MENU CLOSE

ネットの話題

「置き配」なかった時代…どうしてたっけ?配達時間との戦いマンガに

ネクタイをなびかせた男性が汗だくで走る。荷物の受け取りに指定した時間に間に合うよう、目を見開いてダッシュするも――。そんな様子を描いた漫画「『置き配』がなかった頃のこと」が〝あるある〟だと反響を呼んでいます
ネクタイをなびかせた男性が汗だくで走る。荷物の受け取りに指定した時間に間に合うよう、目を見開いてダッシュするも――。そんな様子を描いた漫画「『置き配』がなかった頃のこと」が〝あるある〟だと反響を呼んでいます 出典: 青木ぼんろさんのツイッター

目次

ネクタイをなびかせた男性が汗だくで走る。荷物の受け取りに指定した時間に間に合うよう、目を見開いてダッシュするも――。そんな様子を描いた漫画「『置き配』がなかった頃のこと」が〝あるある〟だと反響を呼んでいます。

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

「置き配」がなかった頃のこと

反響を呼んだのは、会社員の傍ら、漫画をツイッターで発表している青木ぼんろさん @aobonro の作品です。

「『置き配』がなかった頃のこと」という文言とともに4日に投稿されました。いいねは10万件を超えています。

冒頭は、ネクタイをなびかせた男性が「確か指定した時間帯は…」と汗だくになって走るコマ。続いて「19:00~21:00の間!」と指定した時間を思いだし、「ギリギリってとこか…さあ、飛ばすぜッ!!」と目を見開くシーンが描写されています。

トイレに駆け込んだ途端、チャイム

作者の青木ぼんろさんに話を聞くと、実際の出来事だそう。

「3年前くらいだったと思います。急な会議があり急いで帰っていました。たしかロボット掃除機を頼んでいたと思います」。ワクワクする一方、えずくほど走って家路を急いだと話します。

ところが、残念な結末を迎えてしまいます。これに対し「我慢できずトイレに駆け込んだ途端にチャイム…」という体験や、「在宅勤務の私に隙はないっ!」と在宅が普及した世相を反映したコメントが寄せられました。

青木ぼんろさんは、「みんな配達時間と戦ってきたんだなぁと思うと、やはり『置き配』って最高だなぁとあらためて思いました」と言います。

「ギリギリってとこか…さあ、飛ばすぜッ!!」と目を見開くシーンが描写されています
「ギリギリってとこか…さあ、飛ばすぜッ!!」と目を見開くシーンが描写されています 出典:青木ぼんろさんのツイッター

「置き配」は神サービス

残念な結末でしたが、運送会社に「おわび」の電話をして再配達してもらったそう。

今では「置き配」サービスを活用しており、「神サービスに乾杯」と青木ぼんろさん。雨の日は荷物にビニールをかけてくれる運送会社の対応もたたえています。

ただ、「置き配」が適用されないこともあるため、「給与が上がったら、配達ボックス付高層マンションに住みたいなぁと思いました」とも話しています。

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます