MENU CLOSE

ネットの話題

「4時間半でやっつけました」新品コンクリ超絶技巧で〝50年もの〟に

屋外の石段に手すりを取り付ける際、悪目立ちしてしまった支えのコンクリートを周囲の風景になじませてほしい――。そんな要望に応えた職人が〝ビフォーアフター〟をツイートしたところ、反響を集めました
屋外の石段に手すりを取り付ける際、悪目立ちしてしまった支えのコンクリートを周囲の風景になじませてほしい――。そんな要望に応えた職人が〝ビフォーアフター〟をツイートしたところ、反響を集めました 出典: C.S.Model Designさんのツイッター

目次

「『馴染ませて』と言われたので4時間半でやっつけました」。屋外の石段に手すりを取り付ける際、悪目立ちしてしまった支えのコンクリートを周囲の風景になじませてほしい――。そんな要望に応えた職人が〝ビフォーアフター〟をツイートしたところ、反響を集めました。投稿主に聞きました。

ギョーザ発売50周年!錦鯉と、子どもの好きな料理NO.1を目指そう(PR)

4時間半で50年経過

C.S.Model Design @CSModelDesign の「中の人」であるタナカさんは今月14日、「大工の友人に現場に連れて行かれて『馴染ませて』と言われたので4時間半でやっつけました」と投稿。手すりの柱を支えるコンクリートについて、周囲の風景になじませる「前」と「後」の写真を添えました。

「前」だとコンクリートは白っぽく目立っていますが、「後」ではコケむした雰囲気で周囲にとけこんでいます。いいねは10万件を超えました。

「4時間半で50年くらい経過してる」「タイムふろしき…?」と称賛のコメントが集まりました。

スピード優先のスポーツ感覚

タナカさんによると、作業と撮影は2016年2月です。「友人の大工が受注した仕事で、手すりの柱の支え部分のコンクリートブロックが色的に目立ってしまっていました。そこで、『馴染ませて』と私に依頼がありました」

事前に下見。その上で、黄土、赤、黒、白の4色を混ぜ合わせ、「基本色」「味付け色」「汚し色」「コケの色」を用意したそうです。

割り当てられた作業時間は、日没までの4時間半。「スピード優先のスポーツ感覚」で、はけを使って塗っていきました。「ここまでツイッターで評価されるとは思っていませんでした」と話します。

作業前の写真。「友人の大工が受注した仕事で、手すりの柱の支え部分のコンクリートブロックが色的に目立ってしまっていました。そこで、『馴染ませて』と私に依頼がありました」
作業前の写真。「友人の大工が受注した仕事で、手すりの柱の支え部分のコンクリートブロックが色的に目立ってしまっていました。そこで、『馴染ませて』と私に依頼がありました」 出典:C.S.Model Designさんのツイッター

塗装は「専門ではない」

タナカさんは、造形をメインに手がけているそう。塗装は「専門ではない」と話します。

作業で使ったのは、あえて経年劣化したように見せる「エイジング」と呼ばれる塗装技術です。いまもエイジングの受注をしていますが、当時は擬岩や恐竜化石レプリカの塗装の仕事が多かったので慣れていたと言います。

「もともと美大で油絵をやっていたので多少の絵心はあったのかと思いますが、平面に描くのと立体に描くのは違いますし、仕事で鍛えられたのではないかと思います」

作業後の写真。作業で使ったのは、あえて経年劣化したように見せる「エイジング」と呼ばれる塗装技術です
作業後の写真。作業で使ったのは、あえて経年劣化したように見せる「エイジング」と呼ばれる塗装技術です 出典:C.S.Model Designさんのツイッター
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます