MENU CLOSE

連載

#73 夜廻り猫

キャラ弁を褒めてくれたママ友が…不意打ちの衝撃 マンガ夜廻り猫

幼稚園に通う子どものお弁当に、「キャラ弁」をつくっていた女性ですが……
幼稚園に通う子どものお弁当に、「キャラ弁」をつくっていた女性ですが……

目次

子どものお弁当に「キャラ弁」をつくっていた女性。ママ友から「かわいい!」と褒められた翌日、幼稚園から「キャラ弁はやめましょう」というメールが届いて……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、ツイッターで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、ママ友との関係に悩む女性のエピソードです。

◆「カルガモ割」って何?お子様連れでも気兼ねなく 想いを広める一風堂の挑戦(PR)◆

キャラ弁、褒めてくれたママ友が……

きょうも夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵。自宅の庭に座り込む女性から、心の涙の匂いをかぎとりました。「どうなすった?」

女性は子どもの幼稚園のお弁当に「キャラ弁」をつくっていました。

ママ友から「キャラ弁上手なんですって? 見たーい」と声をかけられ、「すごーい!かわいい!また見せて」と褒められました。

しかし次の日、幼稚園から「キャラ弁はやめましょう」という一斉メールがきました。

先生に話を聞くと「子どもたちがキャラ弁をうらやましがるから、お母さんたちが困っている」と説明します。そう言ってきたのは、あのキャラ弁を褒めてくれたママ友だったのです。

キャラ弁、褒めてくれたのに――。

ショックを受けた女性は「生きていると、不意打ちみたいなことってあるよね 耐えるしかないことってあるよね……」とつぶやきます。

遠藤は「おつかれさま……」とただ声をかけるしかなかったのでした。

あいさつを返してくれない〝衝撃〟

作者の深谷さんは、マンガを描きながら自身の体験を思い返していたそうです。

「子どもを幼稚園に入れる時、近所の先輩ママが『親のなかには、挨拶しても無視で、返事もしないようなやつが一部いるからね。でも、だいじょぶだいじょぶ』とアドバイスをしてくれたんです」

深谷さんは驚き、「あなたみたいに素敵なお母さんを無視する人がいるの? なんで?」と問い返したそう。

頭の回転が速い先輩ママは「私の顔に高卒って書いてあんじゃない?」と冗談を言って笑い飛ばしていましたが、深谷さんはそのアドバイスを半信半疑で聞いていたといいます。

しかし子どもが幼稚園に入って驚いたのは、その助言通りのことが起きたということ。

「理由は分かりませんが、同じクラスのお母さんの5%くらいに、本当に、挨拶しても返してくれない人がいたんです」

しかし先輩ママの助言があったおかげで、「そんなものか。あの素敵なお母さんでも無視されるんだもんね」と自分を慰め、気にしないようにできたといいます。

「人それぞれ感じ方は千差万別だと思いますが、〝その感じ〟は子どもが小学生になっても、中高生になっても同じだった気がします」と振り返る深谷さん。

「『一部嫌なやつもいるけどね。でも、だいじょぶだいじょぶ』。楽しそうに、そう言ってくれた先輩はありがたいなあと、20年経っても思い出します」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本9巻(講談社)を2022年11月22日に発売予定。講談社「モアイ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載中。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます