたいですが、どちらかというと一部の人にとってよく行く場所なのかも」と考えています。

「正直、私は『知る人ぞ知るお店』は分かりませんし、おすすめはありませんが、この店は交通アクセスがいいよという情報は伝えられます」と笑います。

今回の漫画を描いた背景には、福岡のうどんをもっと知ってほしいという思いがありました。

オムスビさんは、「福岡は田舎と都会が隣接する、暮らしやすい土地です。『1回住んでみませんか?』とおすすめしたいですし、福岡に来るならぜひ『ごぼ天うどん』も食べてほしいです」と話しています。

オムスビさんは、SNSでエッセイ漫画を投稿しています。
インスタグラム:@omusubi_shioomusubi https://www.instagram.com/omusubi_shioomusubi/
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます