MENU CLOSE

連載

#71 夜廻り猫

「親に叩かれてしつけられていないと…」教師の一言 マンガ夜廻り猫

漫画家・深谷かほるさんの中学時代の思い出。突然、先生が「親に叩(たた)かれたことが無いやつ、いるか?」と言い出して……
漫画家・深谷かほるさんの中学時代の思い出。突然、先生が「親に叩(たた)かれたことが無いやつ、いるか?」と言い出して……

目次

「親に叩かれたことが無いやつ、いるか? いたら手を挙げろ」。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、ツイッターで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、50年ほど前の自身の体験を描きました。あのとき「なんてことを言うんだ」と怒れなかった……と振り返ります。

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

「ろくな人間に、ならない」言葉への怒り

1976年の中学校の授業中、先生が、唐突に言い出しました。

「この中で、親に叩かれたことが無いやつ、いるか? いたら手を挙げろ」

二人ほどが手を挙げましたが、すると先生が言ったのです。

「……それは、ろくな人間に、ならない」
「親にたたかれてしつけられていないようでは、ろくな人間にならないから覚えとけ」

マンガの作者の深谷さんは、「そんなこと言っちゃいけないと思います!」と心で叫びながら、言えなかったといいます。

それから約50年後。ニュースでも「しつけのためにたたいた」という言葉を見かけ、子どもへの暴力はなくなっていません。

夜の街を回っていた猫の遠藤平蔵は、子猫の重郎をやさしく抱き留めながら、「小さい者はなめるほどかわいがりたい」と言います。深谷さんも「それがいい それがいい」と応じるのでした。

先達は「楽しさ」を教えてやれるはず

作者の深谷さんは、「私が子どもの頃は、親や夫、教師による暴力が普通にあった気がします」と振り返ります。

「内閣総理大臣の佐藤栄作氏の妻が「殴られた」と語ったことが、海外で大問題になったこともありました」

そんなことを見聞きして育ち、「暴力」は大嫌いになったといいます。

「暴力で勝ってもいい関係は生まれません。児童虐待の事件の報道からは、加害者も虐待されて育った、子どものかわいがり方を知らない人なのだろうと想像します」

そして、いまだに「しつけのために殴った」というコメントも報道されますが、「しつけに暴力は逆効果」と指摘します。

「元バレーボール全日本代表の益子直美さんが「監督が怒ってはいけない」大会を始めたそうですね。すばらしいことです。

殴る、怒鳴る、脅す……。そんなことで人を動かさなくとも、先達は〝楽しさ〟を教えてやれるはず。生きること自体、そうできたらいいなぁと思います」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本8巻(講談社)を2021年11月22日に発売。講談社「モアイ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載中。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます