MENU CLOSE

連載

#121 #父親のモヤモヤ

「あれ?」22歳の大学生が見つけた…男性の育休をじゃまする〝犯人〟

「あれっ? 男性の育休って、取るのが『普通』という感覚じゃないんだ…」。そんな疑問を出発点に「なぜ、男性の育休取得率は低いのか」を考えることにしました(画像はイメージです)
「あれっ? 男性の育休って、取るのが『普通』という感覚じゃないんだ…」。そんな疑問を出発点に「なぜ、男性の育休取得率は低いのか」を考えることにしました(画像はイメージです) 出典: Getty Images

目次

#父親のモヤモヤ
※クリックすると特集ページ(朝日新聞デジタル)に移ります。

東洋大学4年生の和田佳子さん(22)は、卒業論文のテーマに、「男性の育児休業」を選びました。きっかけは、家族同士の何気ない会話で感じた意識の「ズレ」でした。「あれっ? 男性の育休って、取るのが『普通』という感覚じゃないんだ…」。そんな疑問を出発点に「なぜ、男性の育休取得率は低いのか」を考えることにしました。

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)

「男性育休、必要?」に〝あれっ?〟

和田さんは卒論で、ツイッターを使ってアンケートを実施しています。このツイートを見たことが、取材のきっかけです。コンタクトを取ってお話をうかがいました。

「大学3年生だった2020年の秋、家族でテレビを見ていた時のことです」。和田さんは、卒論執筆のきっかけについて話してくれました。番組では「男性の育休」が取り上げられていたそうです。

厚生労働省の調査によると、男性の育休取得率は2020年度調査で12.65%。80%台の女性と比べると低さが目立ちます。当時の番組でも「取得が進まない」ことが話題になっていました。

男性の育休取得率の推移
男性の育休取得率の推移 出典: 朝日新聞

「男性の育休って、なぜ必要なのかな?」。番組を見た会社員の父親と専業主婦の母親は、育休にどんなメリットがあるのかと話し合っていました。確かに、と思う一方で、和田さんはこうも思います。

「あれっ? でも、メリットの有無も大切だけど、取るのが『普通』という感覚じゃないんだ…」

「育休取るのが自然」という感覚

父親がきちんと関わってくれるなら、子どもにとってうれしいことだと思います。シンプルに、ならば取る方が自然に感じました」

和田さん自身、仮に子どもが生まれたとしても、働き続けたいと思っています。その意味でも、育休が夫婦そろっての子育てのスタートになると考えています。

育休が夫婦そろっての子育てのスタートになると考えています(画像はイメージです)
育休が夫婦そろっての子育てのスタートになると考えています(画像はイメージです) 出典: Getty Images

でも、「普通」でないとしたらなぜだろう? なんで、男性の育休取得は進まないのだろう? そんな疑問を卒業論文のテーマとすることにしました。

ツイッターで76人が回答に協力

和田さんの卒論のタイトルは「日本における男性の育休取得」です。昨年末、大学に提出しました。

卒論の柱は、当事者へのアンケートです。以前からツイッターで男性育休について発信する投稿を見ていました。協力を得られるかもしれないと思い、自身で専用アカウントを立ち上げ、育休を取得(予定含む)した男性42人、取得しなかった男性34人にアンケートしました。

田さんの卒論のタイトルは「日本における男性の育休取得」です(画像はイメージです)
田さんの卒論のタイトルは「日本における男性の育休取得」です(画像はイメージです) 出典: Getty Images

育休を取得した理由、しなかった理由、周囲の反応などを聞いています。

なぜ、男性の育休取得率は低いのか――。

「男が仕事」「女は家庭」のような性別役割分担の意識や人員不足、収入減など、先行研究から複合的な要因を見いだしつつ、和田さんが着目したのは「前例がない」という当事者の意見でした。

「前例がない」

育休取得者、未取得者、いずれにも「育休の取得しやすさ」について5段階で尋ねた上で自由記述で意見を求めました。自由記述を分析して浮かび上がったのが「前例がない」だったそうです。「育休取得者でも『前例がない』ことで取りづらさを感じていました」。「前例がないためなんとなく取りづらい」。そんな声が集まったそうです。

その上でこう説明します。「父親世代が『男は仕事』のような性別役割分業意識を持たなくなる一方で、過去の分業意識による『前例がない』が取得を妨げている側面もあると思うのです」

「父親世代が『男は仕事』のような性別役割分業意識を持たなくなる一方で、過去の分業意識による『前例がない』が取得を妨げている側面もあると思うのです」(画像はイメージです)
「父親世代が『男は仕事』のような性別役割分業意識を持たなくなる一方で、過去の分業意識による『前例がない』が取得を妨げている側面もあると思うのです」(画像はイメージです) 出典: Getty Images

子どもの成長を見守りたい

和田さんは、企業の内定を得ていて4月から勤め始めます。自身が将来的に子育てする可能性も考えつつこう話します。

「アンケートに回答してくれた父親たちは、子どもの成長を見守りたい、という意識を強く持っていました。育休は手段であって目的ではないですが、より長い時間、子育てに関わることができるようになるよう、前例が重ねっていけばと思います」

取材を振り返って

私は共働きの妻と娘(5)を子育て中。仕事と家庭の両立に葛藤する男性を描いた「#父親のモヤモヤ」という企画も担当しています。

男性が育休を取得しない理由については、先行調査があります。例えば、厚生労働省が、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託した調査では、育休を希望しながら取得しなかった男性に理由(複数回答)を聞いたところ、「業務が繁忙で職場の人手が不足していた」「職場が育児休業を取得しづらい雰囲気だった」などが挙がっています。

一方で、取材を通じて父親たちからは「ロールモデルがない」という言葉も耳にします。育休に限らず、仕事と家庭の両立全般に対する意見ですが、和田さんの着目した「前例がない」にも通じるものがあると感じています。

子育て世代の男性たちが、「育休は取りたい、でも…」と躊躇しているとすれば、「前例のなさ」も一つの要因だと思います。

今年は、改正育児・介護休業法の施行年で、父親の育休をいっそう促すような仕組みがスタートします。卵が先か、鶏が先か――。前例を積み重ねるような動きにつながればと願います。

あなたのモヤモヤ、お寄せください

記事の感想や体験談を募ります。いずれも連絡先を明記のうえ、メール(dkh@asahi.com)で、朝日新聞「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。
 

共働き世帯が増え、家事や育児を分かち合うようになり、「父親」もまた、モヤモヤすることがあります。それらを語り、変えようとすることは、誰にとっても生きやすい社会づくりにつながると思い、この企画は始まりました。あなたのモヤモヤ、聞かせてください。
みんなの「#父親のモヤモヤ」を見る

連載 #父親のモヤモヤ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます